離人症性障害における情報


   離人症性障害の人は、持続的に、あるいは反復的に、自分の体や精神機能から遊離している感覚があり(離人症)、自分の人生を外側から観察しているように感じる点が特徴である。

   離人症は不安や抑うつに次いで3番目によくみられる精神症状で、事故、暴行、重大な病気、けがなど、生命を脅かす危険な事態を経験した後にしばしば起こる。自分の外の世界や自分自身に対する実感が薄れてしまう症状のこと。離人症性障害の人は、持続的に、あるいは反復的に、自分の体や精神機能から遊離している感覚があり(離人症)、自分の人生を外側から観察しているように感じる点が特徴である。

   離人症は不安や抑うつに次いで3番目によくみられる精神症状で、事故、暴行、重大な病気、けがなど、生命を脅かす危険な事態を経験した後にしばしば起こる。自分の外の世界や自分自身に対する実感が薄れてしまう症状のこと。

   「周りの世界がいきいきと感じられない」「自分が自分でない感じがする」「鏡で自分の顔を見ても、自分のものという実感がない」などの症状がある。軽い症状は疲労がたまってくると誰にでも出ることがあるが、脳や精神的な病気が原因の場合もあるので注意が必要。離人症性障害についてはあまり研究が行われていないため、その原因や発生率は今のところ不明である。

   離人症性障害の人は、自分のアイデンティティ(自己同一性)、肉体、人生についての認識にゆがみがあり、そのために落ち着かない気分になります。症状は一過性のこともあれば、何年間も続いたり、あるいは繰り返し生じる場合もある。この障害をもつ人の多くが自分の症状をうまく表現できず、自分は正気を失うのではないかと恐れたり、思いつめたりする。
   離人症性障害は、軽微で一時的な障害で、目につくような行動への影響はほとんど現れない場合もありる。他の精神障害に伴って生じたり、他の精神障害が引き金となって起こる場合も多く、中には自分の障害に適応し、その影響を押しとどめることができる人もいる。

   一方、自分の精神状態についての不安に絶えず苦しめられ、正気を失うのではないかと心配し、自分の体についてのゆがんだ認識や、自分自身と周囲からの離脱感について思い悩む人もいる。精神的苦悩が高じたために、何もできなくなる場合もある。

   離人症性障害は、その症状に基づいて診断される。まず各種の検査を行って、体の異常(けいれん性疾患など)、薬物の乱用、他の精神障害の可能性がないことを確かめ、心理検査や特殊な面接法が診断に役立つ場合もある。
   離人症性障害の多くは、治療しなくてもよくなることがある。障害が持続性または再発性の場合や、本人の苦痛を伴う場合に限り治療を行う。力動的心理療法、行動療法、催眠療法が効果を示したとの報告がある。鎮静薬や抗うつ薬も有効な場合もある。何らかのストレスが発症にかかわっている場合には、その対処も必要である。

   「周りの世界がいきいきと感じられない」「自分が自分でない感じがする」「鏡で自分の顔を見ても、自分のものという実感がない」などの症状がある。軽い症状は疲労がたまってくると誰にでも出ることがあるが、脳や精神的な病気が原因の場合もあるので注意が必要。離人症性障害についてはあまり研究が行われていないため、その原因や発生率は今のところ不明である。

   離人症性障害の人は、自分のアイデンティティ(自己同一性)、肉体、人生についての認識にゆがみがあり、そのために落ち着かない気分になります。症状は一過性のこともあれば、何年間も続いたり、あるいは繰り返し生じる場合もある。この障害をもつ人の多くが自分の症状をうまく表現できず、自分は正気を失うのではないかと恐れたり、思いつめたりする。
   離人症性障害は、軽微で一時的な障害で、目につくような行動への影響はほとんど現れない場合もありる。他の精神障害に伴って生じたり、他の精神障害が引き金となって起こる場合も多く、中には自分の障害に適応し、その影響を押しとどめることができる人もいる。

   一方、自分の精神状態についての不安に絶えず苦しめられ、正気を失うのではないかと心配し、自分の体についてのゆがんだ認識や、自分自身と周囲からの離脱感について思い悩む人もいる。精神的苦悩が高じたために、何もできなくなる場合もある。

   離人症性障害は、その症状に基づいて診断される。まず各種の検査を行って、体の異常(けいれん性疾患など)、薬物の乱用、他の精神障害の可能性がないことを確かめ、心理検査や特殊な面接法が診断に役立つ場合もある。
   離人症性障害の多くは、治療しなくてもよくなることがある。障害が持続性または再発性の場合や、本人の苦痛を伴う場合に限り治療を行う。力動的心理療法、行動療法、催眠療法が効果を示したとの報告がある。鎮静薬や抗うつ薬も有効な場合もある。何らかのストレスが発症にかかわっている場合には、その対処も必要である。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド