ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

眼窩蜂巣炎だけでは終わらない眼窩の感染症
  副鼻腔、歯、あるいは血流などから感染が眼窩に広がることがある。
  眼窩に起こる感染症は眼窩蜂巣炎(がんかほうそうえん)と呼ばれている。
  また、けがをした後に眼が感染を起こす場合もある。

  眼窩蜂巣炎の症状としては、痛み、眼球の突出、眼の動きが制限される、まぶたの腫れ、発熱などがみられる。
  また、眼球が腫れ、視力障害が起こる。
  眼窩蜂巣炎は適切な治療を行わないと失明につながり、また、感染が脳や脊髄に広がる場合もある。
  眼窩蜂巣炎は検査を行わなくても診断がつき、わかりやすい病気なのだろう。
  しかし、原因を特定するため、歯と口腔の検査や、副鼻腔のX線検査かCT検査が必要になることがある。
  眼の表層や皮膚、のど、副鼻腔から検査用のサンプルを採取し、さらに血液検査も行われる。
  採取したサンプルを培養し、眼窩蜂巣炎を起こした菌は体のどの部分からきたものか判断する。
  さらに、その種類は何か、どんな治療法を採用すべきかをも判断するのである。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

肝不全の経過と治療
   治療は、原因と臨床症状にて行う。
   通常は食事制限を行い、慢性か急性によらず治療方法は同じである。
   タンパク質の摂取量は、慎重に行う必要がある。多すぎれば脳機能不全を起こし、少なすぎれば体重の減少を起こす。
   塩分(ナトリウム)は、厳しく制限する。アルコール摂取は肝臓障害になるので厳禁である。

   肝不全は、放置したり、肝臓の病気が進行性の場合は、死に至ることがある。
   治療を行っても治癒しないことがある。
   肝不全から腎機能障害を起こし、腎不全(肝腎症候群)で死ぬことがある。
   肝臓移植の条件を満たせば、肝臓移植(移植: 肝移植を参照)を行うことで健康を回復できる場合もあるが、ごく一部である。
  

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

食物アレルギーは原因の特定が肝心 
   特定の食物に対するアレルギー反応が、食物アレルギーである。
   数多くの種類の食品が、アレルギー反応を引き起す。
   代表的な食品は、ナッツ類、貝、エビやカニなどの甲殻類、魚、牛乳、卵、小麦、大豆などである。
   食物アレルギー反応は、重症になる場合もあり、アナフィラキシー反応を起こす場合もある。
   食物アレルギーは乳児期から始まることもあり、その場合は両親も食物アレルギーや、アレルギー性鼻炎、アレルギー性喘息などを持つ場合が多いとされる。
   食物アレルギーの子供は卵、牛乳、ピーナツ、大豆など、代表的なアレルゲンの大半にアレルギー反応を示す。
   乳児の食物アレルギーの徴候は、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹に似た湿疹や発疹が現れる。
   吐き気、下痢なども起きる。
   10歳頃までに、アレルギーの強く出る、牛乳や卵、ピーナツなどの食物アレルギーは治まる傾向にあると言われるが、食物アレルギーが鎮静化すると、アレルギー性喘息や花粉症など、空気中の浮遊物質に対するアレルギーを発症する場合が多い。

   成人の食物アレルギーは、口の痒み、蕁麻疹、発疹、場合により鼻水や喘息も発生する。
   食物アレルギーを持つ人は、僅かな量を口にしただけでも、重篤な反応を起こす場合があり、発疹が全身に発現し、咽喉が腫れて気道が狭窄し、呼吸が困難な状態となり、生命に関わるアナフィラキシー反応となる場合もある。
   食物へのアレルギー反応が、食物の摂取直後に運動をした時に限り発生する場合もある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア