ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

クラミジア‐トラコマチスが原因?
  クラミジア‐トラコマチスというのは細菌である。
  この細菌によって引き起こされる感染症は、トラコーマと呼ばれている。
  長期間にわたる結膜の感染症である。
  トラコーマは顆粒性結膜炎、エジプト眼炎とも呼ばれている。

  トラコーマは予防可能な失明原因のうち世界的に最も多い病気ある。
  クラミジア‐トラコマチスは特に性交渉以外で感染する種類のものである。
  慢性的にあるいは繰り返し感染することによって起こる。

  地域的な分布としては、アフリカ、中東、インド周辺、東南アジアの乾燥して気温が高い場所によく見られる。
  かつ、貧困を抱えるような地域である。
  米国ではほとんどみられない。
  米国においては、先住民やトラコーマ流行地域からの移民にまれにみられる程度である。

  この病気は、年齢的には3~6歳の小児に多くみられる。
  これより年上の小児や成人は免疫力が高まり衛生面にも気を配るのである。
  よって、トラコーマにかかることはほとんどないのである。
  トラコーマは病気の初期に感染力が高く、
    (1) 眼と手の接触
    (2) 特定の種類のハエによる媒介
    (3) 菌の付着したタオルやハンカチ
    (4) 目元に塗る化粧品を共用する
  などによって伝染するので、注意である。
  トラコーマは、結膜が炎症を起こして赤くなり、かゆみや痛みが生じ、涙が多く出るという症状である。
  光に対しても過敏にもなる。
  普通は両眼に発症する。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

肝不全の症状と診断
   肝不全の患者には、疲労、脱力、吐き気や食欲不振などの症状がよくみられ、
   黄疸、あざや出血を生じやすい傾向、腹水、肝性脳症、などの状態の悪化がみられる。
   急性肝炎は、数日間で危険な状態になることもある。
   慢性肝炎では、状態の悪化はゆっくりと進行し、静脈瘤からの出血といった大きな変化にいたることがある。

   血液検査で肝機能の重度の悪化をみることができる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

末梢神経の機能としくみ
   末梢神経系は、体性神経と自律神経系の二つから出来ている。
   末梢神経系は、糸のように脳とその他の体の部分をつないぐように全身に張り巡らされている。
   神経細胞からなるその数は、1000億本以上にもなる。
   自律神経系は、神経同士でも繋がっており、神経線維でできた束の直径の大きさにより様々なスピードでインパルスを伝える。

   体性神経系は、意識的にコントロールをすることができると皮膚にある感覚受容器を脳や脊髄とつないでいる神経のことである。
   自律神経系は、脳幹や脊髄と内臓をつないでいる神経系のことである。
   自律神経系では、心臓の収縮速度や血圧、呼吸数、胃酸の分泌量、食物が消化管を通る際の速度といった意識的に動かすことのないプロセスの調整を行う働きをしている。
   自律神経系には、交換神経系副交感神経系の二つがある。
   これらの神経系は、通常一方が活発化している時には、もう一方は、活動を抑制するというように互いに協力した働きをしている。
   これら二つの主な働きは、交感神経系がストレスの多いような緊急の状態の時に体の準備を行うことで、副交感神経系は、例えば交換神経系が心拍や血圧を増加させた後にその増加を減少させるというように体を普通の状態に戻すことになる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア