突発的な心停止とケイレン発作


  心ブロックとは、刺激の伝導過程のどこかに障害があって電気刺激の伝導が遅れるなど、心室内にうまく伝えられない疾患の事を指す。
心室への伝導がわずかに遅れる第1度、伝導が間欠的に遮断される第2度、伝導が完全に遮断される第3度の3つに分類される。

  第1度であれば特に治療は必要無いが、第2度、第3度になると脈が抜けて除脈となり、最悪の場合には生命の危機となる可能性もあるため治療は必要だ。
  第1度の心ブロックでは、心房からのすべての電気刺激は心室に届くが、そのどれもが房室結節を通過する際にほんの一瞬だけ遅くなる。
  第1度の心ブロックは、運動選手、若年層など迷走神経が活発な人によくみられる。
  また、リウマチ熱や心臓に影響を及ぼすサルコイドーシスのほか、構造的な障害が心臓にある人にもみられる。

  第1度の心ブロックは、房室結節を通過する電気刺激の伝導を遅くする薬、特にベータ遮断薬、ジルチアゼム、ベラパミル、アミオダロンなどによって誘発される。
  第1度の心ブロックは、症状がないため、伝導の遅延を検出する心電図検査によってのみ確認できる。
  第2度のブロックは、伝導が間欠的に遮断され、第3ブロックへ進行してしまうこともある。   第3度のブロックは、伝導が完全に遮断されるものである。
  最悪の場合には生命の危機となる可能性もあるため治療は必要である。
  原因には他の疾患(心筋炎や急性リウマチ熱など)が原因となる場合と先天的なものである場合があり、その他原因不明で発症する可能性もある。

  発症すると突発的に数秒間による心臓停止やケイレン発作がおこる。
  慢性心ブロックの場合は、除脈、心停止に対する薬物療法を行うが、薬物での改善が見られない場合には、人工ペースメーカーを植え込みすることもあり、他の疾患がある場合には同時に治療を行う。
  第3度の心ブロックでは、心房からの電気刺激が心室へまったく届かず、心室の拍動は、房室結節、ヒス束、心室そのもののいずれかにより行われる。
  このような代償的なペースメーカー部による電気刺激は、心臓の正常なペースメーカー部に比べると遅く、不規則になることが多いため信頼できない。 そのため、心室の拍動は、1分間に50回未満、ときには30回にしかならないほどゆっくりである。

   第3度の心ブロックは、心臓のポンプ機能を損なう重症の不整脈。
   疲労、めまい、失神などがよくみられる。

   第1度ブロックは治療の必要はないが、第2度ブロックでも人工ペースメーカーが必要となることもあり、第3度ブロックでは、ほとんど全ての患者が人工ペースメーカーを使用することとなる。
   もし心臓発作から回復した後、心ブロックの原因が取り除かれ、心拍リズムが正常に戻ったとしても、その後は生涯にわたって人工ペースメーカーが必要となる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド