ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

神経叢障害にならないために
   神経叢(しんけいそう)とは、脊髄神経の前枝は、肋間神経以外で神経線維が互いに合流し、一旦神経の束を形成した後、独立した神経に分岐する。この神経の束を神経叢と呼ぶ。

   脊髄神経には、腕神経叢の他、頚神経叢・腰神経叢・仙骨神経叢がある。従って、神経叢から分岐した神経は、大後頭神経が第2頚神経後枝で構成されているように単一の脊髄神経で構成されていない。筋皮神経は、第5~7頚神経から構成され、橈骨神経は、第5頚神経~第1胸神経が合流している。
   神経叢障害は、外傷及び癌などが主な原因とされ、また自己免疫反応なども損傷を受ける原因になることがある。
   神経叢が損傷を受けることで、その損傷部分より先の組織において障害が引き起こされる。代表的なのが首に位置する腕神経叢と腰に位置する腰仙骨神経叢といったものがある。尚、急性腕神経叢炎は急激に腕神経叢において機能不全を引き起こす疾患であり、自己免疫反応が原因ではないかと言われている。

   腕神経叢では腕全域或いは部分的に脱力そして痛みを生じ、機能不全を引き起こす。外傷を起因にするものでは緩やかに改善しやすく、症状が重ければ脱力が生涯に渡って残存することもある。自己免疫反応を起因にするケースでは数日ないし一週間ほどで腕力を喪失し、その後数ヶ月かけて回復していく傾向にある。
   腰仙骨神経叢では腰全域或いは部分的に脱力、そして痛みを発生させる。自己免疫反応に起因するものでは数ヶ月に渡ってゆっくりと改善していくが、この改善速度は障害の原因によって違ってくる。また脱力に関しては麻痺が下肢全域に見られることもあれば、ふくらはぎ及び脚の動きのみに限定されることもある。診断はMRIやCTの他、神経の伝導試験や筋電図などによって確定される。

   外傷に起因する場合は、自然治癒に依存する。癌を原因とするものでは、手術によって切除することもあれば、放射線療法及び化学療法などを組みあせての治療方法が採用されることもある。自己免疫反応に起因する神経叢障害ではステロイドの投与による治療法が行われることもあるが、その有効性は明確になっていない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アレルギー反応の原因と治療法2
   アレルゲンを避けることが最善の予防策である。
   特定の薬物の使用及びアレルゲンとなる食物の摂取の中止、空気清浄機の設置などが勧められる。

   アレルゲン免疫療法(減感作療法)は、一般にアレルギー注射と呼ばれる。
   最初にごく少量のアレルゲンを皮下に注射する。症状の制御に充分とされる量である、維持量に達するまで、アレルギー反応を起こさないように、徐々に投与量を増やして行く。
   維持量に達するまで、週に1~2度の注射をし、その後は2~6週の間を置いて注射をする。

   季節性鼻炎の場合でも、治療を続けると大きな効果が得られる。
   通常、アレルゲン免疫療法が完了するまでに、3~4年かかる。

   アレルゲン免疫療法の注射は、危険なアレルギー反応を起こす場合がある為、注射後は最低でも20分間、医師の管理下に留まることとなる。
   くしゃみ、咳、発赤、蕁麻疹、喘鳴など、軽度の反応が出た場合は、ジフェンヒドラミンかロラタジンなど、抗ヒスタミン薬、重い反応の場合はエピネフリン(アドレナリン)を注射する。
   治療薬は、抗ヒスタミン薬、クロモリン、コルチコステロイド薬などが使用される。

   抗ヒスタミン薬は、アレルギーの症状の緩和の為に最も多く使われる薬である。
   抗ヒスタミン薬はヒスタミンの影響を抑える薬で、蕁麻疹の痒みや軽症の血管性浮腫の腫れに効果がある。
   市販薬と処方薬があるが、眠気、口の渇き、便秘、排尿困難などの副作用の防止の為には、医師による適切な処方が勧められる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

急性腎不全について
   急性腎不全は、腎臓の血液をろ過し、代謝性老廃物を取り除く機能が数日~数週間という短い期間で急激に低下してしまう病気のことである。
   急性腎不全になる原因としては、腎臓への血液供給量が減少してしまったり、尿路のどこかで尿の流れを妨げる状態になることが考えられる。
   また、腎臓自体に影響を及ばしている病気によることもあるが、多くの場合で、腎不全になった原因を特定することは、難しい。

   腎不全での症状は、その重症度や進行速度、原因によって違いがあるが、初期症状では、体液のうっ滞や足や足首が腫れたり顔や手のむみが患者の一部に見られる。
   尿量も健康な成人であれば1日に700~1900mlあるところが1日に500ml以下に減少するか全く無いということもある。
   しかし、尿量に関しては、急性腎不全になっても全く変わりないという患者もいる。

   急性腎不全の状態が継続していると体内に代謝性老廃物が蓄積し、疲労感、食欲減退、吐き気、痒みや集中力低下といった症状がみられるようになる。
   時には、心拍数の増加やめまいといった症状が出ることもある。

   急性腎不全の原因が閉塞の場合には、腎臓ないに尿が停滞してしまい腎孟と腎杯が拡張し、わき腹にけいれん性の痛みを生じることもあるが、この痛みは、軽度のものから激しいものまでさまざまである。
   中には、尿に血液が混じるという患者もいる。
   閉塞が、膀胱よりも下の位置の場合には、膀胱が拡張し、この拡張が急激に起きた場合には、激しい痛みを生じる
   膀胱が徐々に拡張した場合には、痛みは、さほど感じないが、拡張により下腹部が膨れる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...