うつ病と躁病などの精神障害 


   最近の社会情勢のせいかどうかはわからないがうつ病患者数が猛烈な勢いで増加している。特にうつ病は「心のカゼ」とも言われており、特殊な病気でもなんでもなく、誰でもなってしまう可能性がある病気になっている。

   また、それと正反対の症状を引き起こす躁病(そうびょう)、躁とうつを交互に繰り返す躁うつ病もある。いずれも、何らかの脳の変化によって引き起こされていると考えられるが、果たして脳の何がどう変化しているのだろうか。

   躁病とは、わかりやすく言うと、ハイ状態になっていることである。普通だった人がある日突然生まれ変わったかのように豹変するのが特徴である。普通と比較して異常なほど高揚していて、よくおしゃべりするようになり、睡眠時間が少なくても平気で、猛烈に活動的になる。まあ、支障のない範囲でハイなだけならいいのだが、症状が進行すると実生活に影響を及ぼすようになる。

   妙に明るい反面ちょっとのことで怒り出す、集中力が低下する、自分は何でもできると考えるようになり自尊心が増大する、さらに気分が高揚しすぎているため金遣いが荒くなり、浪費するようになる。そして、さらに症状が悪化すると今までの反動がきたかのように極度のうつ状態になる。躁病は一見妙に明るい人という印象しか受けないので、それほど深刻に受け取られていないようだが、躁病患者は自分が躁状態であるという認識が全くないのが問題である。

   できもしない仕事を軽々しく引き受けてできなくても何も悪びれることがなかったり、家計に余裕があるわけでもないのに勝手にお金を使ってしまったりと、本人よりも周囲に悪影響を与えてしまうので、仮に症状が治まったとしてもその後の人間躁病に対し、一般的にも広く認知されているのがうつ病である。

   うつ病は躁病と全く逆の症状で、妙に暗くなる、考え方が悲観的になる、やる気が出なくなる、よく眠れなくなる、などの症状が現れる。それ以外にも、食欲がなくなる、頻脈・頻尿、吐き気、過呼吸など、身体的な症状が出る人も多いので、本人もうつだと自覚するケースが多い。しかし、逆に身体的症状は出ているけれども、気分的にふさぎこんでいる自覚がない人が実はうつ病だったというケースがある。

   これは「仮面うつ病」と呼ばれていて、普通のうつ病と違って自覚がないため、気が付いたら重症化していたといったケースが多い。うつ病患者ははたから見て「最近話しなくなったなー」くらいの印象しか受けないが、うつ状態の人の中は悲観的な考え方が支配しているので、ある日突然取り返しの付かない行動に出ることもあるのである。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド