ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

ビタミンについて 
   ほとんどのビタミンとすべてのミネラルは必須栄養素だが、体内で作ることができず、食事によって摂取することしかできない。
   ビタミンはごく微量の摂取で動物の生理機能の調節を行い、不足した場合はそれぞれ特有の欠乏症を示す有機化合物の総称である。

   ビタミンの量は、一般にmg、IU (国際単位)で表す。
   またビタミンは、水溶性ビタミン(ビタミンCと8種類のビタミンB群)と脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)に分類される。
   ビタミンC、E、セレンなど一部のビタミンやミネラルは、果物や野菜に含まれるベータカロチンなどの物質と同様に、抗酸化物質として作用する。
   抗酸化物質は、細胞の正常な活動の副産物であるフリーラジカルによる損傷から細胞を保護しており、フリーラジカルは、心疾患や癌といった病気の一因と考えられている。

   抗酸化物質が豊富に含まれている果物や野菜を適量食べている人は、心疾患や特定の癌になる確率が低いとされている。
   だが、この効果が抗酸化物質によるのか、果物や野菜に含まれる他の物質によるのか、または別の要因によるものかは解明されていない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

下垂体の形状と異常の判断2 
   前葉はまた、メラニン細胞刺激ホルモンや、エンドルフィンも作る。

   下垂体後葉は、抗利尿ホルモンとオキシトシンの2種類だけを作り、抗利尿ホルモンは、腎臓による水分の排出量を調節するので、体内の水分バランスの維持に重要だ。
   オキシトシンは、出産時に子宮を収縮させ、出産直後の過剰な出血を防ぐ。
   オキシトシンは乳房の乳腺を収縮させ、授乳中の女性では乳首へ乳汁を送り出す働きもある。 下垂体でつくられるホルモンは、すべてが常につくり続けられているわけではなく、その多くは1~3時間ごとに一気に放出されるため、ホルモンが働いている時間と働いていない時間が交互に繰り返す。
   下垂体はいくつかの点で機能不全のおそれがあり、通常、それは腺腫という非癌性の腫瘍が原因である。
   下垂体の機能を診断するためには、いくつか検査が行われ、通常、簡単な血液検査で下垂体ホルモンの量を測定することができる。
   症状によって、どの下垂体ホルモンを測定するかを選び、ホルモンによっては、1日の間で、あるいは体の要求によって量が大きく変化するため、測定が難しいものがある。
   無作為に血液検査を行っても役に立つ測定値は得られない。
   CT検査、MRI検査のような画像診断では、下垂体の肥大や縮小が示され、下垂体の腫瘍の有無を判断できる。 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

モノパルミチン酸ポリオキシエチレンソルビタン
  モノパルミチン酸ポリオキシエチレンソルビタン
とは、重合された成分の一つとなっている。
   これは「モノパルミチン酸ソルピタン」という主体に「酸化エチレン」を付加することで、重合して得られるものとなっている。
   つまり非イオン性界面活性剤であり、これらには様々な種類が見られる。
   この成分の特徴として第一に挙がるのが、非常に優れた乳化というべきなのかもしれない。この性質があるために、様々な化粧品に活用されているのだ。

   この他にも可溶化という性質も持っており、更にいは分散作用をもつことで多くの分野で活用できる成分となっている。
   とにかく安定性の高い界面活性剤として有名となっており、我々が普段使う化粧品にも含まれていることが多いのだ。
   例えばクリームをはじめとして、ファンデーションであったり、パックなどを含んでいる。また男性などに向けた頭髪用製品などにも用いられている。
   非常に幅広い化粧品に用いられる成分なので、お世話になっていることが多いのだ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア