ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

感染症の1つ、毛巣病
   毛巣病とは、殿部の割れ目の最上部分の皮膚が、毛髪で傷ついて起こる感染症。
   毛巣病の毛巣膿瘍は感染箇所の膿の蓄積であり、毛巣嚢胞はその箇所に発生した慢性の排膿性創傷だ。

   毛巣病は毛深く若い白人男性に多いが、女性にもみられる。
   毛巣嚢胞は腫れて痛くなる。
   他の感染症と区別するために、感染部またはその周囲の小さな穴を探す。
   通常、毛巣膿瘍の治療は切除と排膿で、毛巣嚢胞は手術で切除しなくてはいけない。

  

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ウルフ‐パーキンソン‐ホワイト症候群(WPW症候群)について
  心房細動の一種であり、不整脈の一種でもある。
  心房と心室間の副伝導路に関連するさまざまな障害の中で、最も一般的なものであり、先天的に存在する副伝導路が、心房と心室間の電気刺激伝導に関与して生じる障害である。この副伝導路は頻脈をとてもよく起こす。

   ウルフ‐パーキンソン‐ホワイト症候群は先天性の障害で、一般的に、不整脈は10代か20代前半になって発現する。
   ただし、不整脈が、1歳未満で、あるいは60歳を過ぎてから現れることもあるという症候群でもある。
   房室間の副伝導路(Kent束)を通過した興奮が正規の伝導路を通過した興奮を一種の融合を生じることに起因すると考えられている。

   興奮伝導は、房室結節→ヒス系-プルキンエ系→心室→副伝導路→心房。
   QRS波の直後のP波が、PR>RPになっている。
   WPW症候群では、房室結節を迂回して心房と心室とを結ぶ副伝導路が構造的に基盤となって不整脈を起こす。
   典型的な心電図はPR時間が短縮およびシラーを有するQRS(δ(デルタ)波)を示す。
   病態は、房室伝導のバイパスが関与する頻拍を伴う症候群。
   特徴は、心電図上、
・PQの異常短縮
・QRSの延長
・QRS

の立ち上がり部分にデルタ波を持つ。
   心電図での特徴は、洞調律でバイパスを順行する伝導がある。
①P-R間隔・・・・・0.12秒未満
②デルタ波が存在する
③デルタ波

を含むQRS幅が延長する。

   洞調律でバイパスを順行する伝導がないもの(不顕性WPW症候群)正常P-QRSを示す発作性上室性頻拍の主な原因で、きわめてまれに、この症候群は、心房細動の間に、命にかかわるような非常に速い拍動を引き起こす。
   幼児でこの症候群による不整脈が起こると、息切れや嗜眠が認められたり、十分に食事を摂らなかったり、胸部に目に見えて速い動悸がみられたりするなどの症状が現れ、時に心不全を起こすこともある。

   10代や20代前半で初めてこの不整脈を経験する場合は突然始まり、運動中に起こることが多く、発作性上室性頻拍の発作がみられる。
   この発作はまちまちで、数秒間の時もあれば、数時間続くこともある。
   若く身体的に健康な人であれば、発作が起きても、症状がみられることは殆ど無い。
   非常に速い心拍数は心配なものであり、失神を起こすこともある。
   心房細動は非常に危険で、心室拍動があまりに速くなると心臓がまったく機能しなくなるだけでなく、治療しなければ、致死的な心室細動へと進展する。

   迷走神経を刺激し心拍数を減少させる、さまざまな方法を試すことによって停止させることができるが、それでも効かない時は投薬療法を行うが、患者が成人であれば投薬治療は逆効果となるため、高周波焼灼術による副伝導路の破壊を行う。
   死亡リスクは1000人に1人未満である。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

多発単神経炎における診断
   診断としては、
・急性運動型::ギラン・バレー症候群に代表される。ポルフィリン症は、肝代謝異常によりポルフォビリノーゲンやデルタアミノレブリン酸が増加する疾患で、急性運動型のニューロパチーに加えて腹痛、意識障害、けいれんをしばしば伴う。その他、尿毒症、ジフテリア、重金属中毒も原因となる。
・亜急性知覚運動型::数週から数カ月にかけて症状が進行するニューロパチーである。ビタミンB1欠乏で生じる脚気がこれにあたる。栄養の偏った人や慢性アルコール中毒で問題となる。また悪性腫瘍に合併して、このタイプの多発ニューロパチーが発生することがある。その他、重金属や有機溶剤の中毒、薬物の副作用でもニューロパチーが生じる。
・慢性知覚運動型::数カ月から数年にわたって症状が進行する。糖尿病の患者の20%ぐらいに末梢神経障害が合併する。この糖尿病性ニューロパチーでは靴下型の感覚障害で発症し、自律神経障害や脳神経麻痺を合併することがある。CIDPでは慢性的に末梢神経髄鞘が破壊され、知覚運動型のニューロパチーが発生する。パラプロテインと呼ばれる免疫グロブリンの増加に伴ってこのタイプのニューロパチーが生じることがある。

   その他、数々の遺伝性ニューロパチーがこのグループに属している。
   一般的な治療法としては、ビタミン欠乏によるニューロパチーに対しては、ビタミンB群やニコチン酸投与が著効を示す。糖尿病性ニューロパチーでは、血糖値の良好なコントロールが最も大切だが、アルドース還元酵素阻害剤の有効性が報告されている。疼痛を伴う場合には、抗うつ剤、抗けいれん剤やメキシチレンという抗不整脈剤が有効な場合がある。アミロイドーシスでは、肝移植により治癒が期待できる。

   アミロイドーシスでは著しい起立性低血圧症が発生するが、ドロキシドーパの投与により症状の軽減が可能である。ポルフィリン症の場合は、発作の誘発因子を避けることが最も重要である。薬物、アルコール、感染症、手術、ストレス、飢餓が誘因となる。ヘム生合成経路を抑制するためにグルコースの点滴投与が有効である。またヘマチン投与も推奨されている。CIDPではGBSと異なりステロイドホルモンが有効である。また免疫グロブリン大量投与の有用性が報告されている。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア