腹部大動脈瘤はとても身近な病気である


   腹部大動脈瘤とは、大動脈の腹部通過部位(腹部大動脈)に発生する動脈瘤のこと。
   腹部動脈瘤は特に50~80代の男性に多く発生、家族性の傾向があり、高血圧の人、そのなかでも喫煙者に多く見られる。

   ・症状
腹部大動脈瘤になると、腹部の拍動感に気づたり、腹部に拍動性腫瘤を触れることがある。動脈瘤が小さかったり肥満で腹部に志望がたまっていたりする場合はわからないこともあり、超音波検査やCT検査で始めて発見されることもまれではない。
   また、体の深部や背中に突き刺すような痛みを感じるような症状を引き起こすこともある。もし、動脈瘤から血液が漏れ出しているとひどい痛みが続き、破裂した場合は激烈な腹痛や腰痛がでてくる。破裂による出血がひどい場合は急速にショック状態に陥り、大出血して死に至ることも多くある。

   ・診断
   動脈瘤は症状に気づかないことも多く、定期健康診断や別の病気でX線検査や超音波検査などを行った際に偶然見つかることも多い。自覚症状として痛みは診断は役立つが遅くなってから現れる手がかりである。

   触診では、腹部の正中線に拍動するかたまりを触れることができる。聴診器をこの部位にあてると血液が動脈瘤を勢いよく流れるときに生じるシューという雑音が聞かれるが、肥満の人では大きな動脈瘤があっても発見できないことがある。動脈瘤が急速に大きくなって破裂しそうになると痛みが生じ、腹部を触診すると圧痛を感じる。
   時々、腹部X線検査によって壁内にカルシウムの沈着した動脈瘤が見つかることもあるが、この検査法からはほとんど情報が得られない。その他の検査は、動脈瘤の発見と大きさの測定に役立つ。普通は、超音波検査で動脈瘤の大きさを明確に知ることができる。動脈瘤が見つかった場合には、超音波検査を数カ月おきに行い、動脈瘤が大きくなっているかどうか、どのくらいの速度で大きくなっているかを判定したほうがいい。

   X線を通さない造影剤を静脈内に注射して行う腹部造影CT検査では、超音波検査よりも正確に動脈瘤の大きさと形状を確かめることができるが、費用は高価である。MRI検査も正確だが、超音波検査やCT検査よりもさらに高額の費用がかかる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド