心血管系の病気とは一体どのようなものか


  心血管系疾患
とは、心臓または血管に生じる病気のことをさす。パターンは2つに別れ、心疾患と末梢血管疾患になる。

   心疾患とは心臓、心筋に血液を供給する血管に起こるもので、末梢血管疾患とは手足と胴体の血管に起こるものだが、心臓を養う血管は除くというものである。

   脳に血液を供給する血管に問題が起こった場合は、脳卒中などの症状が現れる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド