心臓の構造と奥深いその役割


   心臓とは、脊椎動物における筋肉質な臓器であり、構造は人の心臓は二対の心房・心室、つまり右心房、左心房、右心室、左心室から成る。
   心臓のサイズは握りこぶしほどの大きさである。
   心臓は血液の逆流を防止するために4つの弁を持っている。

   弁は右心房と右心室、右心室と肺動脈、左心房と左心室、左心室と大動脈の間に存在し、それぞれ、三尖弁、肺動脈弁、僧帽弁、大動脈弁と呼ばれる。 それぞれの心室には血液を取りこむ弁と、血液を送り出す弁となっている。
   ご存知の方も多いだろうが心臓の基本的な役割は、律動的な収縮によって血液の循環を行うポンプの役目を担っている。
   心筋には、筋肉の収縮・拡張により血液を送る固有心筋と、固有心筋を動かすための電気刺激の発生と伝導を行っている特殊心筋がある。
   電気刺激は右心房にある洞房結節から発生し、心房を介し右心房の下方にある房室結節へと伝わる。

   この刺激により心房の収縮が行われるのだ。
   更に電気信号は房室結節からHIis束、右脚、左脚ブルキンエン線維へと伝導し、心室へと電気刺激が伝わっていく。
   ここで、心房と心室とでは、電気刺激を受ける時間差があるために、心房の収縮に遅れて心室の収縮が起こる。
   これにより心房から心室へと血液をうまく送ることが出来る。
   洞房結節、房室結節、His束、右脚、左脚プルキンエ線維を合わせて刺激伝導系と呼ぶ。
   右心房には容量受容器があり、静脈還流量が増加して右心房が伸展されると、心房性ナトリウム利尿ペプチド (ANP) を分泌する。

   ANPは腎臓に働いてナトリウム排泄を促進することで体液を減少させる。
   同様に心室が伸展されると、心室筋からはANPに似たホルモン脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP) が分泌され、一部の心不全状態で血中濃度が上昇する。
   よく心臓は左胸にあるといわれるが、実際には左右の肺の中間、つまり胸のほぼ中央にある。

   心臓は形状が中央よりやや左に寄っている。
   このため、左胸のほうが右胸よりも心臓の鼓動を感じやすいことからこのような誤解が生じたものと考えられる。

   人の心臓は、環形動物・軟体動物・節足動物における似たような役割の構造となっており、ある程度規模の大きな多細胞な動物において、細胞が代謝を維持するには常に血液によってエネルギー源や酸素を受け取り、老廃物や二酸化炭素を運び出す必要がある。
   そのため、心臓が機能を停止することは生物の存続条件の一つである代謝・呼吸ができなくなることであり、通常は個体の死を意味する。

  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド