ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

腎孟腎炎の症状と治療2
   慢性腎孟腎炎のように長期にわたり感染が持続する場合には、発熱もなく、熱が上下したり、痛みの部位がはっきりとしないこともある。
   慢性腎孟腎炎は、尿路閉塞、長期間に渡る大きな腎結石、膀胱への尿の逆流といった重大な基礎疾患の場合に見られる。

    腎孟腎炎を疑われる場合には、抗生物質をただちに投与することになるが、その種類や量は、臨床検査の結果と患者の状態、院内感染の可能性によりかっていすることになる。
   院内感染の場合には、抗生物質に対して細菌が体勢を持っている可能性がある。

    痛みを薬でコントロールすることができ、吐き気、嘔吐、高熱、悪寒、脱水症状の徴候が見られない場合であれば、14日間抗生物質を投与することになるが、この他の場合には、入院の必要がある。
    抗生物質の投与は、通常であれば、2週間続けることになるが、男性の場合には、病原菌を根絶することが難しい為、6週間程度は、治療を続けることになる。
   また、抗生物質の投与が終了した場合であっても4~6週間後に尿検査を行うことになる。

    頻繁に腎孟腎炎を生じる場合には、抗生物質による治療後に再発をした人は、毎日抗生物質を服用する可能性がある。
   また、閉塞、構造上の異常、結石などが検査の結果判明すると手術を必要とすることもある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ヴェーゲナー肉芽腫症について 
   側頭動脈炎は大きな動脈の起きる慢性の炎症で、通常は、頭皮の横を通っている側頭動脈に発生し、50歳以上に発生し、ほとんど男女差はないが、わずかに女性の方が多く発生している。
   側頭動脈炎がある人は、リウマチ性多発筋痛の症状も現れる。
   側頭動脈炎の症状は、障害を受けた動脈により違い、現れる症状は、様々である。
   頭部にある太い動脈に障害を受けた場合では、両側のこめかみや後頭部が突然激しい痛みを生じる。

   こめかみを通っている動脈の場合には、腫れて触ると硬く感じることもある。
   他にも、頭皮に痛みを感じることや、複視やかすみ眼、視野の欠損、片目の視力喪失などの眼の症状が生じる。
   側頭動脈炎の症状の中でももっとも重大な症状として挙げられるのが、視神経への血液の供給が途絶えることが原因で起きる永久的な失明である。
   また、食事をしたり、話たりするとあごの関節に痛みを生じたり、噛むときに使われる筋肉や舌に痛みを生じるといった症状は側頭動脈炎の典型的な症状である。
   首・肩・股関節部の筋肉痛といったリウマチ性多発筋痛に見られる症状も生じる。

   側頭動脈炎は、その症状と診察に加え、こめかみにある側頭動脈の生検の結果から診断の確定をする。
   側頭動脈炎は治療を行わないと20%近くの人が失明にいたる。
   側頭動脈炎は、少しでも早い時期から治療を行う必要があるので、側頭動脈炎の疑いがある時点で生検を待たずに治療を始めることになる。
   この病気には、プレドニソロン(ステロイド薬)による治療が有効的で、血管の炎症を抑えるために初期の段階では、高容量のプレドニソロンを投与することになる。

   数週間に渡り投与を続け、効果が現れるようであれば、徐々に投与量を減らしていく。
   多くの人の場合で、症状をコントロールする為と失明を防ぐ為に長年に渡って低用量の投与が必要となるが、中には、数年で、投与を中止できる場合もある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

肩腱板炎について 
   肩腱板炎は、肩関節で上腕を保持する筋肉と腱である腱板の腫れを伴う断絶の状態のことで、水泳肩やテニス、野球肩、肩インピンジメント症候群とも呼ばれる。
   肩腱板炎は、腕を頭よりも高く上げる動作を繰り返し行う、野球の投球、ウエートリフティング、ラケットでサーブをする、水泳の自由形、バタフライ、背泳ぎといったスポーツが原因となり起こる。
   腕を頭よりも高く上げるという動作を繰り返し行うということは、上腕骨の上端が肩の建設や腱の一部と擦れ合うことになり、腱の線維に小さな断絶を生むことになる。
   この状態から痛みがあるにも関わらず、原因となった動作を繰り返し行うと、腱は、断絶したり、腱の付着部位の骨が剥がれることもある。

   肩腱板炎の症状は、多くが肩の痛みで、この痛みは、最初のうち腕を頭より高く上げたり、その状態から前へ強く振り出す際にのみ起き、進行すると、軽く腕を前に出すだけでも痛みが生じるようになる。
   しかし、この状態であっても、物を摂る為に引き寄せたりという動作では、痛みを生じることがない。
   肩に起きた炎症は、特に夜になると痛みが生じることが多く、時には、眠れなくなることもある。
   医師による診断では、腕をいくつかの方向に動かしてみて腕を肩よりも高く上げる動作のように特定の動作でピリピリとした感覚や痛みが生じることを確認し肩腱板炎と診断をくだすことになる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア