ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

ビリルビンについて
   黄疸は皮膚や白眼の部分が黄色くなる症状で、その原因がビリルビンという色素である。過剰なビリルビンが腎臓を通して排泄されるため、尿は濃色になる場合があるそうで注意である。黄疸の原因によっては、かゆみ、便が薄色になるといった他の症状がみられ、たとえば、肝臓の急性の炎症(急性肝炎)では、黄疸とともに食欲不振、吐き気、嘔吐、発熱がみられることがあるらしいのだ。
   黄疸の原因であるビリルビンは、元はヘモグロビンである。赤血球が古くなったり、損傷したりしたものの多くが脾臓で血流から取り除かれ、その際にヘモグロビンが分解されて緑がかった暗い黄色の色素になり、これがビリルビンだ。ビリルビンは胆汁の成分として、血液によって、肝臓、そして腸の中に排出される。この排出の過程で、ビリルビンが胆汁として排出される速度の停滞で、血液中に、つまり、皮膚にビリルビンが蓄積されて、皮膚が黄色くなるという症状を引き起こす。

  しかし、ビリルビンの値だけでは肝臓の病気であるかの判別できない。それはビリルビン値が高い場合、肝臓の病気による場合と、肝臓以外の病気が原因である場合があるからで、たとえば、肝臓に炎症や線維化などの損傷があると、胆汁の中のビリルビンの排出が阻害され、また肝臓から小腸へと胆汁が流れる胆管が胆石や癌などでふさがっていると、ビリルビンの値が高くなる。

  赤血球が過剰に破壊され、肝臓の処理能力を超える大量のビリルビンが生成される場合もあり、これは新生児の黄疸で多くみられる原因だそうだ。子供がいるお母さんは気をつけるべきである。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

感染症を頻発する高免疫グロブリンE症候群
   高免疫グロブリンE症候群(高IgE症候群/ヨブ症候群)は、遺伝性の免疫不全疾患である。
   IgE抗体の数値が非常に高い一方、他の抗体値は正常値を示す特徴を持ち、感染症を頻発する。 高免疫グロブリンE症候群の患者は、細菌を捕食して殺す食細胞である、好中球に異常がみられる。
   原因は不明である。
   皮膚、関節、肺などの器官が、ブドウ球菌に感染し、骨が弱くなり、骨折を繰り返すなどの症状がある。
   湿疹、鼻詰まり、喘息などの、アレルギーを持つ患者もいる。
   また、目鼻立ちに独特の特徴を持つ場合もある。

   ブドウ球菌の感染の場合は、トリメトプリム‐スルファメトキサゾールなどの抗生物質の投与が、継続的あるいは断続的に行われる。
   寿命は肺感染症の重症度により異なる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

繊細なのに意外と丈夫? 体の構造と病 
  我々人間の体は果たして強いのか弱いのか。無理すると過労死になりそうだし、かと言って運動不足でも短命になると言われる。体そのものの耐用年数は本当は何年もつのだろう。
  人体の多くの器官は能力に十分な余裕があることが知られている。肝臓はその60%以上を取り除いても命に別状は無い。肺は片方が無くても生きていける。自然治癒や器官組織の自然代替例も知られている。つまり人間は本来強靭に設計された体を所有していることになる。
  一方わずかなダメージでも命の危険にまで及ぶ器官もある。昔から急所と言われる部分は解剖学的に弱い器官の部位を示しているのだ。脳卒中、心筋梗塞などの循環器系の異常と脳の損傷も致命的である。あるいは癌のように細胞の異常増殖で主人を死に至らせることもある。

  我々が病気になり体に不調を感じる場合は、体の組織にも解剖学的異変が起きていることが多い。解剖学的構造の変化により本来正常でなければならない組織への血流が妨げられたりすると、重要な組織が簡単に死んでしまう。心臓の弁に小さな異常があるだけで心臓の機能不全もおこる。

  このような体の内部を検査するために用いられる方法は画像検査である。X線検査(レントゲン)検査は手術切開せずとも体内の状態を観察できるため医療に大きな変革をもたらした。また、X線とコンピューターを組み合わせたX線CT(コンピューター断層撮影)検査により人体内部の詳細な断面像(2次元像)を得ることが可能となった。

  解剖学的構造の画像検査手法には他に、音波を使用する超音波検査、磁場の中での原子の動きを利用するMRI(磁気共鳴画像)検査、体内に注入された放射性化学物質を用いる放射性核種スキャン(アイソトープ検査)などがある。(一般的な医学的検査を参照)。これらの手法もレントゲン検査と同様、体を傷つけること無く体内を安全に観察することが可能である。

■本書の解剖学的理解を深める仕様
   解剖学的構造を知っておくことは医療や健康への理解を深める上で重要である。したがって本書の大部分のカテゴリにおいて器官系の解剖学的構造について解説し、わかりやすく情報を提供している。人体構造の基本的特徴を瞬時に理解できるように配慮した。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア