ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

正常範囲を超えて高く維持されている高血圧
   収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上に保たれた状態が高血圧であるとされているが、近年の研究では血圧は高ければ高いだけ合併症のリスクが高まるため、収縮期血圧で120未満が生体の血管にとって負担が少ない血圧レベルとされている。

   血圧が高い状態が持続することが問題となるのであり、運動時や緊張した場合などの一過性の高血圧についての言及ではないということである。高血圧の診断基準は数回の測定の平均値を対象としている。運動や精神的な興奮で一過性に血圧が上がるのは生理的な反応であり、これは高血圧の概念とはまた違うものである。

   血圧は1日の中でも変動している。そのため、計測する時間帯には正常値の基準を満たしているものの、その他のほとんどの時間帯には高血圧となっている場合がある。これを仮面高血圧と呼ぶ。また降圧剤が処方されている場合でも、その効果が切れている時間帯では安全域を外れている場合もある。この点も留意する必要だ。

   逆に、普段は正常血圧なのに診察室で医師が測定すると血圧が上昇して、高血圧と診断されてしまう場合もあり、白衣高血圧と呼ばれている。まったく治療していない高血圧は、脳卒中、動脈瘤、心不全、心臓発作(心筋梗塞)、腎障害などにかかるリスクを高める。高血圧は原因が明らかではないが、両親からの遺伝、食事、ストレスなどが考えられている、本態性高血圧(原発性高血圧)(モザイク説)と明らかな原因疾患があって生じる高血圧の二次性高血圧に別れている。

   二次性高血圧の主な要因は、大動脈縮窄症、腎血管性高血圧、腎実質性高血圧、原発性アルドステロン症、偽性アルドステロン症、Apparent Mineralocorticoid Excess症候群(AME症候群)、Liddle症候群、クッシング症候群、褐色細胞腫、大動脈炎症候群、甲状腺機能異常、妊娠高血圧症候群、高カルシウム血症などがあり、頻度は少ないが手術などによって完治する確率が高いのでその診断は重要である。

   高血圧が持続すると強い圧力の血流が動脈の内膜にずり応力を加えると同時に血管内皮から血管収縮物質が分泌されることで、血管内皮が障害される。この修復過程で粥腫(アテローム)が形成され、動脈硬化の原因となる。慢性的疾患は大きく 「脳血管障害」、「心臓疾患」、「腎臓疾患」、「血管疾患」の4つに分類され、高血圧によって生じる動脈硬化の結果、合併症が発生する。治療法は、食事、運動、で効果が無い場合、降圧薬による薬物治療を行う。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

糖尿病と失明の関係3
  糖尿病網膜症の予防には、糖尿病をきちんと管理し、血圧を正常範囲に保つことが最も有効である。

  糖尿病患者は、網膜症になっても早期に発見して治療を始められるように、毎年眼の検査を受けるべきである。

  治療法としては、レーザー光線を網膜に照射して網膜内での新生血管の形成を遅らせる。
  これは血液がにじみ出ることを防ぐレーザー光凝固術という方法である。

  この治療は必要に応じて繰り返す。
  傷ついた網膜血管からの大量の出血が続いている場合は硝子体切除術という治療が必要になることもある。
  これは、硝子体液で満たされている空間から血液を取り除く手術になる。
  この手術により、硝子体出血では多くのケースで視力の回復がみられ、網膜剥離でも視力が回復することがある。

  レーザー光凝固術では視力はほとんど回復しない。
  しかし、それ以上の悪化を防ぐことができるのである。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

脊髄の構造について2
   脊髄は、灰白質と白質で構成されている。
   灰白質は、蝶のような形をした脊髄に中心部にある。
   蝶の形のちょうど羽の前部に当たる部分には、運動神経が集中している。
   集中している神経は、脳や脊髄から送られてくる情報を筋肉へ伝達し運動を行う働きがある。
   蝶の形の羽根の後部に当たる部分には、感覚神経が集中している。
   ここに集中している神経は、体の他の部分から感覚情報を脊髄を通って脳へと伝える。
   周囲の白質には、神経線維が何本も束となり通り、体の他の部分からの感覚情報を脳へ運んだり、脳からの電気信号を筋肉に伝える働きを持っている。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア