ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

慢性疾患による貧血と再生不良性貧血 
   慢性疾患の中には、赤血球の生産を低下させ、貧血を引き起こす種類があるが、原因は赤血球の生産を妨げるタンパク質である、サイトカインと言う物質が生成される為である。
   感染、炎症、癌などの疾患は、特に骨髄での赤血球の生産を抑え、貧血を発生させる。
   多くの場合、赤血球の生産が著しい抑制を受けることはなく、貧血は緩やかに進行し、時間の経過により明らかにされる。
   体内に貯蔵された鉄分が、新しい赤血球の生産に利用出来なくなる。この為、慢性疾患による貧血は、鉄再利用障害性貧血と呼ばれる。
   貧血の症状は緩やかに進行し、程度も症状も軽度であるが、貧血の原因となる病気の症状が発生する場合がある。
   この種の貧血を診断する検査法は無く、他の原因を除外する消去法により確定される。

   特定の治療法も無く、鉄分やビタミンを多く摂取しても、貧血の改善にはならず、貧血を起こす病気の治療が行われる。
   貧血が重症化した場合のみ輸血を行う。また、骨髄を刺激することにより赤血球の生産を促す、エリスロポエチンあるいはダルベポエチンが投与される場合がある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

鼻の働きと構造2
  副鼻腔も鼻腔と同様に、線毛をもち粘液を分泌する細胞でできた粘膜で覆われている。
  副鼻腔にほこりの粒子が入ると粘液にとらえられ、線毛の働きで、副鼻腔口という小さな穴から鼻腔へ運ばれる。
  これらの穴は非常に狭いため、かぜやアレルギーなどで粘膜が腫れるとすぐに詰まってしまう。
  副鼻腔から正常に排液できなくなると、副鼻腔の炎症や感染が生じ、これは副鼻腔炎という。

  嗅覚は、鼻の最も重要な働きの1つ。
  鼻腔の上部に、においを受け取る嗅細胞は線毛をもつ特殊な神経細胞がある。
  嗅細胞は反応して、神経インパルスというものを発生させる。この神経インパルスは鼻のすぐ上の頭蓋内にある嗅球の神経細胞へと送られ、嗅神経によって脳に直接伝えられ、においが認識されるのである。

  嗅覚はまだ完全には解明されていないとされる。そのしくみは味覚に比べてかなり複雑である。人間が識別できるにおいの数は、味よりも無数である。
  食べているときの主観的な味覚、すなわち風味には、舌ざわりや温度とともに、味やにおいがかかわっている。
  かぜなどで嗅覚が鈍ると、食べものの味があまりしなくなるのはそのためである。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

平均的な食事ではまれな症状 
   高カリウム血症では、血液中のカリウム濃度が非常に高くなり、腎臓が十分なカリウムを排出しないことが原因で起こる。
   軽度の原因で最もよくみられるのは、腎臓への血流を減らす薬や、腎臓が正常な量のカリウムを排出するのを阻害する薬の使用だ。
   このような薬には、ACE阻害薬がある。
   アジソン病になると、腎臓を刺激してカリウムを排出させるホルモンを副腎が十分に分泌しなくなり、腎不全は重度の高カリウム血症を引き起こすことがある。
   細胞からカリウムが突然放出される時は、外傷に伴う多量の筋組織の破壊、重度のやけど、コカインの多量吸入などが原因。
   カリウムが細胞から血液中に急激に移動すると、腎臓に過度の負担を与え、その結果、生命にかかわる高カリウム血症になる。
   軽度の場合、殆ど症状を起こさない。
   血中のカリウム濃度が非常に高いと、不整脈を起こすこともあり危険で、カリウム濃度が極めて高いと、心臓が止まることがある。

   軽度ならば、カリウムの摂取量を減らすか、腎臓がカリウムを排出するのを阻害する薬の服用を中止するだけで、治療としては十分。
   重度の高カリウム血症は、迅速な治療が必要不可欠で、消化管からカリウムを吸収し、便と一緒に体外に出す作用のあるレジンを、経口または浣腸で投与する。
   さらに迅速な治療が必要な場合は、カルシウム、ブドウ糖、またはインスリンを点滴で投与。
   カルシウムには、カリウムから心臓を保護する働きがあるが、カリウム濃度そのものは下げず、この作用は数分間しか続かない。ブドウ糖とインスリンは、カリウムを血液から細胞へ移動させ、血液中のカリウム濃度を下げる。
   効果がない時や腎不全を起こしている場合は、透析を行い余分なカリウムを取り除く必要がある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア