ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

尿管炎について
   腎臓と膀胱を結んでいる尿管の片方か両方で感染による炎症が起きている状態を尿管炎と呼ぶ。
   尿管炎を起こす原因として最も多いのが、腎臓や膀胱の感染が波及して起きる場合である。
   他の原因として尿管部に神経障害があり、尿の流れが遅くなることにもある。
   治療は、まず基礎となる腎臓や膀胱の感染を抗生物質による治療を行うことになる。
   また、尿管部に神経障害がある場合には、その部分を取り除く手術を必要とする。
  

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

心の備えを持つことの重要性とインフォームド・コンセント
  あなたが今、の告知を受けたと仮定して、医療者に一番望むことは何だろうか?

   もちろん微妙な個人差はあるだろうが、この問いに対して、「十分な説明を受けて、今でき得る限り自分に合った最善の治療を受けたい。」と考えない人はないのではなかろうか。従って、「心の医療」を、「精神科の医療」でなく「患者の心を大切にする医療」と広義に捉らえた場合、量・質共に十分なインフォームド・コンセントは、原点であり、かつ大前提となる。どんなに精神・心理療法を駆使しても、これを踏まえていない「心の医療」は欺瞞にすぎない。

   「十分な説明を受けていない。」「本当にこの治療法が一番良いのだろうか。他にもっといい治療法があるのではないか。」という疑念を抱き続けることは、患者と家族の心に大きな苦しみや後悔をもたらすからである。インフォームド・コンセントは、契約や説得であってはならないことはもちろん、「決定」や「結果」である以上に「対話」という「過程」なのだと気づかされる。現実には、治療効果クオリティー・オブ・ライフは反比例することも多く、二者択一を迫られる時もあるだろう。しかし両者の連続性を通過し、徹底的に理解し納得した上での決断は、これを欠いた決断とは全く異なるはずである。その違いは時に、処置の効果や痛みにさえ違いをもらたすと聞いている。

   また、たとえ根治に至らなくとも、患者が「歩むべき所を歩んできている」という確信を持ち続けられたなら、その闘病は成功だったと言えるのではなかろうか。闘病記に見られる不満の多くが「なぜあの時、もっと説明してくれなかったのか。」というものであることも、インフォームド・コンセントが小さな「過程」の蓄積であり、これこそが患者や家族の「心」の支えであることを物語っているのである。

   人の心は、繊細で深遠である。病に苦しむ患者にあってはなおさらである。それは花のつぼみと同じく、周囲の暖かさにひとりでに開くもので、本当は道具で直接こじ開けるものではない。たとえばもし私が患者なら、精神科医の介入について「余計なお世話だ。」「そんなことより病気を治して欲しい。」と感じたり、構えて気丈に振る舞ったりしてしまうかもしれない。もちろん、身体疾患の患者に「心」の専門家が介入することは、精神症状の顕著な患者に専門的に対処できる、患者にとって話し易い医療者の選択肢が増す等のメリットもあろう。

  だが、専門家の投入イコール「心の医療」の実現とみなすなら、それは「心の教育」の為にスクールカウンセラーを招いて事足れりとするのと同じ過ちである。患者と家族が一番ありたいと願い、またあるべき所は、医師との「対話」の場、インフォームド・コンセントの場であるからである。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ヴィスコット‐オールドリッチ症候群とは
   ヴィスコット‐オールドリッチ症候群は、遺伝性の免疫不全疾患である。
   抗体の異常Tリンパ球の異常、血小板の減少、湿疹の出現などの特徴がある。
   ヴィスコット‐オールドリッチ症候群は、男児だけが発症する。
   血小板数が不足する為、最初に出血性の下痢などが発生し、早い段階で湿疹が発現する。

   抗体値が低く、Tリンパ球が機能しな為、呼吸器の感染症を発生させやすい。
   リンパ腫及び白血病など、癌の発症リスクも増大する。

   生命の維持には幹細胞移植が必要となる。
   肝細胞移植を行わない場合は、患者の大部分は15歳まで生きることが出来ない。
   出血を抑制する為に、外科手術で脾臓の摘出が行われる。
   感染症防止の為に、抗生物質の投与が絶えず行われる。免疫グロブリンも有効である。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア