流行しているPTSDについて


  心的外傷後ストレス障害とは、心に加えられた衝撃的な傷が元となり、後になって様々なストレス障害を引き起こす疾患のことである。

   心の傷は、心的外傷またはトラウマ(本来は単に「外傷」の意だが、日本では心的外傷として使用される場合がほとんどである)と呼ばれる。
   トラウマには事故・災害時の急性トラウマと、児童虐待など繰り返し加害される慢性の心理的外傷がある。よって心的外傷後ストレス障害は、地震、洪水、火事のような災害、または事故、戦争といった人災や、テロ、監禁、虐待、強姦など犯罪など、多様な原因によって生じうる。 以下の3つの症状が、心的外傷後ストレス障害と診断するための基本的症状であり、これらの症状が1か月以上持続している場合には心的外傷後ストレス障害、1か月未満の場合には急性ストレス障害と診断する(DSM-4 TR)。

☆精神的不安定による不安、不眠などの過覚醒症状
☆トラウマの原因になった障害、関連する事物に対しての回避傾向
☆事故・事件・犯罪の目撃体験等の一部や、全体に関わる追体験(フラッシュバック)
……患者が強い衝撃を受けると、精神機能はショック状態に陥り、パニックを起こす場合がある。そのため、その機能の一部を麻痺させることで一時的に現状に適応させようとする。そのため、事件前後の記憶の想起の回避・忘却する傾向、幸福感の喪失、感情鈍麻、物事に対する興味・関心の減退、建設的な未来像の喪失、身体性障害、身体運動性障害などが見られる。特に被虐待児には感情の麻痺などの症状が多く見られる。精神の一部が麻痺したままでいると、精神統合性の問題から身体的、心理的に異常信号が発せられる。そのため、不安や頭痛・不眠・悪夢などの症状を引き起こす場合がある。とくに子供の場合は客観的な知識がないため、映像や感覚が取り込まれ、はっきり原因の分からない腹痛、頭痛、吐き気、悪夢が繰り返される。 主に以下のような症状の有無により、診断がなされる。
☆恐怖・無力感
……自分や他人の身体の保全に迫る危険や事件その人が体験、目撃をし、その人の反応が強い恐怖、無力感または戦慄に関わるものである。 ☆心的外傷関連の刺激の回避や麻痺
……心的外傷体験の想起不能や、感情の萎縮、希望や関心がなくなる、外傷に関わる人物特徴を避ける等。 ☆反復的かつ侵入的、苦痛である想起、悪夢(子供の場合はっきりしない混乱が多い)やフラッシュバック、外傷を象徴するきっかけによる強い苦痛
☆過度の覚醒外傷体験以前になかった睡眠障害、怒りの爆発や混乱、集中困難、過度の警戒心や驚愕反応
……これらの症状が1か月以上持続し、社会的、精神的機能障害を起こしている状態を指す。症状が3か月未満であれば急性、3か月以上であれば慢性と診断する。大半のケースはストレス因子になる重大なショックを受けてから6か月以内に発症するが、6か月以上遅れて発症する「遅延型」も存在する。
☆記憶
……現在から過去にさかのぼる「出来事」に対する記憶が、診断に重要である。しかしながら、
1)重大な「出来事」の記憶
2)それほど重大でなかったが事後的に記憶が再構成される
3)もともとなかった「出来事」が、あたかもあったかのように出来事の記憶となる
  という3つの分類ができる点に留意する必要がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド