最近太った?それとも、むくみ?


  リンパ浮腫
とは、リンパ液がたまったために生じるむくみのことである。

   体のむくみは静脈の機能不全による浮腫でも見られるが、リンパ系のむくみ(リンパ浮腫)は異なる。静脈の機能不全による浮腫は、静脈内の血液が逆流するために起こり、血管から漏れた体液が組織内にたまるものだ。

   この場合の浮腫は心不全によって起こるが、リンパ浮腫は、何らかの異常で毛細血管によるリンパ液の再吸収が妨げられる時に発生する。リンパ浮腫が発生するとリンパ系はリンパ液を十分に分泌することができなくなる。リンパ浮腫には生先天性リンパ浮腫と、後後天性リンパ浮腫がある。

   先天性リンパ浮腫は、生まれつきリンパ管の数が少なすぎて、すべてのリンパ液を処理できないために生じ、脚部やまれに腕に発生する。男性よりも女性にはるかに多く見られ、幼児期より成長するに従って発生することが多い。この理由はリンパ液の量と関係しており、幼児期はリンパ液の量が少ないため発症をまぬがれても成人になると体で処理できないリンパ液の量となるためである。

   一般に長時間立ち続けると足のむくみを感じることがあるが、リンパ浮腫の場合靴下のゴム跡周辺にもむくみが見られるのが特徴である。天性リンパ浮腫の初期は、脚を高く保つと腫れは消えるが病気は時間とともに悪化すると浮腫はより著しくなり、1晩休んでも完全に消えなくなる。

   後天性リンパ浮腫は、先天性リンパ浮腫よりも発症例が多い。大きな手術や癌の治療でリンパ節やリンパ管を損傷した場合、特に多く観察される。リンパ管が繰り返し感染を起こして瘢痕化することもリンパ浮腫の原因となるが、このタイプの瘢痕化は熱帯地域の寄生虫であるフィラリア(フィラリア症)の感染例で珍しい。

   後天性リンパ浮腫では皮膚は見かけは特徴的な変化はなく、むくみや腫れが生じます。むくんでいる部分を指で押しても、はっきりと残ることはない。フィラリア症の人では、むくんだ手や足が極端に太くなり、皮膚が厚く硬くなって象の皮膚のようになることがあり、この病気は象皮病と呼ばれている。

   ・治療
リンパ浮腫を完全に治す方法は無いが、圧迫包帯によってむくみを軽減することは可能である。象皮病の場合は、広範囲な手術を行って皮下の腫れた組織のほとんどを切除する。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド