精神疾患における様々な治療


  精神疾患の治療法は大きく分けて、身体的治療(薬物療法、電気けいれん療法など脳に直接働きかけるもの)、言語や行動を介した治療(精神療法や認知行動療法、作業療法)、社会的な環境調整の3つに分けられる。 疾患の種類や重症度により治療法は異なるため、専門家の意見を仰ぐことが大切である。
  ストレスの緩和は症状の緩和に繋がる。このことから、精神疾患の症状の緩和のために、音楽療法、運動療法、ユーモア療法などが活用されることもある。精神障害者による音楽活動、病院でのユーモア活動なども、生きる喜びを取り戻したり他者との連帯感を生み出すなどの効果があり、高く評価されている。
  また、精神疾患を予防したり、精神疾患が寛解した後の再発防止のために、ソーシャル・スキルを習得したり、趣味やスポーツなどでストレスを適切に管理することも重要である。
  また、精神疾患に偏見や差別的な見方を持っている人もいるため、それが患者のストレスとなり、引きこもりがち、内向的になることもあるため、家族など周囲の人間が理解を示すことも必要である。遺伝子治療がガンの治療や先天性の病気などに使われ始めている。

  遺伝子は私たちの体の中にあって、体の働きを整えるための設計図のようなものである。ガンは一部の細胞の遺伝子に異常ができてガン細胞になったもので、先天性の病気の一部は、生まれつき遺伝子に異常があって病気になる。
  であるから、こうした異常な部分を補うような遺伝子を組み込むことで治療することができるのである。精神疾患については、一部のてんかんなどを除いて、ほとんどは、まだはっきりと遺伝子の異常が解明されていない。こうした場合でも、遺伝子治療が行われる可能性がある。それは、遺伝子の異常がわからなくても、どの部分の働きが異常になっているか、どの物質の出方が異常になっているかといったことが、ずいぶんと明らかになってきているからである。
  新しい遺伝子を組み込むことによって、その細胞の働きや、物質の出方を調節することができ、病気を治療することができるのである。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド