ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

滲出性中耳炎について2
  滲出性中耳炎は耳の診察により診断される。
ティンパノメトリー検査は、中耳の貯留液の有無を調べるのに有効な方法である。

  この病気の治療には、フェニレフリンやエフェドリンなどのうっ血除去薬や、アレルギーがある場合は抗ヒスタミン薬が使用される。
  うっ血を緩和して耳管を開くのである。

  米国では大半のケースに抗生物質が処方されているが、通常は必要はないとされている。
  閉塞した耳管に強制的に空気を通すことにより、中耳の圧力低下を一時的に解消できるのである。
  口を閉じて鼻を押さえながら鼻から空気を抜くと、耳管に空気が通る。

  症状が3カ月以上続いて慢性化した場合には、中耳から滲出液を排出するために鼓膜切開を行う。
  小さな鼓膜チューブを鼓膜にあけた穴に挿入し、滲出液を排出して空気が中耳に入るようにするのである。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

屈折異常について
  眼に入る光は、角膜水晶体で屈折して、網膜上で像を結び鮮明な像を見ることができる。
  屈折異常とは、簡単には角膜と水晶体が網膜上に像を結べなくなった状態をいう。
  光の焦点が網膜上に合わなくなるのである。

  角膜は形が変化しないが、水晶体はその厚さを変化させてさまざまな距離に焦点を合わせている。
  近くにあるものを見るときには水晶体は厚くなり、逆に遠くにあるものは水晶体は薄くなる。
  これは視力の正常な人である。

  屈折異常は、眼鏡やコンタクトレンズを使うことで矯正できる。
  眼鏡やコンタクトレンズは角膜と水晶体が眼の中に入ってくる光を屈折させる。
  網膜の上で、焦点を結ぶように働いているのである。
  水晶体と角膜による光の屈折がうまくいかなくなる原因には、さまざまな原因がある。

  その一つは焦点を合わせるための眼の屈折率に対して眼球が大きすぎる場合である。
  光が網膜上ではなく網膜より前で焦点を結ぶため、遠くのものが見えにくくなる。
  これが近視と呼ばれる状態である。

  次に屈折率に対して眼球が小さいために、光が網膜よりも後ろで焦点を結んでしまう人もいる。
  これが遠視と呼ばれる状態である。
  近くにあるものがはっきり見えなくなるのである。

  また、角膜の形にゆがみがあると、距離にかかわらずものがぼやけて見える。
  これが乱視という状態である。

  さらに40代前半にさしかかると、水晶体は徐々に硬くなり、形が変化しにくくなる。
  そうなると、近くのものに焦点が合わせづらくなる。
  これが老視であり、老眼と呼ばれる状態である。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

事前指示書作成の意図 
   患者が意思決定不能状態に陥った場合、医療ケアに関する患者の個人的希望を伝達する法的文書が、「リビングウィル」と「医療判断代理委任状」である。

   患者が意思決定不能状態に陥り、治療に必要なコミュニケーションが不能になった際に行われる医療ケアに対し、意思決定能力がある時に事前に医療に対する判断を決め、指示表明した書類であり、事前指示書(アドバンス・ディレクティブ)と呼ばれる。尚、事前指示書は、意思決定不能との診断が下された後に有効になる。 事前指示書の未作成の場合は、医療に関する意思決定の為に他者を指名しても良い。医師や病院は最も親しいであろう家族に依頼するが普通であり、家族に意思決定が委ねられるのが一般的である。身寄りの無い場合などはケアを監視する後見人や保護者、あるいは患者の友人が後見人として裁判所が任命するケースもある。
   事前指示書があれば、裁判所の介入が発生する必要なく、己に行われる医療に関する患者の意思が、確実に尊重されることになるだろう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア