血液は一方通行 静脈だって頑張っている


  静脈は心臓から血液を送り出す動脈に対し、送り出された血液をもとに戻す働きを持っている。我々の健康にとって静脈のこの働きは大変重要で、この一方通行の原則が何かの原因で守られなくなるとこれから説明する静脈疾患といわれる症状を呈することになる。

   静脈は血液の一方通行作業を行うために、静脈各所に1方向にしか開かないを設けることにより実現している。この弁は2枚のふた(尖あるいは小葉)で構成されている。この弁が血液を通過させる際に一方では観音開きの戸のように開き、逆流しそうになると閉じてしまう。この仕組みがあるから、動脈から送られてきた血液は体の末端細部からでも確実に心臓へ戻ることができるのだ。
   静脈に損傷を与える主な原因には炎症、凝固形成、静脈拡張や静脈瘤をもたらす欠損などがある。特に障害されやすいのは脚の静脈である。これは立っているときに脚の静脈内の血液を心臓へ戻すために重力に逆らって上へ向かって流す必要があり、体の他の部分より強い負担がかかるためである。

   脚には、皮膚の下の脂肪層にある表在静脈と、筋肉内にある深部静脈がある。また、連結静脈という短い静脈が表在静脈と深部静脈をつないでいる。
   深部静脈は血液を上方へ送る主要な役割を担っている。

   深部静脈の1方向弁は血液が逆流するのを防ぎ、深部静脈を取り囲む筋肉は静脈を圧迫して、あたかも歯磨き粉のチューブから歯磨きをしぼり出すように血液を上方へ流す手助けをする。強靭なふくらはぎの筋肉は特に重要で、1歩ごとに深部静脈を力強く圧迫します。脚から心臓へ向かう血液の90%以上は深部静脈によって運ばれる。
   ここまで一般的な表在静脈、筋肉の収縮を利用したポンプのような深部静脈、表在静脈と深部静脈を連結する連結静脈という3種の静脈について説明したが、全ての静脈は1方向弁を持っており血液の逆流を見逃さない。ただし能動的に血液を戻す働きをもっているのは深部静脈に限られる。静脈のこれらの働きが何の支障も無く保たれていれば良いのだが、これ以降で述べる静脈血栓症をはじめとする静脈疾患により血流の正常な流れが阻害されることがある。

   静脈の基本機能は全くシンプルそのものであるが、一旦機能が不全に陥ると健康に重大な影響を及ぼすおそれがある。静脈機能に影響を与えやすい静脈機能不全のしくみについてこれから説明していくことにしよう。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド