高齢者に忍び寄る病魔


  ペースメーカー部機能不全(洞不全症候群)(sick sinus syndrome, SSS) とは、洞結節の機能障害のために著しい洞徐脈、高度の洞不整脈、洞停止、洞房ブロック、発作性心房細動(粗動)、発作性心房頻拍などの徐脈性ないし頻脈性不整脈をおこす病態をいう。

   心拍を持続的に遅くしたり(洞性徐脈)、正常なペースメーカー部の活動を完全に停止させたり(洞停止)する。
   ペースメーカー部の活動が停止すると、心臓の別の部位がペースメーカーの機能を引き継ぐ。 房内の下方、房室結節内、電気刺激伝導路内、さらに心室内にもある。
   高齢者に多く、基礎疾患に徐脈性不整脈などの不顕性洞不全症候群を伴っていることが多く、高血圧や不整脈、緑内障などの治療により β(ベータ)-blocker を投与され、症状が増強された結果、顕性化する場合がある。

   一般に、緩徐に進行する徐脈性不整脈や数秒の洞停止、洞房ブロックなどは自覚症状に乏しいが、高度の洞徐脈が持続、あるいは Adams‐Stokes発作が生じると生命の危険性が高くなるので注意する必要がある。
   特定の薬や甲状腺機能低下症は、ペースメーカー部機能不全症を引き起こすが、ペースメーカー部機能不全の原因はほとんど不明である。
   原因不明のペースメーカー部機能不全は、洞不全症候群と呼ばれている。
   普段から心拍数が少なく、運動しても上昇しないため、脳の虚血が起こって失神発作などを生じる。

   原因としては、虚血性心疾患、サルコイドーシスなどの浸潤性病変、炎症性病、心筋症、家族性発症などがあるが、約半数は原因不明だ。
   ペースメーカー部機能不全の多くは症状がなく、持続性の徐脈では、筋力低下と疲労がよくみられる。
   頻脈は、しばしば動悸として感じられ、頻脈が停止し、正常洞調律に再び戻る過程で、ペースメーカー部の反応がゆっくりしているときに失神が起こる。
   症状と心電図検査、ホルター心電図で24時間記録した心拍リズムの状態の結果に基づき診断される。

   心拍数を増加させるために、普通、恒久的な人工ペースメーカーを埋めこむ。
   頻脈もみられる場合は、ベータ遮断薬やカルシウム拮抗薬のような心拍数を減少させる薬が必要になることもある。
   治療は、
1.症状があって、HR:40/min↓かつ最大RR間隔が3秒↑
2.症状がなくても、HR:40/min↓かつ最大RR間隔が5秒↑
   のときに医療機器の心臓ペースメーカーの適応となる。
  
   それ以外の場合、症状が一過性なら両下肢挙上、薬剤投与(アトロピン、イソプロテノール)などを行うとあるが、実際の臨床では上の1以外のケースは治療せず、症状が出たときは患者を寝かせて負荷を軽減し経過観察をする例が多いようである。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド