ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

体の中の空洞 胸腔の役割 
  胸腔(きょうくう)とは、ヒトなどの動物の体の中にある空間で、胸の部分にある空間である。この空間には心臓や肺などの内臓器官が配置されている。
   胸腔のまわりの壁は胸郭(または胸壁)と呼ばれる。胸郭には、肋骨などでできる骨の枠組みがあって、胸腔に納められた内臓を保護する役目がある。

   また、胸腔の下側には、腹腔があるが、胸腔と腹腔の間は、横隔膜によって仕切られている。胸膜腔は胸腔とは別のもので、肺の表面をつつんでいる胸膜という二重の膜の間のすき間の事である。
   胸腔にある内臓器官は心臓や肺であるが、これ以外に、食道、気管と気管支。胸腺、心臓に出入りする太い血管(大動脈、大静脈、肺動脈、肺静脈)などがある。肺は左右に分かれ、それ以外の器官は左右の肺の間にある。この間の場所は縦隔(じゅうかく)と呼ばれている。

   縦隔は前部を胸骨、背部を脊柱、上部を胸腔への入り口、下部を横隔膜で仕切られた領域ともいえる。縦隔は左右の肺をそれぞれ機能的に独立させる役目も持っている。もし胸壁の片側に針で穴を開けた場合には、その肺は機能を失いつぶれてしまうが、もう片方の肺はふくらんだまま機能を保つことができる。これは2つの肺がそれぞれ独立しているためである。
   胸部にある肺やその他の器官は、胸骨、肋骨、脊椎(せきつい)からなる骨のケースによって保護されている。12対の肋骨は、背部から胸部を取り囲むようにカーブしており、1対ずつ脊椎の骨(椎骨)とつながっている。体の前部では、肋骨の上部7対は軟骨によって胸骨とつながっている。

   8~10番目の肋骨は、それぞれ1つ上方の肋骨の軟骨と連結しており、最も下方の2対(浮動肋骨)は他の肋骨より短く、前面ではつながっていない。最近はこの胸腔を利用した胸腔鏡下手術による肺の治療も行われる。胸腔鏡下(きょうくうきょうか)手術とは、胸に小さな傷をつけて行う手術方法であり、2cm程の切開を複数作成し、そこからカメラと手術道具を挿入して行う手術である。

   胸腔鏡手術、鏡視下手術ともいわれる。胸腔鏡とは先端に小型のカメラを装着した棒状の機械で、胸腔鏡下手術では皮膚を小切開して、肋骨と肋骨の間から胸腔鏡を挿入して、肺や縦隔の手術を行う。従来の開胸手術では切開部が大きく患者の負担も大きかったが、胸腔鏡下手術では傷も小さくて、術後の回復も早い。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

薬を用いる化学療法 
  化学療法は、薬を用いて癌細胞を破壊する治療法である。

  正常な細胞は傷付けることなく、癌細胞のみを殺す化学療法薬が理想的だが、副作用の無い薬は殆ど無い。また、全ての種類の癌に対し、化学療法の効果があるとは限らない。
  現在使用している化学療法薬は、正常な細胞よりも癌細胞に対し、多くの損傷を与えるように設計されている。
  薬の種類や組み合わせ及び投与量は、癌の種類によって決定される。
  化学療法のみで治療する場合と、放射線療法や手術と併用して、化学療法が使用される場合がある。
  各種の分子標的薬を使用する方法もある。
  分子標的薬とは、体内の特定の分子に的を絞り、その機能を抑える薬剤である。
  分子標的薬の物質は、癌細胞に入り込み、癌細胞内の重要な情報の流れを阻止し、代謝に欠陥を生じさせて癌細胞に死をもたらす。
  分子標的薬の種類に属する薬の第一号であるイマチニブは、悪性細胞がエネルギーの代謝を行う働きを変化させ、慢性骨髄性白血病や消化管癌の一部などに有効である。
  非小細胞肺癌や、大腸癌の細胞表面のレセプターを標的とする薬も開発されているが、実用はされていない。
  高用量化学療法は、大量の化学療法薬を使用する新しい化学療法だが、危険も伴う。
  対象となる骨髄腫、リンパ腫、白血病の一部などで、最初に実施した化学療法で良い反応を得たが、再発してしまった場合に使用される。
  この療法の目的は、初回の治療で薬が効く癌であると判明している為、大量投与を行い、さらに多くの癌細胞を殺し、患者の延命を図ることである。
  高用量化学療法は、骨髄に致死的な損傷を与える為、骨髄の自家移植と組み合わせて実施する。
  本人の骨髄細胞を採取しておき、化学療法の後に体内に戻す方法である。
  血液中から幹細胞を採取し、骨髄細胞と代用して骨髄機能を再生させる場合もある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

片頭痛の症状と治療
  頭の片側のみに中程度から重度のズイズキとした痛みを感じるのが片頭痛である。
片頭痛は、運動、光、音、においの影響を受けて悪化し、吐き気と嘔吐を生じる。

  片頭痛は、どの年齢でも起きる可能性があるが、その多くは、10~40歳で発症し、周期的に起きいた片頭痛が、50~60歳を境に症状が軽くなったり、片頭痛が全く起きなくなったりする。
  この片頭痛の多くが、女性に発症し、男性の約3倍近くになる。
  原因は、はっきりしていないが、家族間で起きる傾向があり、患者の半数以上で近親者に片頭痛を発症している人がいる。

  片頭痛のはっきりした原因は、わかっていないが、脳への動脈が狭くなった後に広がった後血管の近くにある痛みの受容体が活性化して起きるという考えや片頭痛の最も多いタイプと遺伝子の関連の研究が行われたりしている。
  また、女性ホルモンのエストロゲンが片頭痛のきっかけになっているのではないかと考えられている。
  特に思春期には、男子に比べ女子に多く片頭痛がみられ、人によっては、生理の最中や前後に片頭痛を起こすこともある。
  閉経と伴に片頭痛のコントロールが難しくなり、経口避妊薬とエストロゲン補充療法を行うことで片頭痛を悪化させることもしばしばである。

  他にも、不眠や気圧の変化、空腹などが片頭痛の引き金となることもある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア