ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

単純ヘルペスウイルス感染について 
   唇の日焼け、ある種の食品、不安、風邪、発熱など体の抵抗力を弱まると、再感染を誘発する原因となる。
   歯科治療が再感染を誘発する場合もあるので、口唇ヘルペスがある時は、治るまで歯科治療を延期すること。

   単純ヘルペスウイルス感染の再燃では、たいていは痛みに悩む程度だが、免疫システムに障害がある人は、命にかかわる病気になる。
   つまり、エイズ、化学療法、放射線療法、骨髄移植などで、免疫システムに障害がある場合だ。こうした人は、口に大きな潰瘍ができてしまい、しかもなかなか消えないので、食事の妨げになる。
   さらに、ウイルスが脳に到達すると、死に至ることもある。

   初感染ヘルペスの治療は、快眠・快食のために、痛みを軽減させる対症療法が中心。
   小児の場合、痛みのために食べたり飲んだりすることができないだけでなり、発熱すると急速に脱水が起こるので、水分をできるだけ多く飲ませること。

   成人や年長の小児の場合は、痛みを軽減するために、リドカインなどの麻酔薬を含むうがい薬が使用される。
   刺激を和らげるには、重曹を含むうがい薬がおすすめだ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジルベール症候群とビリルビン
   若年成人のときに定期健康診断で発見されることが多いジルベール症候群。その病気もビリルビン値がわずかに上昇する。ジルベール症候群は遺伝性の場合もある。この病気でもビリルビン値がわずかに上昇するらしいが、多くの場合は黄疸が生じるほどではなくて、治療しなくていいらしい。
   ビリルビンとは関係がなくて、大量のニンジンなどを食べると皮膚が黄色みを帯びることがあって、その場合では、このような変色は黄疸ではなく、また肝臓の病気とは無関係で、白眼の部分までは黄色にはならない。

   判別は難しく、黄疸の原因は、各種の血液検査や画像検査でわかるそうで、ウイルス性肝炎などの肝臓自体の病気が原因の場合は、肝臓の状態が改善するにつれて黄疸は軽快していき、胆管の閉塞が原因の場合は手術や内視鏡治療をできるだけ早く行い、閉塞した胆管を再び開通させるのである。内視鏡治療とは、内視鏡による観察と同時に、内視鏡装置に備わった処置具などを使って治療や外科処置を行うことで、詳しく判別していくとのことである。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

腎臓と尿路の病気の症状2
   腎不全でよく見られる症状に疲労感、吐き気、嘔吐、広範囲に及ぶ皮膚の痒みがある。
   この症状は、腎臓が弱っている為に排出することができなかった代謝性老廃物が蓄積してしますことで生じる。
   また、赤血球生産量の減少により疲労感が生じることもあり、これは、慢性腎不全でよく生じる症状である。

   むくみや腫れといった症状が現れることもあるが、これは、組織に体液が溜まってしまうことで起き、体重の増加にもつながる。
   特に目立つのが足首、足で、この他にも腹部や背中の下の方、手や顔にも症状が現れる。
   こういったむくみや腫れは、腎臓が水分やナトリウムなどの余分となったものを排出することができなくなるために生じる。
   また腎疾患で尿に大量のたんぱく質が流れでてしますことや、血液中のアルブミン濃度が低下してしまうことでも体液が循環血液中から組織に漏れだしてしまい起きる。

   こういった症状の他にも排尿に症状が出ることもある。
   通常、ほとんどの人が、1日に回数では、4~6回、量では、700~1900mlの量を排出しており、そのほとんどが日中に排出されている。
   しかし、頻尿のように利尿薬や血糖値の上昇などで尿の量が増えたり、尿感染症や結石、腫瘍といた膀胱刺激症状により1日の量は増えていないが回数が増えることもある。
   また、尿の濃縮を行っている腎臓に何らかの機能低下が生じることで尿の量が増えることもある。
   これは、逆に、特定の腎疾患などにより1日の尿量が突然減少することもある。

   他にも、腎疾患の初期段階の症状として夜間の尿の回数が増したり、尿道の一部が狭くなったりすることで起きる排尿困難など、尿には、様々な症状が現れる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア