実は深い、高血圧


  血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態である。高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いが、虚血性心疾患(冠動脈の閉塞や狭窄などにより心筋への血流が阻害され、心臓に障害が起こる疾患の総称)、脳卒中(脳血管障害のうち急激に発症したもので、脳血管発作と呼ばれる)、腎不全(腎機能が正常時の50%を下回った状態。または症候。

   治癒の可能性が比較的高い急性腎不全と、大半は不可逆状態に陥る慢性腎不全に大別される)などの発症リスクとなる点で臨床的な意義は大きい。高血圧は、普通に生活していくのに必要な臓器が損傷を受けるまで、何年もの間、まったく症状が現れないことが多い。生活習慣病の一つに数えられる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド