ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

癌の発生と変異 
   癌細胞は、変異と呼ばれる複雑な過程を経て、健康な細胞から発生する。 変異の第一段階を「イニシエーション」と言う。
   細胞の遺伝物質に、DNAの変化や染色体の構造異常などの変化が生じ、細胞の癌化が始まる段階である。

   細胞の遺伝物質の変化は、自然発生的に起こる場合と、発癌物質が原因となる場合がある。
   発癌物質は、化学物質やタバコ、ウイルス、放射線、紫外線などがあるが、発癌物質に対し、細胞が全て同様の反応を起こすわけではない。
   遺伝的欠陥がある細胞は、癌になりやすいと考えられ、物理的な刺激を受け続ける細胞は、発癌物質に反応しやすくなる可能性がある。
   癌発生の第二段階は「プロモーション」と言うが、癌発生の最終段階であり促進期でもある。

   プロモーションを引き起こす物質を、プロモーターまたは促進因子と呼ぶ。
   環境中の物質や、場合によりバルビツール酸類などの薬が、発癌の促進因子として作用する。

   促進因子は発癌物質と異なり、単独で癌を発生させることは無いが、イニシエーションの変化が起きている細胞は、促進因子の働きにより癌化する。
   イニシエーションの起きていない細胞には、促進因子は影響しない。

   癌の発生の多くは、複数の条件と、反応しやすい細胞と発癌物質の複合であると言える。
   促進因子が作用しなくても、癌を発生させる強力な発癌物質もある。
   X線検査に使用され、原子力発電所内、原子爆弾の爆発でも発生する、電離放射線は、肉腫、白血病、甲状腺癌、乳癌などを発症させる。

   その他に主な発癌物質として、アスベスト(石綿)は肺や胸膜に癌を発生させ、ベンゼンは白血病の原因の一つと考えられている。ディーゼル排気ガスも肺癌の原因とされる。 造影剤であるトロトラストは、血管の癌の一因とされる。
   癌は周囲の組織に直接広がる場合も、リンパ液や血流に乗り、離れた組織や器官に転移する場合もある。
   リンパ系からの転移は、カルシノーマとも呼ばれる癌腫と言う種類の癌に多い。
   乳癌の多くは、近くのリンパ節に転移し、その後全身へと広がる。
   サルコーマとも呼ばれる肉腫では、血液経由での転移が多い。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

死亡率の高い発作   冠動脈の内側が動脈硬化などによって狭くなり、血液が充分に流れなくなり心筋が酸欠状態を起こし、血流が著しく減少したり、とくに血管が完全にふさがってしまうと、その部分の心筋の組織は壊死し激しい心臓発作を起こす。

  これが心筋梗塞である。
  冠動脈を詰まらせる原因として最も多いのが血栓であり、冠動脈はアテロームによって部分的に狭くなっていることが多く、破裂したりちぎれたりすると、動脈はさらに狭くなって血栓が詰まりやすくなる。
  破裂したアテロームは血流を減少させるだけでなく、血小板の粘着性を高める物質を放出するため、血液はさらに固まりやすくなる。
  冠動脈のれん縮のために血流が遮断されて心臓発作が起こることもまれにあり、れん縮は薬によっても起こるが、原因不明のこともある。

  ほとんどの場合、突然の激しい胸痛で始まる。
  胸の中央部が痛むことが多いが、胸全体、みぞおちの部分、左肩や左腕、首や顎、右肩などに痛みがひびくことも多い。
  狭心症痛よりはるかに強い痛みで、速効性硝酸薬はほとんど効かない。
  発作の持続時間は、30分から数時間、ときには、数日にわたって断続的に痛むこともある。
発作は安静時や就寝中、日常の軽い動作のときに起こる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

心血管系の病気の症状について
   心疾患は特定の該当する症状が同時に複数出ればそれを該当する場合、そう診断することもあるが、心疾患の症状は一つだけではないため、一概に心疾患とは断言できない。医師による、問診と診察によって症状を確認する。診断を確定するために検査がよく行われるが、重い心疾患であっても、末期になるまで症状が何も現れないことがある。

   心疾患の症状は、特徴的な痛み、息切れ、疲労感、動悸(どうき)、頭がフラフラする、失神、下肢(脚、足首、足)の腫れやむくみなどがある。しかし、これらの症状が必ずしも心疾患を示すわけではない。故に、医師の診断と検査が入念に必要なのである。末梢血管疾患の症状は、損傷した血管の位置によって変わる。症状は、痛み、息切れ、けいれん、筋肉疲労、ふらつき、腫れやむくみ、しびれ(知覚鈍麻)、損傷を受けた部位の皮膚の変色などがある。

   具体的な心疾患の症状としてけいれんがあるが、けいれんのメカニズムは、筋肉に十分な血液が供給されず、筋肉が血液中から十分な酸素を取りこむことができず、その際に、組織から血液中に移行すべき老廃物が蓄積するとけいれんが起こる。他の痛みの場合は、狭心症などは心臓に十分な血液が供給されないと、胸に締めつけられるような圧迫感を感じる。

   跛行(はこう)では筋肉やふくらはぎの筋肉に十分な血液が供給されないと、運動中に圧迫感や疲労感を伴う筋肉の痛みを感じる。心膜炎では、心臓を包む心膜の炎症が起こり、横になると悪化し、座ったり前かがみになると軽くなる痛みが起こる。胸膜炎では肺を覆う胸膜の炎症で深呼吸時に痛みがひどくなる。

   動脈疾患では、身体活動に関係なく、急激に起きては消える鋭い痛みを感じる。動脈の壁の伸びた部分がふくらんだ動脈瘤や、動脈の壁の層がはがれる動脈解離が起こると、突然、激しい痛みが起こりその部位は様々である。また、痛みだけではなく、心不全や冠動脈疾患などの場合は息切れなどが特徴的だ。疲労感は心不全などによって心機能が低下すると、筋肉に運ばれる血流が不十分になり、筋力の低下や疲れを感じる。心疾患では、身体行動の制限をされることが多い。

   動悸が異常なものかどうかを決定するために、動悸が突然起こるのか徐々に起こるのか、動悸の原因と思われるものがあるのか、拍動の速度、拍動が不規則かどうかおよびどの程度不規則なのかなど、聴診器で心音を確認したり、心電図検査を行うこともある。その他にも症状としては、ふらつきと失神や腫れ、むくみ、しびれ、皮膚の色の変化があげられる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア