ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

胃にひそむ異物の正体
   胃石と異物のほとんどは症状は特にみられない。

   小さな鈍いものを飲みこむと、食道に何か詰まったような感じがある。
   この感覚は、その物体が胃に入った後でも少しの間続く。
   尖った小さな物体を飲みこむと、嚥下能力が正常でも、食道に刺さって痛みを起こすことがある。
   食道が完全に塞がるとものを飲みこめなくなり、唾液さえも飲みこめなくなる。
   そしてよだれが垂れ、唾液を定期的に吐き出さなくてはいけなくなる。
   嘔吐しようとしても、何も吐き出せない。

   胃石や異物が原因で、血便が出ることもある。
   胃石や異物が胃、小腸、大腸などを部分的にあるいは完全に塞いでしまうと、けいれん、膨満、食欲不振、嘔吐、時に発熱が起こる。
   尖った物体が胃や腸を貫通すると、内容物(便)が消化管の周囲にあふれ、激しい腹痛、発熱、失神、ショック症状などが起こる。
   こうした漏れは腹膜炎の原因となるため、緊急手術が必要だ。

   閉塞物は腹部X線検査でみえることがある。
   閉塞物の正体をを突き止め、原因が癌でないことの確認のために、内視鏡検査を行うこともある。
   CT検査や超音波検査を行うこともまれにある。

   胃石と異物のほとんどは、治療の必要はない。
   小さなコインなどは、何事もなく通過すると考えられる。
   ただ、異物が排泄されたかどうか、便に注意して、確認するように指示される。
   また、異物の排泄を促すために、医師に流動食を勧められることもある。

   胃石の分解のために、溶解したセルラーゼを数日間服用することがある。
   尖っていない異物が食道に詰まっていると思われる場合は、グルカゴンを静脈投与して食道をリラックスさせ、異物が消化管を通るようにする。
   メトクロプラミドの経口投与なども、筋肉を収縮させて、胃石や尖っていない異物が消化管を通りやすくさせる効果がある。

   また食道につかえている異物の除去に、先端に風船をつけた細い管を口から異物の下まで通し、風船をふくらませてカテーテルを引き上げる、という方法をとることもある。

   鋭利な異物は食道壁を突き抜けることがあり、その場合は重大な結果を引き起こす。
   内視鏡か手術か、いずれかの方法で除去する必要がある。
   また電池を飲みこんだ場合も体内で火傷を起こすので、同様の処置が必要だ。
   異物が薬物を詰めた風船だと疑われる場合は、異物が破裂した際の薬物の過剰摂取を防止するために除去しなくてはいけない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

心電図検査の内容について
  心電図検査では、右心房の拡張を示す変化が確認できる。
  三尖弁以外に病変がなく、軽症の場合には経過観察で構わない。
  もし、右心不全症状が出現している場合には、利尿剤を処方する。

  三尖弁狭窄は、修復手術が必要になるほど悪化することはまれである。
  外科的治療法の対象の多くは二次性三尖弁逆流と感染性心内膜炎である。前者は僧帽弁もしくは大動脈弁疾患に起因しているため、左心系の疾患を治療すれば三尖弁も改善する場合もあるが、残存することも多く治療を要する。
  後者は抗生剤にて感染が制御できない場合や、弁が破壊された場合に適応となる。
  三尖弁の手術はすべて人工心肺装置を使用し心臓を一時的に止めて行い、三尖弁輪を縫縮することにより逆流を止める方法で最も多くの場合に施行される。
  糸の縫合のみで拡大した弁輪を縫縮する方法と、人工リングを弁輪に縫着し弁輪の形状を形成する方法がある。

  弁尖が破壊された場合には自己心膜を補填し弁を形成する場合もある。
  予後は、右心不全による肝機能障害の程度によっては手術の危険率が高くなる場合があるが、それ以外は合併する左心系の手術に依存する。
  また肺高血圧が残存している場合や左心系の病変の増悪により逆流の再発を認めることがある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

筋ジストロフィについて 
   筋ジストロフィは、筋力低下を引き起こす遺伝性筋疾患である。
   遺伝性筋疾患は、他にも筋緊張性ミオパシーや周期性四肢麻痺、糖原病といったものがある。
   糖原病は、筋肉で糖の正常な代謝ができなくなり、グリーコーゲンが体内に蓄積してしまう病気であるが、遺伝性筋疾患の中でもまれなケースである。
   筋ジストロフィーの重症度はさまざまで、デュシェンヌ型筋ジストロフィやベッカー型筋ジストロフィのように、いずれ車椅子での生活が余儀なくされ、その平均寿命も長くないものや、顔面肩甲常腕筋ジストロフィ、肢帯筋ジストロフィ、ミトコンドリアミオパシーといった筋ジストロフィのように、平均寿命も他の健康な人と変わらず、筋力の低下も重度になることがまれなものもある。
   特に筋ジストロフィの中でも一般的なデュシェンヌ型キンジストロフィやベッカー型筋ジストロフィは、デュシェンヌ型の場合には、10歳から12歳位までには、筋力低下の為に車椅子での生活を余議なくあれ、患者のほとんどが20歳までに死亡している。
   ベッカー型の場合には、思春期に車椅子が必要となることはまれで、患者の寿命も42歳位とデュシェンヌ型よりも筋力低下が少ない。
   このデュジェンヌ型とベッカー型は、起きる欠損こそ違いがあるが、同じX染色体の劣性遺伝で、女性のようにもう一つX染色体をもっている場合には、残りの1つが異常をきたしたX染色体の代わりをすることができるので、発症することもなく、X染色体を1つしか持たない男性のみに発症する。
   いずれの筋ジストロフィでもいまだ筋力低下を抑えることのできる治療法は見つかっておらず、まだ、実験段階にある、遺伝子治療に期待が持たれているところである。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア