気になる心血管系の診断内容


   医師はまず問診で、胸痛、息切れ、動悸、脚や足首、足、腹部の腫れやむくみ(浮腫)の場合、心疾患を疑う。発熱、疲労感、筋力低下、食欲不振、寒けや不快感など、他のより一般的にみられる症状で心疾患を疑うこともある。

   痛み、しびれ、脚の筋肉のけいれんは、心臓以外の、腕、脚、胴体の動脈の末梢血管疾患を疑う。その後、以前かかった感染症、化学物質にさらされた経験、薬の使用、飲酒歴、喫煙歴、自宅や職場の環境、などについて問診をする。家族に心疾患や心血管系に影響するその他の障害があるかどうかも問診する。診察の間、医師は患者の体重や全身状態を記録し、心疾患を示す可能性のある顔の青白さ、汗、眠気などを調べる。

   心疾患が影響を与える場合がある全体的な気分や感情についても記録している。チアノーゼなど皮膚の色が青っぽく変化するのは貧血や血流の低下を示すため、皮膚の色の観察は重要である。このような所見は、肺疾患、心不全、さまざまな循環障害などにより血液中から十分な酸素が皮膚に届いていないことを示している。

   首、わきの下、ひじ、手首、腹部、鼠径部、膝、足首、脚の動脈の脈を測り、血流が十分かどうか、体の左右が同じ状態になっているかどうか、血圧や体温も測る。何か異常があれば、心血管系の障害を疑う。首の静脈の視診は、上体を45度傾けた状態で行う。この静脈は、体中から酸素を失って戻ってきた血液を受け取る心臓上部の右心房と直接つながっており、心臓の右側に入っていく血液の量と圧力の指標となるのである。

   皮膚の下の組織に体液がたまって浮腫となっていないかどうか、足首や脚、ときには背中の下側を圧迫して調る。心疾患であるかどうかを調べる検査は種類がいくつかあるため、参考までに記載する。心電図検査、運動負荷試験、携帯型心電計による連続記録、電気生理学的検査、ティルトテーブル検査、X線検査、CT検査、CT血管造影検査、X線透視検査、心臓超音波検査とその他の超音波検査、MRI検査、磁気共鳴血管造影、核医学画像検査、ポジトロンCT検査、心臓カテーテル検査と冠動脈造影検査、肺動脈カテーテル検査、中心静脈カテーテル検査、末梢血管造影検査、以上、多数の検査が必要とされる。

   もちろんそれ以外にもいくつかの検査が必要な場合もある。問診の時点で、心疾患と判断される場合もあるかもしれないが、基本的にはやはりいくつかの検査が必要である。心電図などの何の苦痛も無い検査もあれば、必要であればだが動脈にカテーテルを挿入したりといった、苦痛を伴う検査もある。しかし、もしカテーテル挿入の検査を受けるとしても、心疾患の可能性が高いのであれば治療が必要であり、検査は受けるべきである。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド