ピックアップ情報

  • pick up 1
  • pick up 2
  • pick up 3

周辺部角膜潰瘍について
  周辺部角膜潰瘍とは、時に、死に至る病気である。
  周辺部角膜潰瘍とは、角膜に炎症と潰瘍形成を生じる病気である。
  関節リウマチなどの結合組織病のある人に多くみられる。

  周辺部角膜潰瘍の原因は、自己免疫反応と考えられている。

  自己免疫反応とは、ちょっとわからない。
  自己免疫とは、何らかの原因で自分自身のたんぱく質に対する抗体が産生されることらしい。
  つまり、そうした反応に対して起こるという事なのか?
  原因不明とも言えるのだろうか?
  とにかく、原因は自己免疫反応というものらしいのだ。
  この病気の症状としては、
    (1) 視界がぼやける
    (2) 明るい光に対して過敏になる
    (3) 異物が眼に入って取れない感じがする
  などである。
  潰瘍は角膜の周辺部にでき、形は普通は楕円形である。
  中位なのは、関節リウマチと周辺部角膜潰瘍を患っている人である。
  というのは、治療を受けずにいると角膜潰瘍が現れてから10年以内に約40%が死に至るのである。
  その原因は主に心臓発作であるのだ。
  どういう関係があるのだろうか?

  治療には、免疫系を抑制する作用のあるシクロホスファミドなどの薬を使用するという。
  この治療法によって、10年以内の死亡率を約8%にまで減ることができるのである。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

<活性酸素を防ぐ栄養素を摂る4>ミネラルを摂る
   活性酸素は厳密にいうとSODという活性酸素を除去する酵素が除去し、細胞の酸化を防いでいます。このSODという酵素の活性化に欠かせない栄養素が、亜鉛、銅、マンガンという三種類のミネラルです。

   亜鉛を多く含む食品は、カキやゴマ、そら豆などで、銅は豆類やエビ、カニなどの魚介類など、マンガンは小麦や玄米の穀類、くるみやアーモンドといった種実類などに多く含まれています。

   また、細胞はその内側も外側も水分(体液)によって満たされ、そこには多くのミネラルが溶け込みさまざまな働きをしています。カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、セレンなどの必須ミネラルのほか50~60種類のミネラルが生命活動に関わっていると考えられており、これらのミネラルのバランスが崩れると、細胞の機能も低下してしまうと考えられます。

   特定の栄養素を集中的に摂るのではなく、必要な栄養素をバランスよく摂ることが大切です。

・カルシウムの多い主な食品  桜エビ、いかなご、ししゃも、パセリなど
・マグネシウムの多い主な食品 納豆、あさり、油揚げ、いくらなど
・リンの多い主な食品     たまご(卵黄)、いくら、すじこなど
・鉄の多い主な食品      しじみ、豆みそ、たまご(卵黄)など
・セレンの多い主な食品    魚介類、卵類、動物の内臓など

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Tリンパ球の機能不良で発症する慢性皮膚粘膜カンジダ症 
   慢性皮膚粘膜カンジダ症は、遺伝性の免疫不全疾患であり、Tリンパ球の機能不良により発症する。
   Tリンパ球が機能不全である為、酵母感染など、真菌感染と闘うことは出来ないが、他の感染症と闘う能力が低減をすることはない。

   真菌であるカンジダによる感染症のカンジダ症は、乳児期に発症する場合も、成人になって発症する場合もある。

   真菌は頭皮、皮膚、爪、口、眼、消化管、生殖管の粘膜などで生じる感染症と同様に、口内の感染症である鵞口瘡を生じさせる。
   症状の程度は爪1本程度の軽度である場合や、発疹が顔や頭皮に及び、外観を損なう重症の場合までと様々である。
   頭髪が抜ける場合もある。肝炎と慢性の肺不全を発祥するケースもあり、患者の多くに副甲状腺(上皮小体)の機能低下など、内分泌系の障害も発生している。
   感染の治療には、ナイスタチンや、クロトリマゾールなどの、抗真菌薬を皮膚に塗布する。 重症の感染には、イトラコナゾールなどの、強力な抗真菌薬を経口投与する。

   慢性疾患であるが、寿命に影響することはない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PRメディア