BDD(身体醜形障害)について 


   身体醜形障害(しんたいしゅうけいしょうがい、BDD)とは、自分の身体や美醜に極度にこだわる症状である。他人から見れば容姿に欠点などとは思わない部分であるのに、自分では醜いとこだわってしまう病気である。
  他人が何を言っても納得しようとせずに、美容整形で手術を受けたり、化粧や洋服で隠したり、家にひきこもりになってしまう。容姿に見たところ欠点を思えるところはないのに、「目が細い」「鼻が低い」「あごがひゃくれている」などという女性がいる。他人から言われたという訳ではないのに、その人個人の見方、感じ方、考え方で評価してしまうのである。

  容姿の欠点にこだわりがとても強く、暇さえあれば鏡を見続ける。醜いとこだわる身体の部分は、髪の毛や皮膚、鼻が多く、手足や体全身まで行き渡り、醜い部分はマスクやサングラス、帽子や化粧、衣類で隠す。この醜い部分さえ良くなれば、人生はバラ色に明るく楽しく暮らせるのにとまで考えてしまうのである。
  美容整形で手術を受けたいと思っている、または手術を受けても満足はしていないのである。ブザマな格好を他人に見られたくない、笑われたくないと、人前に出ることも嫌になり、ひきこもりになることもある。 身体醜形障害は、実際よりも低い自己の身体的なイメージが原因であり、一種の心気症とみなされる。
  障害者は、実際には容姿は普通または普通以上であることが多いと言われ、1日に何時間も自分の肉体的な欠陥について考えるようになり、極端に社会から孤立してしまうとされている。

  男性の場合、第二次性徴によって男らしく変化した部分を嫌い、幼児期のままの自分でいたいと思う傾向が強いとされている。
  また、女性の場合は、母親や姉妹など周囲の身体に対する優劣を意識する傾向が強いとされている。身体醜形障害患者は、顔のみの場合は男性に多いが、身体全体の場合は女性に多いといわれる。

  悩みのきっかけは容姿をからかわれたり、注目を浴びる場に立った時に失敗したりしたことが原因として多いようである。醜さは、失敗して傷ついた心を容姿で現したのではないかと言われている。内面の失敗を、外面の醜さに代えたのかもしれないのである。 自分では病気だと思っていない。
  本人がこだわり続け、「手術したい」と言うようになると受診した方がいいであろう。でも、美容整形や形成外科で手術を受けても本人は納得しない。何度も手術を繰り返したり、ひどい時には、医師を訴えたりする。悩みがなくなり、心が豊かになれば、容姿も気にならなくなるであろう。周りから「気にならない」「大丈夫」などと言っても、本人のこだわりは持ち続けるので、外見がきれいでも、わずかな醜さを大きく感じて、治したいと言うのである。
  一緒に美容整形に行くよりも、先に専門医に相談してみた方がいいであろう。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド