動脈瘤が起こるメカニズムについて


   動脈瘤は血管の壁動脈壁が薄くなって大きく膨らんでくる病気のことで、普通は大動脈にできる。風船のように膨らむものから全体的に膨らむものまであるが、動脈がこぶのように膨らんでも血管の機能が低下することがないので、ほとんどが無症状である。しかし、治療しないで放置すると、破裂して内出血をおこしたり、命を失うなど恐ろしい病気なのである。

   ・どこにできる?
動脈があればどこにでもできる可能性があるが、大動脈瘤の大部分は腹部を通過する部分(腹部大動脈)で最もよく見られる。次に心臓に近い胸部を通過する部分(胸部大動脈)で発生、ひざの裏側にある膝窩動脈、太ももの主要動脈である大腿動脈、頭部へ血液を供給する頚動脈、脳へ血液を供給する脳動脈、心筋へ血液を供給する冠動脈に発生することがある。高齢者の場合、腹部大動脈が腸骨動脈と分岐するような動脈の分岐部分や膝窩動脈などの圧迫されることが多い部位にもできやすい。それから、動脈瘤は丸い嚢状とチューブのような紡錘状の2種類に形態に分けられるが、多いのは紡錘状である。

   ・原因
   主な原因は動脈硬化である。動脈硬化により血管の壁が薄くなり、だんだん大きく膨らむことにより起こると言われている。まれな原因としては外傷や大動脈炎、マルファン症候群のような遺伝子性結合組織障害、梅毒などの感染症などが挙げられる。高齢者の大動脈瘤は動脈硬化が原因によるものが多い。高血圧の患者は血管に常に高い圧力がかかりやすいため、他にも排尿困難、便秘などでおなかに力をかけたりすることが多いときに動脈瘤になりやすいと言われている。
   動脈瘤の内部では血流が滞りやすくなるため、よく血栓が形成される。血栓は動脈瘤の壁全体に広がることもあり、血栓がはがれて塞栓になって流れると他の部位で動脈に詰まることもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド