たるんだ静脈は病気の元


  静脈瘤とは、脚の表在静脈に起こる異常な拡張のことである。
  静脈瘤の原因はわかっていないが、遺伝による静脈の弱さが原因ではないかとされている。また、時とともに弱い静脈は弾力性を失い伸びて長く広く、ヘビがとぐろを巻いているようになってしまう。

   静脈瘤は妊娠中にもしばしばみられるが出産後は解消する。静脈拡張した状態がはじまると、静脈の逆流防止弁にある弁尖は引き離されてすき間ができ血流が逆流しやすくなる。一度逆流が始まると血液の圧力が高くなり弱い静脈部分をさらに広げる結果となる。
   静脈瘤がある人の多くには、毛細血管が拡張するくも状静脈もみられる。このくも状静脈は静脈瘤内の血液による圧迫が原因となっている可能性もあるが、ホルモンが原因とも考えられる。その理由はくも状静脈がみられるのがほとんど女性であり、特に妊娠中に多いことで説明がつく。

・症状
静脈瘤は一般に痛みと脚の疲労を伴うが、痛みがないことも多く、脚が温まると、膝から下と足首がかゆくなることがある。かゆみがあると、ひっかいて発赤や発疹ができ乾燥肌と間違えやすい。痛みは、静脈が伸びきっているときよりも、静脈瘤が大きくなるときに強く感じる。静脈炎は普通痛みを伴うが、静脈瘤に合併して起きる静脈炎の場合は、ほとんど害がない。

・診断と治療
静脈瘤は普通、皮膚の下のふくらみとして見えるが、症状は静脈が見えるようになる前から現れる。静脈瘤が肉眼で見えなくても、熟練した医師は脚を触診して静脈の拡張範囲を確認でできる。 深部静脈の機能を調べるには、X線検査か超音波検査を行う。このような検査が必要となるのは、皮膚の変化や足首のむくみによって深部静脈の機能不全が疑われる場合に限定される。足首のむくみは皮膚下組織に体液がたまるのが原因で、浮腫と呼ばれる。

・治療
外科手術をしてもこの病気は完治しないため、主な治療は症状を軽減して外観を改善し、合併症を防ぐために行う。横になるときには脚を高くしたり、座るときには台の上に足を乗せたりすることで静脈瘤の症状を軽減できる。妊娠中におこる症状については、自然に治るので特に治療しない。
   弾性ストッキングなどで静脈を圧迫することにより、静脈が伸びたり傷ついたりするのを防止できる。
   この他、手術として在静脈の両端を開いて静脈を引き抜く方法や注入療法、レーザー療法などがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド