ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

成長ホルモンの異常と腫瘍の肥大
   先端巨大症は、脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌腺細胞がその機能を保ったまま腫瘍化し(=機能性腺腫)、成長ホルモンが過剰に産生され、手足や内臓、顔の一部分が肥大する病気。
   別名、末端肥大症
   また、「巨人症」と一般に称される状態はこの病気であることが多い。
   症状は成長ホルモンの過剰分泌により以下の症状が現れる。
・唇が厚くなる。
・額が突き出る。
・下あごがせり出る。
・四肢の異常な発達。
・四肢以外の筋肉の収縮。
・骨がもろくなる。


   多くの場合、成長ホルモンの過剰生産は骨の成長が止まって長い年月が経過した30~50歳で発症する。
   成人の成長ホルモン過剰は先端巨大を生じ、骨が伸長するよりむしろ変形し、変化はゆっくり起こるため、通常、長い間気がつかない。
   名前の通り体の先端から肥大していく病気である。
   症自体には生命の危険は無いが、先端肥大症を放っておくと、死亡する確率が2倍以上になり、寿命が10年前後短くなると言われている。
   骨発育停止前に成長ホルモンの分泌が過剰に起こる場合には下垂体性肥大症と呼ばれ身長や四肢や指の異常成長が見られる。
   巨人症と先端巨大症では、舌が肥大して溝ができる。
   体毛は硬くて濃く、皮膚の肥厚で増加。
   皮膚の皮脂腺と汗腺は肥大し、大量の発汗と不快な体臭を発する。
   心臓が肥大し、機能が著しく損なわれると心不全を起こすことがある。
   時に肥大した組織が神経を圧迫し、腕や脚に不快な感触や脱力感を覚える。
   眼から脳へ情報を伝える神経も圧迫されることがあり、視覚、特に視野の外側が損なわれる。
   脳が圧迫されるとひどい頭痛が生じることがある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

大動脈における役割とは
  大動脈
は心臓から全身に血液を送る大循環の本幹をなす動脈のことで、直径約2.5センチメートルという人体でもっとも太い動脈血管である。

   心臓には、右房、右室、左房、左室という4つの部屋がある。この4つの部屋すなわち弁と呼ぶが、血液の逆流を防止する働きがあり、スムーズに血液が流れていくために大変重要である。
   まず、全身から帰ってきた酸素の足りない血液は右房から右室を通って肺へ行く。
   それから、酸素をもらって左房、左室を通って大動脈から全身へと送り出される。
   大動脈はまず心臓から頭側に向かって出ると、弓状にカーブを描き、胸部の左後ろを下に向って走行、そして横隔膜を貫いて腹部に入り、骨盤の上端で左右に分かれるが、ここまでを一般的には「大動脈」と呼ぶ。
   そして下腹部から2つに分かれたあとは腸骨動脈となり、脚へ血液を供給する。
   横隔膜から上を胸部大動脈、下を腹部大動脈と呼ぶ。
   大動脈における障害であるが、動脈壁の弱くなった部分が膨らんで起こる動脈瘤(どうみゃくりゅう)とよばれるものと、動脈壁のまくがはがれて起こる解離とよばれるものがある。
   これらの障害は直接、死につながる危険があると言われているが、発症するまでには年数を要する。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

マンニトール
  マンニトールは、広く植物界に存在し、自然界に最も多い糖由来のアルコールの一種で、マンニットとも呼ばれている。また、甘みがあるので、甘味料としても利用されたり、キャンディーなどにヒヤリとする爽快感を与えるためにも使われている。 マンニトールは、ヘキシトールに分類され、マンノースの還元体に相当する、ソルビトールの異性体だ。

   糖由来のアルコールとは、アルドースやケトースのカルボニル基が還元されて生成する糖の一種であり、アルドースの還元によって生じた糖アルコールは特にアルジトールともいう。天然に産生するアルジトールとして、油脂に含まれるグリセリンや、キノコやサクラソウの根に含まれるキシリトール、紅藻や酵母に含まれるダルシトール、ナナカマドの果汁や紅藻に含まれるソルビトール、そして、褐藻類や椎茸に含まれるマン二トールがある。

   甘みと旨味は表裏一体の関係があるようで、旨味のあるものには、必ず甘みが入っているので、隠し味にお砂糖をいれるのも頷ける。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア