ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

浸潤性肺疾患の概要 
  肺組織内部への炎症細胞の異常な浸潤により、同じような症状がみられる病気は多い。これらの浸潤性肺疾患の発症早期は、炎症細胞やタンパク質を多く含んだ液体が肺胞及び、壁、肺胞の間の間質に蓄積し、肺胞炎を起こす。炎症が続くと、たまった液体が固まり、肺組織に置き換わる瘢痕化を起こし、線維症になる。

   肺胞が破壊されるにつれ、分厚い壁を持つ嚢胞がその場所に残る。嚢胞は、ミツバチの六角形の巣に似ているため、この状態を蜂の巣状変化と呼ばれる。こうした変化で生じた病態を肺線維症といい、多くの病気がこの病気を引き起こすが、特に免疫系に異常をきたす病気が多い。

   呼吸器科の専門医は、浸潤性肺疾患を分類して考えるが、これらの病気には同じ特徴があり、どの病気でも血中に酸素を送り込む能力が低下し、肺の効果や委縮が生じるために、呼吸困難になる。しかし、二酸化炭素を血中から放出する作用は影響を受けない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

骨腫瘍について 
  骨に異常な細胞ができ、増殖していく物を骨腫瘍と言う。
   骨腫瘍と聞くと、とても重傷の病気のように感じるが、実際には、骨腫瘍といって良性(非癌性)のものと悪性(癌性)のものがあり、良性の骨腫瘍は比較的多くの人に見られるようだ。
   悪性の骨腫瘍はごくまれにしか生じないのが実際のところある。

   骨腫瘍は、良性と悪性の他にもその原因から二つに分けることができ、良性でも悪性でも最初から骨にできたものは原発性とされている。
   小児期に発病してしまう悪性腫瘍の多くがこの原発性の腫瘍である。
   もう一種類が、乳腺や前立腺といった他の臓器で発生した癌が骨に転移した場合の腫瘍で、移転性と呼ばれている。

   この移転性の腫瘍は、原発性とは違い、成人に多くみられる。
   骨腫瘍の場合にみられる症状としては、激しい痛みが骨に生じる。
   この痛みは人によると、歯痛の痛みににているということである。
   痛みという症状は骨腫瘍ではもっとも代表的な症状であるが、人によっては腫瘍のできた場所にあきらかなしこりがあることがわかる人もいるようだ。
   また骨腫瘍の場合には、特にその腫瘍が悪性である場合には、骨がもろくなってしまい、ほんのちょっとした力でも骨折しることがある。
   骨腫瘍の検査を行うには、X線撮影を使い、X線画像で判断をするが、X線画像では腫瘍自体を判断することができてもその腫瘍が良性なのか悪性なのかまでは判断することができない。
   骨腫瘍の良性か悪性かを判断するためには、CT検査やMRI検査を行う必要がある。
   こういった検査を行うことで、その腫瘍の位置、大きさといった情報を得ることが可能となる。
   しかし骨腫瘍の場合にそれが、良性であるのか悪性であるのかを確定するためには、X線撮影、CT検査、MRI検査といった検査の他に腫瘍の組織を取り出し顕微鏡下で検査を行う、生検を行うことになる。

   生検は多くの場合、針を腫瘍に刺し、一部のみ吸引してその細胞を調べるのだか、この方法の場合には、針が細いので、すぐ隣にある正常な細胞を採取してしまうということもある。
   確実に腫瘍を採取する為には外科的な手術を必要とすることも考えられる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

メタリン酸Na
  メタリン酸Naとは、主に二つの成分から構成されている成分となっている。一つ目にリン酸水溶液、そして二つ目に炭酸ナトリウムだ。これらから合成されたものが、メタリン酸Naとなっており主に、金属イオン封鎖剤として流通している。
  日常で活用できる製品に含まれている主なものを挙げるとするのであれば、シャンプーをはじめとして、リンス、浴用化粧品などが該当する。
  またその他にも、pHの緩衝剤をはじめとして、分散剤などでも活用されることが多くなっているようだ。
  また特徴としては、結着力や保水力を高めるといった効果をもっており、洗浄作用や緩衝作用などが見られる。

  この成分は、リン酸二水素ナトリウムを強熱することで製造することができるようで、合成とはいうものの、そこまで細かなものではないようだ。
  食品としては、ハムやソーセージに代表される魚肉り製品をはじめとして、アイスクリームやチーズ類、もしくは炭酸飲料や酒類などにも活用されることがあるようだ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア