神経性無食欲症(拒食症)を治すには 


   WHOの発行している、ICD-10という診断基準では、神経性無食欲症とは体重(Kg)を身長(m)の二乗で割った数が17.5以下で、体重が増えることに対して恐怖を感じ、体重によって自己評価が影響される状態のことを指す。

   女性の場合は月経が三回以上なくなったりする。体重を身長の二乗で割った数はBMI(The Body Mass Index)と呼ばれ、例えば身長が160cmで 体重が55kgの人は55÷(1.6×1.6)で、BMIは約21.5になり、19から25の間が普通の値である。
   「神経性無食欲症」という名前から、食欲を感じないのか、と思ってしまうかも知れないが、実際には「食べたい」という衝動は大変強いものである。そしてこの衝動が抑えられないのではないか、いったん食べだしたら自分では食べることを止められなくなり、体重が際限なく増えてしまうのではないか、と恐怖を感じる。

   そのため、全く食事を取らない人や、大量に(時には10000Kcalを超えるほど)食べては自分で無理に吐いたり、下剤を乱用して食べた食事を外に出そうとする。当然身体にも影響が出る。よくみられるものに筋力低下、消化器症状、電解質異常、骨粗鬆症などがある。
   摂食障害の原因には様々なものがあり、一つの側面だけを取り上げてこれが原因だ、ということはできない。摂食障害に何らかの影響を与えている、と思われるものがいくつかあるだけである。まず、摂食障害になるきっかけは、ちょっとしたダイエットがきっかけのことが多い。はじめは少し痩せられればいいと思っていても、食事を取らずに一度飢餓状態になると、正常な思考ができなくなってくる。

   そして当初の目標を達成しても、食べるとまた元の状態に戻ってしまうのではないか、と考えるようになり、食事の量を元に戻すことができなくなる。そして、ダイエットのきっかけを作るような、社会的な状況がある。これはただ、痩せていることを美しいと思うというだけではなく、痩せていれば社会的に成功するとか、痩せている方が健康であるとか、痩せている方が意志が強いとか、そう考える社会風潮がダイエットのきっかけを作ることになるのである。

   そして痩せていることが自尊心と結びつくことになる。ところが実際には極端に痩せている人は健康とは程遠く、社会的に成功するとか自立しているとかいったこととは無関係であることは客観的に考えればわかることだろうと。このように、色々な原因が考えられるが、前述のような原因がぴったりと当てはまる場合は実際には少数であり、多くの場合、人それぞれの原因をカウンセリングの中で見つけていく必要がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド