ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

非ホジキンリンパ腫の種類と症状と治療  
   Bリンパ球、Tリンパ球で発生する癌のうち、ホジキン病を除く全ての癌が、非ホジキンリンパ腫である。
   非ホジキンリンパ腫は、顕微鏡で明確に判別ができ、細胞パターンと経過も異なる、20種類以上の癌が含まれる。
   非ホジキンリンパ腫は、85%がBリンパ球の癌で、Tリンパ球の癌は15%未満である。
   非ホジキンリンパ腫はホジキン病より多発し、高齢者と免疫機能不全の人を中心に増加傾向にある。
   臓器移植経験者や、HIV感染者は、非ホジキンリンパ腫が高リスクである。
   非ホジキンリンパ腫の原因は明確に示されていないが、一部はウイルスの関与が指摘されている。
   日本の南部とカリブ海諸島で、進行が急速でまれな種類の非ホジキンリンパ腫の発生があるが、HIVと似たレトロウイルスである、HTLV-I(成人T細胞白血病ウイルスI型)の感染が原因である可能性が指摘されている。
   別の種類の非ホジキンリンパ腫である、バーキットリンパ腫は、EBウイルスが原因である場合が多い。

   非ホジキンリンパ腫の発症は中年から高齢に多いが、小児や青年が発症する場合もあり、小児や青年はリンパ腫の進行が速くなる傾向がある。
   非ホジキンリンパ腫は、首、脇の下、脚の付け根のリンパ節の腫れが、最初の症状として現れる。
   リンパ節の腫大の部位などにより、症状は様々である。
   呼吸困難、顔のむくみは、胸部リンパ節の腫大である。食欲不振、重度の便秘、腹痛、腹部の膨満感は腹部リンパ節腫大である。
   脚の進行性浮腫は、脚の付け根や腹部のリンパ管の閉塞が原因である。
   体重減少、下痢、吸収不良は、消化と血液への栄養分の通過が妨げられて発生する、小腸への浸潤が示される。
   胸水(肺の周囲の体液貯留)は胸部リンパ管の閉塞が原因とされる。
   皮膚の肥厚、黒ずみ、痒みなどは皮膚への浸潤が指摘される。
   体重減少、発熱、寝汗は、全身に広がったリンパ腫によるものである。
   赤血球数の不足による貧血は、消化管内の出血、腫大した脾臓や異常抗体による赤血球の破壊、リンパ腫浸潤による骨髄の破壊、薬物または放射線治療による骨髄の赤血球産生能力の低下などが原因である。
   骨髄とリンパ節への浸潤による、抗体生産量の減少は、重度の細菌性感染症に罹るリスクを高める。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

骨髄炎の原因について 
   骨髄炎は、細菌感染が原因をなっておこる骨の感染症のことである。
   原因となる細菌はマイコバクテリウム属が多いが、真菌の感染の場合もある。
   骨髄炎は、誰がかかってもおかしくない病気であるが、多くの場合は、年少児や高齢者に生じる。

   また、他の重い病気にかかっている人もかかりやすくなる。
   症状としては、骨髄炎が生じた場所により違いがあり、腕や脚の骨に感染をおこした場合であれば、発熱し、感染した場所が炎症をおこして腫れ、熱感があり動かすことで痛みを生じる。
   また、感染した骨が数日後に痛みが生じたり、体重の減少、疲れやすいといった症状がでる人もいるようだ。
   脊椎性骨髄炎の場合には、背中に持続性の痛みや圧痛を感じ、痛みは動かすとさらに強いものとなる。

   脊椎性骨髄炎の場合には、安静にしたり温めても痛みを軽減することが難しく、鎮痛剤を使用いてもあまり効果をえることができない。
   感染症の場合には、発熱がもっともわかりやすい症状ではあるが、脊椎性骨髄炎の場合には発熱をすないこともある。
   骨髄炎は骨と隣接している軟部組織がら感染し波及したり原因菌が直接侵入して発症すると患部に腫れや痛みを生じ、膿瘍が周辺組織に形成されることもある。 しかし、血液検査をしても何ら異常がないこともありえる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

抗生物質の有用性
  僧帽弁口の狭窄
によって左心房から左心室へ血液が流れにくくなる疾患である。   殆ど常に、レンサ球菌性咽喉炎や猩紅熱を治療せずにいると起こることのある小児期の病気、リウマチ熱によって起こる。

  リウマチ熱は、感染症予防のために抗生物質が広く使用されている北アメリカ、オーストラリア、西ヨーロッパなどの地域ではまれであり、したがって、現在、これらの地域において、僧帽弁狭窄は主に、リウマチ熱にかかった高齢者や、若いころに抗生物質の恩恵にあずからなかったか、移民で抗生物質の恩恵にあずからなかった高齢者に起こる。

  一方、抗生物質が広く使用されていない地域ではリウマチ熱は一般的な病気で、それにより成人、10代の若者、ときには小児にさえ僧帽弁狭窄が認められ、典型的なリウマチ熱による僧帽弁狭窄では、僧帽弁尖に部分的な癒着がみられる。
  僧帽弁狭窄には、先天的なものもある。

  この障害がみられる乳児の多くは、手術を受けなければ2歳を超えて生きることはまれである。
  心臓の左心房と左心室の間には、僧帽弁と呼ばれる、二枚の尖弁(前尖、後尖)が存在するが、この弁は、左心房の収縮時には開いて、左心房からの血液を左心室へ流入させる一方、左心室収縮時には閉じて、左心室から左心房への逆流を防いでいる。
  通常僧帽弁口の面積は4 - 6cm2であるが、僧帽弁尖の癒着などにより僧帽弁口の面積が1.5cm2以下になると、様々な症状を呈するようになる。
  病態は僧帽弁口の面積が減少すると、心拡張期(つまり左心房収縮時)に左心房から左心室へ血液が十分に流れなくなる。

  左心房圧の上昇により、肺高血圧、肺水腫、右心不全、心房細動などを引き起こす。
  左心室血液流入量低下により、左心不全を引き起こす。
  左心室への血液が足りなくなるので、左心室肥大はあまりみられない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア