ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

副腎の位置と役割
   副腎とは小さな三角形をした形の臓器で、左右の腎臓の上の後腹膜腔とよばれるところにあり、右は肝臓、腎臓、下大静脈に、左は脾臓、膵臓、腎臓、腹部大動脈に囲まれている。
   すなわち背骨のすぐ横で心臓のすぐ下くらいに位置しており、体の奥深く肋骨や周囲臓器に守られているようなところにあるため、よほど大きな腫瘍ができなければ表面から触れることはありえない。
   左右おのおのの副腎はぎょうざくらいの大きさで2つの部分から構成されている。
   外側にある皮質と呼ばれる部分と、内側の髄質と呼ばれる部分で、体の恒常性を保つために重要なホルモンを分泌する臓器だ。

   副腎皮質は、コルチゾールアルドステロンと呼ばれるホルモンを生産する。
   コルチゾールはストレスから体を守り、糖利用の調節、血圧を正常に保つなど必要不可欠なホルモンである。アルドステロンは塩分、カリウム、水分のバランスを保つのに重要な役割をする。 コルチゾールは生きていくのに絶対必要なホルモンだ。
   もし副腎の病気が両方にあり両側の副腎を摘出しないといけなかった場合は、合成されたコルチゾールの役割をする薬を内服してホルモンを補充する必要がある。
   片方の副腎だけの摘出でよかった場合は、残りの副腎だけで十分な量のコルチゾールとアルドステロンを作ることができる。
   アルドステロンの役割をする薬もあるが、こちらは必ずしも内服する必要はない。
   また副腎皮質からは性ホルモンになる前のホルモンを少量生産する。
   これは閉経後の女性のエストロゲンのもとになるホルモンで、閉経後乳癌の方の治療と関係するホルモンである。
   非常にまれだが、副腎に性ホルモンを産生する腫瘍が発生することがある。
   副腎髄質はアドレナリンとノルアドレナリンというホルモンを産生し、これらのホルモンは、心臓や血管をはじめ全身の機能が正常に働くのにいろいろ重要な役割を持っているが、なかでも非常時に血圧を上昇させたり、心臓から血液を送り出す力を強めたり、エネルギー源としてブドウ糖を血中に増加させたりする重要な働きをする。
   しかし副腎以外の他の部位でもノルアドレナリンを産生するので、両側の副腎を病気で摘出しなければいけなかった場合でもアドレナリンやノルアドレナリンの欠乏症状はおこらない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

副腎の位置と役割
   副腎とは小さな三角形をした形の臓器で、左右の腎臓の上の後腹膜腔とよばれるところにあり、右は肝臓、腎臓、下大静脈に、左は脾臓、膵臓、腎臓、腹部大動脈に囲まれている。
   すなわち背骨のすぐ横で心臓のすぐ下くらいに位置しており、体の奥深く肋骨や周囲臓器に守られているようなところにあるため、よほど大きな腫瘍ができなければ表面から触れることはありえない。
   左右おのおのの副腎はぎょうざくらいの大きさで2つの部分から構成されている。
   外側にある皮質と呼ばれる部分と、内側の髄質と呼ばれる部分で、体の恒常性を保つために重要なホルモンを分泌する臓器だ。

   副腎皮質は、コルチゾールアルドステロンと呼ばれるホルモンを生産する。
   コルチゾールはストレスから体を守り、糖利用の調節、血圧を正常に保つなど必要不可欠なホルモンである。アルドステロンは塩分、カリウム、水分のバランスを保つのに重要な役割をする。 コルチゾールは生きていくのに絶対必要なホルモンだ。
   もし副腎の病気が両方にあり両側の副腎を摘出しないといけなかった場合は、合成されたコルチゾールの役割をする薬を内服してホルモンを補充する必要がある。
   片方の副腎だけの摘出でよかった場合は、残りの副腎だけで十分な量のコルチゾールとアルドステロンを作ることができる。
   アルドステロンの役割をする薬もあるが、こちらは必ずしも内服する必要はない。
   また副腎皮質からは性ホルモンになる前のホルモンを少量生産する。
   これは閉経後の女性のエストロゲンのもとになるホルモンで、閉経後乳癌の方の治療と関係するホルモンである。
   非常にまれだが、副腎に性ホルモンを産生する腫瘍が発生することがある。
   副腎髄質はアドレナリンとノルアドレナリンというホルモンを産生し、これらのホルモンは、心臓や血管をはじめ全身の機能が正常に働くのにいろいろ重要な役割を持っているが、なかでも非常時に血圧を上昇させたり、心臓から血液を送り出す力を強めたり、エネルギー源としてブドウ糖を血中に増加させたりする重要な働きをする。
   しかし副腎以外の他の部位でもノルアドレナリンを産生するので、両側の副腎を病気で摘出しなければいけなかった場合でもアドレナリンやノルアドレナリンの欠乏症状はおこらない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

足の疲労骨折の症状と原因
   疲労骨折とは、骨に小さなひびが生じる状態のことをいう。
   疲労骨折は、長期にわたり骨に対して曲げる、ひねるといった衝撃が過剰に加わる事で起きることがしばしば起きる。

   ランナーなどは、特に足の中ほどの骨に疲労骨折を起こしやすく、足の第2指、第3指、第4指の中足骨は最も多く疲労骨折を起こす場所である。
   親指や小指の中足骨に疲労骨折が生じることは少ないが、疲労骨折を起こすと完治するまでに時間がかかり、長時間の固定が必要となったり、手術が必要となることもある。
   足の疲労骨折を起こしやすい要因として、土ふまずのアーチが高い、ランニングシューズの衝撃吸収力が不十分である、運動の量や質が急に上がるといったことがあげられる。
   他には、骨が細い人などは、骨の強度も弱く疲労骨折しやすくなっている。
   閉経後の女性なども骨粗しょう症になることが多く、疲労骨折を起こしやすい状態になっているといえる。
   若い女性なども激しい運動を行うことで卵巣の機能低下を起こし月経が止まり、骨粗しょう症と同様の状態になるので、疲労骨折を起こしやすくなる。
   骨粗しょう症の症状としては、長時間の運動中や激しい運動中に足の前部で痛みが生じる。

   最初のうちは、痛みも運動を止めることで治まるが、運動をそのまま続けていると運動中も早いうちから痛みが現れ運動を止めても痛みは長く続くようになり、最終的には、痛みが激しくなり走ることもできなくなり、安静にした状態であっても痛みが治まらなくなる。
   また、骨折した部位の周囲は腫れてくることもある。

   足の疲労骨折の治療は、疲労骨折が治るまでは、走ることを止め、他の運動に切り替えるなどする。
   疲労骨折でギプスでの固定を行うことは、まれであるが、ギプスの固定が必要な場合には、筋力の低下を最小限に留めるために、3週間程度でギプスを外すことになる。
   疲労骨折が完治するまでには、高齢者や寝たきりといった人でなければ、3週間から12週間で完治することができる。

   ただし、小指の疲労骨折に関しては、時間がかかり、場合によっては、手術を必要とすることもある。
   疲労骨折が完治した後は、適度に衝撃吸収効果とサポート力のあるランニングシューズを履き、芝生や柔らかい地面を走るようにすることで疲労骨折の再発を予防することができる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア