リンパ系の役割はどうなっているか


  リンパとはリンパ系に特徴的な体液(リンパ液)を意味し血漿に由来するもので凝固作用のある無色透明の液体である。一般にタンパク質濃度は低く部位によって組成は異なる。リンパは感染に対する防衛、リンパ液の生産、脂肪の運搬に係わっている。

   リンパ液の通路であるリンパ管は血管の静脈の構造に類似しているが、一般に細く壁は薄く凹凸に富んでいる。リンパ系は静脈のように全身に分布しているが動脈、静脈のような圧力を前提とする閉鎖循環系ではなく、開放循環系に分類される。

   リンパ系の構造は薄い壁のリンパ管、リンパ節、2本の集合管から成り立っている。リンパ管は体全体に分布しているが、毛細血管よりは太く静脈よりも細い。ほとんどのリンパ管には静脈にみられるような弁が備わっており、リンパ液も血液などのように1方向に流すようになっている。

   リンパ管は毛細血管の非常に薄い壁からしみ出た液体を排出する。この液体にはタンパク質、ミネラル、栄養素などの物質が含まれており、組織に栄養を供給する。この液体はほとんどが毛細血管に再吸収され、再吸収されずに残った液体はリンパ液としてリンパ管に入り静脈に戻る。リンパ管は組織液に混ざっている傷ついた細胞、癌(がん)細胞、細菌やウイルスなどの異物も集めて運搬する。

   体内に侵入した異物は細胞や異物を飲みこんで破壊する特殊な血球(マクロファージ)などの働きによって捕獲される。リンパ球が活発に細胞分裂することにより免疫抗体は作られる。リンパ液がリンパ節を通過する過程ではリンパ液から傷ついた細胞、癌細胞、異物をこし取る機能が観察される。

   このように、リンパ系は抗体の生産にも関与し、傷ついた細胞を体から排除し、感染症や癌が広がるのを防ぐという重要な機能を果たしている。リンパ管は集合管を経て鎖骨の下にある鎖骨下静脈へリンパ液を流している。2本の鎖骨下静脈は合流して上大静脈となり、上半身の血液を心臓へ送っている。

   リンパ系はリンパ液の量が過剰になったり、リンパ管やリンパ節が腫瘍(しゅよう)によって閉塞したり炎症を起こしたりすると十分に機能できなくなる。ここではリンパ液の閉塞や異常を伴うリンパ浮腫、感染症に起因するリンパ節炎、急性リンパ管炎などを紹介し、原因のメカニズム、症状、治療法についての解説をおこなうことにする。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド