ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

手術による治療 
   癌の手術は、最も古くから実施され、最も有効である場合も多い、癌の治療法である。

  癌の転移が無く、原発部位に留まっている場合は、手術は第一に考慮すべき選択肢となり得る。

  初期の癌でも、手術に向かないケースがある。

  手術しにくい部位に発生している場合や、切除を行うと、必要な臓器や身体の機能が損なわれる可能性のある部位に癌が出来た場合は、手術以外の方法が考慮される。

  場合によっては、手術と他の治療法の併用などが必要となる。
   癌を部分的に切除する手術により、症状が改善される場合があり、放射線療法や化学療法の効果が向上する可能性もある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アルコールが人体へ与える怖い影響
  アルコール、狭義では酒類の成分であるエタノール(エチルアルコール)をさすが、一般には広くアルコール類の総称として用いられる。お酒は、先史時代の昔から人類に親しまれた飲み物である。

  古くは神事に関わるものとして尊ばれてきた。まさにその土地土地の伝統と気候風土に培われた文化の所産といえるであろう。しかし、又一面お酒には致酔飲料という特性もあり、そのため多量に飲み過ぎて体を壊したり、更に連続して飲み続けて「アルコール依存症」のような悲劇的な病気になった人もいる。
  アルコール依存症と体の障害を混同して考えることが多くあるが、体の障害はアルコール依存症に見られる症状の内の一つに過ぎない。しかし、多くの方は体の障害について関心が高いようである。アルコール依存症が肝機能障害や脳障害など多くの病気に関与しているのである。
  大量のお酒を毎日長時間をかけて飲むアルコール依存症者には、日々の生活で繰り返し落とし穴に落ちている。これが年に一度か二度の出来事であれば大きな問題は生じ無いのだが、毎日になると大きな障害となる。それは日々の生活で得る大切な経験に使うべき時間を、お酒を飲む行為に消費してしまっているのである。

  お酒を飲んでブラックアウトになるアルコール依存症者にとっては、酒の上の経験さえ身につかないのである。 アルコール依存症になると、多くの人は友を無くし、家族を無くして行く。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

呼吸を助ける為の吸入治療
  吸引とは、肺に通じる“空気の通り道“である気道に、咳では吐き出せない溜まった分泌物を取り除くために、看護師や呼吸療法士が細いプラスチック製の液体を通す管を鼻から通し、気管の中へおおよそ10cmほど挿し入み、適度な吸引力で吸いだし、呼吸する際の空気の通路を確保することを行う行為である。
     また、人工呼吸器を使用している患者や、気管切開、期間内挿管をしている患者に対しても、楽に呼吸ができるように分泌物を除去するためにも吸引を行うことがある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...