うつ病を治すために必要なこととは


   もし人間に悲しみも苦しみもなかったら、喜びも幸せもないかもしれない。どんな悲しみの中にあっても、真っ暗な夜がいつかは必ず明けるように、いつかは気持ちは晴れ、新しい朝が訪れるものである。過去の悲しみや苦しみが、 一種の懐かしさとともに思い出されることもあるだろう。

   ところが、うつ病の人が経験する暗い気持ちには、光が差すことはない。夜は永遠に続くのである。励ましやなぐさめは空々しく感じられ、逆に絶望感を募らせるばかりである。うつ病の悲しみはふつうとは質の違うものである。

   うつ病は病気である。ただし 、治る病気である。しかも治療は比較的簡単である。薬を中心とした治療で、8割以上の人が2~3週間で回復に向かう。つまり、治療さえすれば、うつ病は大した病気ではないのである。

   ただ一番の問題は、うつ病の人の半分以上が治療を受けていないことである。その理由はいろいろある。うつ病になりやすいのは真面目で責任感の強い人が多く、自分の問題は自分で解決しようという傾向が強いこともそのひとつである。また、周囲の人も、心の問題は医療の対象ではないと考えがちである。こうしたことのために、治療が遅れたり、まったく治療されなかったりということが起こるのである。
   治療しなければ、うつ病は悲惨な病気である。

   うつ病の絶望感はとてもつらいものである。将来には希望がまったく持てないばかりか、過去の自分の小さな行為に大きな罪悪感を持つこともあり、物事に対する意欲や興味は失われ、それまで好きだった趣味も楽しめないのである。仕事もできず、自分がまったく価値のない人間に思えてきて、イライラが増してくることもあるのである。

   深い悲しみも時が解決してくれる。うつ病の人を前にして、このように考えること は、本人をさらに苦しめることになる。うつ病の人は、将来の希望を信じること ができないものである。治療しなければ、うつ状態は一年以上続くこともあり、自殺の心配もある。うつ病による自殺は、適切に治療を受けていればほとんどが避けることができるはずである。 心の不調は体にも影響する。朝早く目が覚めてしまい眠ることができず、そのため十分な休息を取れないことが状況を悪化させる。食欲もなくなり、たとえ食べても味を感じられなくなる。頭痛や全身のひどいだるさを感じ、何かほかの重い病気にかかってしまったと思うこともよくある。体の不調を自覚しながら、いろいろな検査を受けても何の異常もない時も、うつ病の可能性が大である。

   脳は、絶えず活発に働いており、脳の中では、化学物質が作られ、その物質が分泌され、電気も起こっている。こうした活動に、体の運動や感覚はもちろん、喜びや悲しみ、そして体の調子を感じとるというような脳の働きが支えられているのである。

   うつ病ではこうした化学物質の活動の調子が一時的に乱れていると考えられている。このため、健康な時とは質の違った悲しみや苦しみを経験するのである。その乱れの根本的な原因はまだよくわかっていない。

   ストレスや悲しい出来事が引き金になることもあれば、何のきっかけもなくうつ病になることもある。もちろん遺伝的な体質も関係する。
   はっきりしていることは、うつ病で起こっている脳内の不調は、医学的な治療によって治すことができるということである。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド