ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

骨盤の骨折における症状と治療 
   骨盤の構造は、背側に大きなが左右対になった骨と腹側に小さな骨2つからできている。
   若年の成人であればこの様な骨折はスピードを出し過ぎたことによる自動車事故や高所からの転落でおこることが多く、この場合には、内臓の損傷や大量出血の可能性も高いため、生命の危機となることも多い。

   高齢者の場合、特に骨粗しょう症にかかっている場合は、ちょっとした転倒であっても恥骨骨折や座骨骨折にいたることがある。
   骨盤の骨折は高齢者の場合、それが恥骨骨折であっても座骨骨折であっても股間に感じる痛みがひどく、歩いたりすればその痛みはさらに大きなものとなる。
   その為、治療をするにも入院をすることが多く、中には、リハビリテーションセンターに通院をすることもある。
   しかし、手術などをすることはあまりなく、また、完治後に障害が残るということもあまりない。
   治療としては、痛みや炎症を抑える為に、鎮痛剤非ステロイド性抗炎症薬を使用することが多い。

   ほとんどの場合には、1週間程度で歩行器による歩行も可能となり、1~2ヶ月もするとある程度まで回復することができる。
   高齢者は安静んしていることで筋力の低下や硬直といった合併症を発症することも多いにで、できるだけ早いうちから、歩行するなどのリハビリテーションをおこなうことが必要となってくる。
   しかし若年層の骨盤の骨折の場合には、股関節の受け皿部分が損傷することで、後遺症が残る可能性が大きく、また、骨折の際にも緊急手術が必要となることがよくある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

薬を用いる化学療法 
  化学療法は、薬を用いて癌細胞を破壊する治療法である。

  正常な細胞は傷付けることなく、癌細胞のみを殺す化学療法薬が理想的だが、副作用の無い薬は殆ど無い。また、全ての種類の癌に対し、化学療法の効果があるとは限らない。
  現在使用している化学療法薬は、正常な細胞よりも癌細胞に対し、多くの損傷を与えるように設計されている。
  薬の種類や組み合わせ及び投与量は、癌の種類によって決定される。
  化学療法のみで治療する場合と、放射線療法や手術と併用して、化学療法が使用される場合がある。
  各種の分子標的薬を使用する方法もある。
  分子標的薬とは、体内の特定の分子に的を絞り、その機能を抑える薬剤である。
  分子標的薬の物質は、癌細胞に入り込み、癌細胞内の重要な情報の流れを阻止し、代謝に欠陥を生じさせて癌細胞に死をもたらす。
  分子標的薬の種類に属する薬の第一号であるイマチニブは、悪性細胞がエネルギーの代謝を行う働きを変化させ、慢性骨髄性白血病や消化管癌の一部などに有効である。
  非小細胞肺癌や、大腸癌の細胞表面のレセプターを標的とする薬も開発されているが、実用はされていない。
  高用量化学療法は、大量の化学療法薬を使用する新しい化学療法だが、危険も伴う。
  対象となる骨髄腫、リンパ腫、白血病の一部などで、最初に実施した化学療法で良い反応を得たが、再発してしまった場合に使用される。
  この療法の目的は、初回の治療で薬が効く癌であると判明している為、大量投与を行い、さらに多くの癌細胞を殺し、患者の延命を図ることである。
  高用量化学療法は、骨髄に致死的な損傷を与える為、骨髄の自家移植と組み合わせて実施する。
  本人の骨髄細胞を採取しておき、化学療法の後に体内に戻す方法である。
  血液中から幹細胞を採取し、骨髄細胞と代用して骨髄機能を再生させる場合もある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

食道癌の実態
   食道癌で最も一般的なのは、扁平上皮癌と腺癌で、食道粘膜に発症する。
   ただし食道のどの部位にも発生するもので、食道が狭くなったり、食道内に腫瘤ができる、粘膜に扁平な病変(斑)ができる、食道と気管につながる異常な通路、瘻ができるなどの症状が出る。

   アメリカでは食道癌は年間約10万人に3人の割合で発症している。
   扁平上皮癌と腺癌、どちらも女性より男性に多くみられる。
   扁平上皮癌に罹るのは黒人が多く、腺癌に罹るのは白人に多い。
   特に、1970年代から、白人の男性を中心に腺癌にかかる人が急激に増えている。

   煙草と飲酒は食道癌の最大の危険因子で、腺癌よりも扁平上皮癌の発症と密接な関連がある。
   ヒトパピローマウイルス感染症の人、頭頸部癌の既往がある人、また食道の周りの器官の癌で放射線療法を受けていると、食道癌になりやすい傾向がある。

   強酸、食道ウェブ、食道アカラシアなど腐食性物質が原因で食道に障害があると、食道癌になるリスクが高くなる。
   また、強い胃酸が食道に逆流して炎症を繰り返す胃食道逆流で、食道粘膜が長期間刺激を受け続けると、バレット食道という前癌状態を呈する。
   ほとんどの先進国では、バレット食道から食道癌に進行することはあまりないが、他の食道癌よりも発症の増加が速くなっている。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア