不整脈の検査はどうなっているか


   不整脈の検査は、
・聴診
・心電図
・ホルター心電図
・心エコー
・心臓カテーテル検査
など。

   殆どの不整脈は、症状を引き起こすことも、血液を送りだす心臓のポンプ機能を損なうこともない。
   不整脈には不安を感じるが、不整脈によるリスクは殆ど無い。
   しかし、特定の不整脈は、それ自体には害がないにもかかわらず、より重症の不整脈を引き起こすことがある。
   抗不整脈薬は、耐えがたい症状を引き起こしたり、リスクを高めたりする不整脈を抑えるのに有用。
   あらゆる不整脈すべてに効く薬は無い。

   満足できる効果が得られるまで、何種類もの薬を試さなければならない場合もある。
   人工ペースメーカーは、洞房結節の代わりをする電気医療機器で、心拍を開始させる電気刺激を起こす。
   一般的に埋めこみ型除細動器が適応されるのは、この方法を用いなければ不整脈で死亡する可能性がある人である。
   特定の不整脈は、手術やその他の侵襲的な方法で制御できることもある。
   血管形成術や冠動脈バイパス術を行うことで、冠動脈疾患による不整脈を抑制する。
   心臓の刺激伝導系の局所的な異常による不整脈は、異常のある部位を破壊あるいは除去することによって抑制できるため、よく行われている方法は、心臓に挿入したカテーテルの電極から特殊な高周波エネルギーを発射して異常な部位を破壊するという高周波焼灼術がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド