気付きにくい不整脈の真実


   頻度が高く、特に高齢者に多くみられ、正常な拍動が起きる前に、心室を起源とする異常な電気的活動の結果生じる余分な拍動を起こす不整脈。
   身体的、精神的ストレス、飲食でのカフェイン摂取、飲酒、プソイドエフェドリンのような心臓を刺激する成分を含むかぜ薬や枯草熱の治療薬の服用によって起こる。

   冠動脈疾患の、特に心臓発作の最中やその直後など、心不全や心臓弁障害などの心室肥大をもたらす病気によっても起こる。
   主な症状は、強い拍動や脈の飛びを感じることで、期外収縮自体は放っておいてもよい不整脈だが、期外収縮が引き金になって頻拍が起こる場合や、期外収縮による自覚症状が強い場合には治療の対象になる。

   心臓に形態学的な障害がある場合、心室性期外収縮が頻繁に起きると、突然死をもたらす心室頻拍や心室細動のようなより危険な不整脈に進行。
   心電図検査は、心室性期外収縮の診断に用いられる。
   症状は様々で、患者の感受性によって強弱も違う。
   「どきっとする」、「くーとする」、などと表現される。
   そのような症状を自覚する時に脈をみると、脈が抜けていることで期外収縮と判断されることが多いようだ。

   次の正常心拍が現れる時期に近いタイミングで、長い連結期をもって期外収縮が現れる時には、前後の心拍の出現時間に著しい差はないために、期外収縮はほとんど自覚されない。
   逆に先行心拍に近く、短い連結期で生じる期外収縮は、起源がどこであっても、強く症状を感じる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド