DCMとは一体どんな病気か


   拡張型(うっ血型)心筋症とは、心室の筋肉の収縮が極めて悪くなり、心臓が拡張してしまう病気。

   日本でのかつて統計によると、診断されてから5年生存している患者は54%、10年生存は36%とされていたが、最近では治療の進歩により生存率は76%と向上している。
   死因としては、心不全と不整脈等だ。
   また、不整脈や心不全の重い人では、心臓の腔内に血の塊(血栓)ができて、それがはがれて血流に乗って流れると脳の血管などにつまって脳梗塞を生じる。
   無症状の人が多い病気。

   症状は、自覚症状として動悸や呼吸困難がみられ、はじめは運動時に現れるが、症状が進むにしたがって、安静時にも出現し、夜間の呼吸困難などを来す。
   また、心機能の低下が進むと、浮腫や不整脈が現れる。
   不整脈で重要なものには、脈が1分間に200回以上になる心室頻拍があり、急死の原因になるが、逆に、脈が遅くなる房室ブロックがみられることもある。
   胸部エックス線写真では心臓の拡大がみられ、心不全状態になると肺にうっ血所見が現れる。

   心電図ではさまざまな異常所見があり、心エコー検査では心室腔、特に左心室内径の拡大がみられ、心室壁の動きの低下もわかる。
   診断の確定は、心臓カテーテル検査で心臓の動きの低下をみることだ。
   この場合、心筋生検で心臓の筋肉の組織像を調べることにより原因がわかることもある。
   治療法は、予後の悪い病気のため、必ず入院検査が必要だ。
   症状がないときでも定期的な観察を欠かすことができない。
   再び心不全症状が出現すると、入院後長期間の安静臥床、又は運動制限などを行うことになる。

   心不全に対しては薬物療法を行うが、副作用もあるため内服については医師の指導を十分に受けることが必要。
   ベータ遮断薬が有効であることがわかり、多くの患者に投与されている。
   また、ACE阻害薬やアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬も延命効果や運動耐容能(運動に耐える能力)の改善が認められ、ベータ遮断薬と併用して使われている。
   水分が貯留する患者では、利尿薬を使う。
   ただし、利尿をつけすぎると血液量が減って、心臓の機能がかえって落ちてしまうことがあるので注意が必要だ。

   また、尿中にカリウムを排出しすぎて不整脈が出たり、薬の中毒をおこしやすいので、注意が必要。
   利尿薬の一種であるスピロノラクトンは、利尿薬としてだけではなく心不全の改善効果があるとされている。
   一部の患者では完全社会復帰が可能となる程の回復がみられるが、各種の薬剤は専門医の指示に従って注意深い服用が重要。
   この病気は重い不整脈を合併することが多く、不整脈の薬や植込型除細動器が必要となることがある。
   この病気は慢性進行性のことが多いため、欧米では、心移植をすることが多く、我が国における心移植適応例の80%以上はこの病気だ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド