身近な存在である「脅迫からなる障害」 


   強迫性障害とは、簡単にいうと「わかっちゃいるけどやめられない 症候群」である。自分でも不合理だと思いながら何回も繰り返すので、本人にとっては大変つらい病気である。
  よくみられるものは、トイレに入った後何回も手を洗う、ドアのカギをかけたかどうか、ガス栓をしめたかどうか何回も確認するというものである。
  本来これらの行為は安全を確保するために誰でも行うが、それが何回も何十回も確認しないと気がすまない状態になると社会的に支障をきたすことになり、何らかの治療が必要となるのである。
  強迫には、強迫観念強迫行為がある。
  強迫観念とは、特定の考え(観念)が頭に思い浮かび、何回も同じ考えを繰り返すものである。そして、「夜、泥棒に入られたらどうしよう」とか「明日、大震災が起きたらどうしよう」というような不安に悩まされるようになる。
  強迫行為とは、不潔を恐れて何回も手を洗う、火事にならないように火の元を何回も確認する、仕事でミスをしないように書類を何回も見直すといったものである。普通の人は1、2回確認すると安心して次の行動に移れますが、強迫の人は1時間も2時間も同じことを繰り返して次に進めなくなるのである。

  神経心理学の研究によれば、強迫性障害の人は「カギをかけた」という自分の行動を脳の記憶の中にしまいこむことには異常はないのだが、「カギをかけた」記憶を思い出す(想起する)ことが困難になっていることがわかっている。そのために、カギをかけたかどうかという疑問が生じ、「泥棒に入られるかも知れない」という不安が強くなって、またカギを確認するということを繰り返す。

  このように強迫観念や強迫行為があって社会的な生活が支障をきたしている場合に、強迫神経症(強迫性障害)と診断する。強迫に関連する病気としては、摂食障害、 書痙(しょけい)、痙性斜頸(けいせいしゃせい)、アルコール依存症、ギャンブル依存症、小児のチックや抜毛症などがある。これらは、いずれも自分でも不合理だと思いながらも同じ行動を繰り返して自分でコントロールできない病態と考えられる。

  強迫性障害の治療において重要なことは、まず、この病気について正しく理解することである。強迫性障害による強迫観念や強迫行為は性格や性質だからしかたがない、というものではない。適切な治療を早期に開始すればよくなることが多いと言われている。 また、強迫性障害は症状が多様であり見分けにくい疾患であるため、専門医を受診して正しい診断を受けることが大切である。 強迫性障害の治療は「薬物療法」と「認知行動療法」の2つを中心として行われる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド