ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

腎臓の損傷と治療
   尿路系器官の中でも特に腎臓は、損傷を負う事が多い。
   腎臓は、自動車の事故、転倒、スポーツ中などの鈍い力による損傷を負うことが多い。
   時には、銃で撃たれた傷や刺し傷といった鋭い力による損傷もある。
   また、腎臓結石で行う体外衝撃波結石破壊術や経皮的に行われる処置などの治療中に受ける損傷もある。

   腎臓に負った損傷は、治療を行わないままにしておくか重症である場合には、腎不全や高血圧、遅発性出血、感染といった合併症を引き起こす可能性がある。
   腎臓での損傷では、眼に見えるものから顕微鏡でしか見えないものまで、血尿があることでその可能性が高くなる。
   また、事故の経緯や本人の報告、診察を行うことが診断に役立つことになる。

   重症の腎損傷が起きて多量の出血が認められる場合には、低血圧や貧血を起こすことになる。
   わき腹の紫斑、シートベルトの跡、露骨下部の骨折、上腹部痛などの症状も腎損傷の疑いが考えられる。
   腎損傷の原因となるものが、鈍い力によるものの場合には、その多くが、軽症で血尿も顕微鏡でないと確認できない程度のことが多い。
   腎損傷の原因が鋭い力によるものの場合には、その傷を受けた場所から腎臓が損傷を受けているかどうかを判断することになる。

   腎損傷の場合には、迅速な治療を行うことでそのほとんどが回復をすることができる。
   治療としては、まず、失血を止める処置を行うことになり、血圧を正常範囲に維持する為の点滴も行い、尿の産生を促す。
   腎損傷も軽度の場合には、水分のコントロールをしっかり行い、ベットで安静にすることでほぼ完治することができる。
   しかし、損傷が重度の場合には、外科的な処置も必要となってくる。
   まれでは、あるが、損傷した腎臓を取り除く必要のあることもある。
   また、腎不全を起こすと治療は、一生に渡ることになる。
   他にも、高血圧、遅発性出血、感染症などの合併症を起こしている腎損傷では、治療が必要となってくる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

薬の毒性を引き出す過剰摂取
  薬の過剰摂取による毒性は、医師、薬剤師、患者自身の誤りなど偶発的な場合でも殺人や自殺に薬を故意に使用する場合でも、致死的な中毒反応を引き起こす可能性のある、深刻な反応であるとされる。
  効果が同じである2種類の薬があるなら、医師は過剰摂取による毒性の危険性が低い薬を選択するだろう。鎮静薬、抗不安薬、睡眠補助薬の使用を検討した場合、ペントバルビタールなどのバルビツール酸の薬ではなく、ジアゼパムやテマゼパムなどのベンゾジアゼピンの薬の処方が選択される。

  ベンゾジアゼピンはバルビツール酸より、効果は低い薬だが、安全範囲は広く、偶発か故意かに関わりなく、過剰摂取による重度の毒性を引き起こす可能性が低い薬である。フルオキセチンやパロキセチンなどの新型の抗鬱薬が、イミプラミンやアミトリプチリンなど、同様の効果を持っていた抗鬱薬に交替されることになった理由は、安全性を考慮してのことである。
  年少児は過剰摂取によるリスクも高く、成人向けの用量では過剰摂取になる危険性がある。成人向けの用量が入った錠剤やカプセルなどの薬は、子供が誤って口に入れることがないよう、保管場所や方法に充分な注意を払うべきである。アメリカでは連邦規制により、経口で服用する全ての処方薬は、小児による開閉が不可能な容器に入れ、調剤しなければならないとされている。

  財団法人日本中毒情報センターが、中毒110番と言う専用電話を設けている。同センターが扱う情報は、ウェブサイトによれば「タバコや家庭用品などの化学物質、医薬品、動植物の毒などで起こる急性中毒について、実際に事故が発生している場合に限定し」提供がされている。

  大阪中毒110番は365日、24時間対応で、番号は072-727-2499である。
  つくば中毒110番は365日9時~21時までの対応で、番号は029-852-9999であり、いずれも情報提供料は無料である。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

過敏性腸症候群の治療
   治療方法は、人によって異なる。
   特定の食品やストレスなど、原因が分かれば、その原因を避けるようにする。
   過敏性腸症候群の人、特に便秘になりがちな人は、規則的な運動で正常な消化管の機能を保てるようになるケースが多い。

   食事は標準的なものが最適だ。
   1回の食事量を少なくして回数を増やす方が、回数を少なくして1 回の食事で多く食べるよりもうまくいくようだ。
   腹部膨満や鼓腸がある人は、消化しにくい食品を避ける。
   また、人工甘味料のソルビトールの大量摂取も避ける。
   フルクトース(果糖)の摂取は少量に抑える。
   中には、脂肪の少ない食事が効果的な人もいる。
   過敏性腸症候群と乳糖不耐症の両方がある人は、乳製品を摂取してはいけない。

   繊維質の多い食事で症状が改善する人もいる。
   ただし、食物繊維の摂取量の増加で、腹部膨満や鼓腸などの症状が悪化する場合もある。

   消化管の機能を遅くする抗けいれん薬があるが、誰にでも効果があるわけではない。
   下痢の場合は下痢止め薬が有効だ。
   鼓腸やけいれんなどの症状には、アロマオイルが効果がある。

   情緒面の障害が原因の場合は、その障害を治療すれば、過敏性腸症候群の症状も改善される。
   抗うつ薬や作用の軽い精神安定薬などの薬屋、心理療法、催眠術、行動変容法などがある。

  

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア