ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

腎性糖尿の症状について
   通常、ブドウ糖は、血液からろ過され全て再吸収され血液中に戻るようになっているが、腎性糖尿では、尿にブドウ糖が検出される。
   しかし、血液中のブドウ糖の濃度は、正常であるかそれ以下の数値を示している。
   通常、尿にブドウ糖が検出される場合、血液中のブドウ糖濃度が非常に高い値を示している場合である。
   腎性糖尿は、尿細管に異常がありブドウ糖の再吸収を行う機能が低下してしまう為に尿にぶどう糖が尿に排出されることになる。
   腎性糖尿の原因は、遺伝性の場合も考えられる。

   腎性糖尿は、尿検査を行うとブドウ糖が検出され、血糖値はごく正常なことで分かるが、特にこれといった症状はなく、腎性糖尿による影響も重大となることもない。
   中には、この腎性糖尿が糖尿病の初期の徴候ということもあるが、特に治療の必要もない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

白血病と骨髄異形成症候群
   白血病は有効な治療法が存在する種類も多く、完治も見込める病気である。

   白血病の抑制可能な状態を寛解、白血病細胞が再び発生した状態を再発・再燃と呼ぶ。
   再発は生活の質の低下に繋がり、治療の効果が望めない状態になる場合もあり、延命処置を施さず、心安らかで穏やかな精神状態の保全が重要になるケースもある。
   治療方針や処置の意思決定には、患者本人と家族が参加すべきであり、精神の安定を図る、症状を緩和するケアを行う、個人の尊厳を保つことなどが大切となる。
   骨髄異形成症候群は、同一の細胞群であるクローンが増殖し、骨髄を占拠する病気である。

   これらの異常細胞は正常な成熟をせず、赤血球、白血球、血小板などの不足を誘引する。
   骨髄異形成症候群は50歳以上に多く、男性の好発頻度は女性の2倍以上である。
   原因が不明な場合が多いが、骨髄への放射線照射、化学療法薬などの関与が指摘されている。

   症状の進行は非常に緩慢であり、疲労、脱力、貧血症状が多い。
   白血球の減少は感染を起こし発熱する。
   血小板の減少は、痣や異常な出血が発生する。

   原因不明で持続性のある貧血の場合は、骨髄異形成症候群が疑われ、骨髄異形成症候群と確定する為には骨髄生検が必要となる。
   治療の多くは赤血球の輸血が必要であり、出血が続く場合や手術が必要で血小板が減少している場合などに限り、血小板輸血が行われる。
   白血球の好中球が減少している場合は、タンパク質の一種であるコロニー形成刺激因子の注射が有効となる。

   骨髄異形成症候群は白血病の一種と考えられているが、数ヶ月から数年に渡り、徐々に進行する。
   患者の10~30%は、骨髄異形成症候群から急性骨髄性白血病(AML)に移行し、初期段階で化学療法を行っても、急性骨髄性白血病への移行の予防には繋がらない。
   急性骨髄性白血病の有効的治療は化学療法だが、治癒の見込みは高くない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

保護されない角膜
  角膜は眼球の前面中央にあり、ドーム状の被膜のことである。

  ドーム状? 言い換えると、円形皿状の形をしているのだ。

  この説明で、なんとなく、角膜の形状は想像できると思うのだが……。
  角膜の働きは、虹彩水晶体の保護である。

  虹彩とは、簡単には、角膜と水晶体の間にある輪状の薄い膜である。 日本人なら黒目のことである。

  水晶体とは、虹彩の後ろにあって、毛様体の収縮などによって厚さが変化する。
  というのは、水晶体は厚さが調節されることで、焦点を合わせる。
  簡単には、水晶体はレンズの役割を果たすものである。

  さらに、角膜の働きとしては、外界から眼に入る光が網膜に像を結ぶのを助けるのである。
  角膜は細胞、タンパク質、液体からできている。
  角膜は透明である。
  手足の爪と同程度の硬さがあり、接触に対して非常に敏感なのである。

  なので、角膜の病気や損傷は痛みを伴い、また失明につながることがあるのである。

  角膜は保護する働きをするが保護されない?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア