ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

薬の毒性を引き出す過剰摂取
  薬の過剰摂取による毒性は、医師、薬剤師、患者自身の誤りなど偶発的な場合でも殺人や自殺に薬を故意に使用する場合でも、致死的な中毒反応を引き起こす可能性のある、深刻な反応であるとされる。
  効果が同じである2種類の薬があるなら、医師は過剰摂取による毒性の危険性が低い薬を選択するだろう。鎮静薬、抗不安薬、睡眠補助薬の使用を検討した場合、ペントバルビタールなどのバルビツール酸の薬ではなく、ジアゼパムやテマゼパムなどのベンゾジアゼピンの薬の処方が選択される。

  ベンゾジアゼピンはバルビツール酸より、効果は低い薬だが、安全範囲は広く、偶発か故意かに関わりなく、過剰摂取による重度の毒性を引き起こす可能性が低い薬である。フルオキセチンやパロキセチンなどの新型の抗鬱薬が、イミプラミンやアミトリプチリンなど、同様の効果を持っていた抗鬱薬に交替されることになった理由は、安全性を考慮してのことである。
  年少児は過剰摂取によるリスクも高く、成人向けの用量では過剰摂取になる危険性がある。成人向けの用量が入った錠剤やカプセルなどの薬は、子供が誤って口に入れることがないよう、保管場所や方法に充分な注意を払うべきである。アメリカでは連邦規制により、経口で服用する全ての処方薬は、小児による開閉が不可能な容器に入れ、調剤しなければならないとされている。

  財団法人日本中毒情報センターが、中毒110番と言う専用電話を設けている。同センターが扱う情報は、ウェブサイトによれば「タバコや家庭用品などの化学物質、医薬品、動植物の毒などで起こる急性中毒について、実際に事故が発生している場合に限定し」提供がされている。

  大阪中毒110番は365日、24時間対応で、番号は072-727-2499である。
  つくば中毒110番は365日9時~21時までの対応で、番号は029-852-9999であり、いずれも情報提供料は無料である。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

片頭痛の症状と治療
  頭の片側のみに中程度から重度のズイズキとした痛みを感じるのが片頭痛である。
片頭痛は、運動、光、音、においの影響を受けて悪化し、吐き気と嘔吐を生じる。

  片頭痛は、どの年齢でも起きる可能性があるが、その多くは、10~40歳で発症し、周期的に起きいた片頭痛が、50~60歳を境に症状が軽くなったり、片頭痛が全く起きなくなったりする。
  この片頭痛の多くが、女性に発症し、男性の約3倍近くになる。
  原因は、はっきりしていないが、家族間で起きる傾向があり、患者の半数以上で近親者に片頭痛を発症している人がいる。

  片頭痛のはっきりした原因は、わかっていないが、脳への動脈が狭くなった後に広がった後血管の近くにある痛みの受容体が活性化して起きるという考えや片頭痛の最も多いタイプと遺伝子の関連の研究が行われたりしている。
  また、女性ホルモンのエストロゲンが片頭痛のきっかけになっているのではないかと考えられている。
  特に思春期には、男子に比べ女子に多く片頭痛がみられ、人によっては、生理の最中や前後に片頭痛を起こすこともある。
  閉経と伴に片頭痛のコントロールが難しくなり、経口避妊薬とエストロゲン補充療法を行うことで片頭痛を悪化させることもしばしばである。

  他にも、不眠や気圧の変化、空腹などが片頭痛の引き金となることもある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

尿細管間質性腎炎の症状と治療2
   尿細管間質腎炎が徐々に発症する場合には、かゆみ、疲労感、食欲不振、吐き気、嘔吐、呼吸困難といった腎不全で現れる症状を生じる。

   尿細管間質腎炎は、腎生検を行う以外の方法では、診断を確定することができないが、生検は、原因が分からずにいる場合かステロイド薬による治療を検討している以外では、めったに行われることはない。

     尿細管間質腎炎が、突然発症した場合には、多くの場合で異常がみられるが、中には、尿にこれといった異常も見つからず、ごくわずかにタンパク質や膿を生じ汁こともある。

   尿細管間質腎炎は、原因となっている薬物を中止するか、基礎疾患の治療がうまくいくことで腎機能が改善する。
   しかし、腎臓にある程度の線維化は起こることになる。v 原因が、アレルギー反応によるものである場合には、ステロイド薬を使用した治療を行うことで腎機能の回復を早くすることができる。
   しかし、腎機能が悪化してしまい、腎不全になった場合には、透析による治療が必要となる。
   腎不全になった場合には、損傷が回復不能となっている場合、慢性の腎不全になることもある。

   炎症が徐々に発症した場合、様々な部位で腎臓の損傷がおき、その速度も様々である。
   損傷を受けた部分が近位曲尿細管である場合には、ナトリウム、カリウム、重炭酸イオン、尿酸、リン酸塩を再吸収することが正常にできなくなり、重炭酸イオン、カリウム、尿酸、リンの低下を招くことになる。
   遠位曲尿細管に損傷を受けている場合には、尿の濃縮をする機能が低下し、尿量が増えることになる。
   このようになると通常は、腎臓全体に損傷が及び、透析や腎移植の必要が生じてくる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア