ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

マグワ根皮エキス
  マグワ根皮エキスは、クワ科の植物で根から抽出したエキスだ。マグワは、桑のことで、カイコの餌として古来より重要な作物で、養蚕で使われる種類のものだ。そのマグワの根皮から抽出されたエキスであり、クワ根皮は桑白皮(ソウハクヒ)と呼ばれ、漢方薬として昔からつかわれていました。

   また、民間薬として根皮および葉はお茶で飲用したり、実はクワ酒として飲まれているのだ。成分としては、フラボノイドやトリテルペノイド、クマリンなどの成分を含んでおり、何かと豊富な成分が集まっているエキスといっても過言ではないのだ。中国から伝わってきたが、日本でも多くの人に愛されて定着してきたものなのだ。

   桑の実の昔から愛されている果実で、赤から黒に変わったころが食べごろだが、少し渋みが残っているので、甘いお菓子に慣れた現代の子供たちには、あまり歓迎されていないようだ。 けれど、昔の人は、経験上で身体に良いものを知っていたい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

食道の狭窄 
   食道の狭窄には、薬物療法や器具による拡張が行われる。
   風船状の器具・バルーンや、ブジーという直径が徐々に広がる器具を、狭窄した箇所に挿入する。
   拡張が成功すれば、ほとんど制限なしに何でも食べられるようになる。

   バレット食道では、治療して症状が改善しても、粘膜細胞の変化が消えない場合がある。
   そのためバレット食道の患者は、2~3年ごとに、癌化の内視鏡検査を受けるよう指示される。

   薬物療法で症状が改善しない場合や、症状が改善しても食道炎が続く場合は手術が必要だ。
   また、薬を何年も飲み続けることに抵抗があり、手術の方が適していることもある。
   侵襲が最小限で済む手術もあり、これは、腹腔鏡を使う。
   ただし、腹腔鏡手術は、受けた人の20~30%が嚥下困難、腹部の膨張感、食後の腹部不快感などの副作用を経験している。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

むくみに注意 
   水分過剰がゆっくりと起こった場合には、脳細胞は適応する時間的余裕があるので、症状はほとんど起こらないが、急激に起こった場合には、錯乱、けいれん、昏睡が生じる。
   水分過剰は、腎臓が正常に尿を排出できない場合によくみられ、例えば、心臓、腎臓、肝臓に異常がある場合だ。水分過剰は、抗利尿ホルモン分泌異常症候群(SIADH)からも生じる。
   この症候群では、脳下垂体が抗利尿ホルモンを分泌しすぎて、腎臓が水分の排出を抑えてしまうのである。
   水分過剰と過剰な血液量を区別する必要があり、血液量が正常で水分過剰の場合には、普通は余分な水分が細胞内へ移動し、浮腫は起こらない。
   水分過剰で血液量も過剰の場合は、余分なナトリウムがあるので、水分が細胞内へ移動できなくなるが、代わりに、余分な水分が細胞周囲にたまり、胸部、腹部、脚の下部の浮腫を起こす。 自分で過剰かどうかの判断をする目安は「むくみ」である。
   朝起きたとき顔がむくみがちであったり、夕方足がむくむ方は水分に注意する必要があると思った方が良いだろう。

   水分過剰はその原因にかかわらず、たいていの合、医師の指示の下で水分摂取を制限しなければならないのである。
   摂取量を1日1リットル以下に制限すれば、普通は数日間で改善する。
   原因が心臓、肝臓、あるいは腎臓の疾患の場合には、ナトリウム摂取量の制限(ナトリウムは水分を体内にとどめる働きをする)が有効である。
   尿の排出量を増やすために、利尿薬が処方されることもある。
   一般に、利尿薬は過剰な血液量を伴う水分過剰の場合に有効だ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア