ニコチンが人体へ与える怖い影響 


   ニコチンは、ピリミジンアルカロイドの一つで、1809年にタバコの煙より初めて単離され、ポルトガル大使で、喫煙の風習をフランスに導入し流行させたニコJean Nicot(1530―1600)にちなんで命名された。

   純粋なニコチンは無色・無臭・揮発性の油状液体で、水、アルコール、エーテルなどによく溶ける。沸点247℃。空気中では速やかに褐変する。この場合のタバコ臭は分解生成物による。
   ニコチンはナス科のタバコの葉にリン酸塩もしくはクエン酸塩として2~3%程度含まれているが、これは根で合成されたものが道管液とともに運ばれてきて葉に蓄積したものである。また、キク科のタカサブロやトクサ科のスギナなどの植物にも含まれている。ニコチンは、タバコの葉の粉末から水で抽出し、アルカリを咥えて塩基を遊離させ、水蒸気蒸留して得られる。

   猛烈な神経毒で、交感神経および副交感神経の神経節を刺激し、のちに麻痺させる。その作用はシアン化物と同じくらい速く、成人の経口致死量は0.06グラムで、これは1本の葉巻タバコに含まれる量にほぼ相当するが、喫煙による摂取量ははるかに少ない。喫煙の習慣はほとんど精神的な欲求によるもので嗜癖(しへき)はみられない。ただし慢性中毒になると、咽頭や喉頭などのカタルをはじめ、心臓障害、視力減弱、めまい、動脈硬化などの症状がみられる。

   一方ニコチンは、ビタミンB1の合成原料として使われるほか、その硫酸塩は農業用殺虫剤として温室をいぶして駆虫するのに用いられる。

   喫煙はこれまで趣味や嗜好、習慣と考えられてきたが、その本質は『ニコチン依存症』であることが明らかになっている。ニコチンは、本来人間の体内にあって、大脳や自律神経系の神経伝達物質として重要な働きをしている。

   しかし、喫煙によって体内に入ったニコチンは、脳に化学的変化を引き起こし、ニコチンを補給しないと本来の正常な機能が営めない状態にしてしまうのである。タバコを吸うと、「集中力が高まる」、「気分が落ち着く」、「ストレス解消になる」と感じておられる方は多いと思う。このタバコの効用感こそ、ニコチン依存症に陥っている証なのである。タバコを吸っている方の多くは程度の差はあれニコチン依存症に陥っており、依存の程度に応じて、血液中のニコチン濃度が決まっている。 ニコチンの少ないタバコに切り替えると、ニコチンの血中濃度を維持しようとする「自己調節機能」が働き、そのため、吸う本数が増えたり、吸うピッチが速くなったり、深く吸い込んだり、根元まで吸うなどの「埋め合わせをしてしまう。 その結果、ニコチンやタールなどの有害成分の体内への取り込みが期待したほど低下しないのである。さらに困ったことがある。一酸・uー獣坐任痢崋茲蟾・漾廚亘椰瑤箋曚Ε
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド