心臓弁の働き


  人の心臓は内部が4つの部屋(心臓上部にある右心房・左心房、下部にある右心室・左心室)に分かれている。
各部屋の出入口には膜でできた一方向に開く入口弁と出口弁が1つずつあり、血液の逆流を防いでいる。
  この弁が何らかの原因によって硬化もしくは破損すると、血液の通過障害や逆流が起きる。

  右心室入口弁は、三尖弁と呼ばれ、右心房から開いており、出口弁は肺動脈弁と呼ばれ、肺動脈内へ向かって開いている。
  左心室は、入口弁は僧帽弁と呼ばれ、左心房から開いており、出口弁は大動脈弁と呼ばれ、大動脈内へ向かって開いている。
  この一方ずつに開く弁のことを尖(小葉)という。心臓弁は、(逆流を起こす)漏れ、十分に開かないことのいずれかによって機能不全となり、そこを通過する血流が部分的に遮断され、狭窄を引き起こす。
  いずれの障害も、心臓が血液を送り出すポンプ機能に大きな損傷を与え、ときに、1つの弁にこれら両方の障害がみられることもある。

  弁の狭窄と逆流とは、心臓の弁の漏出(逆流を引き起こす)によっても、適切に開かないことによっても機能不全となり、その結果、弁を通過する血流が部分的に遮断されて狭窄を引き起こす。
  狭窄と逆流は、いずれの心臓弁でも起こる。
  僧帽弁における、これら2つの障害を書くと、正常な心臓の働きは、左心室が収縮し終わった直後(拡張期)に、大動脈弁が閉じて僧帽弁が開き、左心房から左心室へ血液が流れこむ。
  次に、左心室へさらに血液を送りこむために、左心房が収縮し、左心室が収縮し始めると(収縮期)、僧帽弁が閉じて大動脈弁が開き、血液が大動脈へと送られるが、僧帽弁狭窄では、僧帽弁の開口部が狭くなり、拡張期に、左心房から左心室へ流れこむ血液の量が減少し、僧帽弁逆流では、左心室が収縮するとき(収縮期)に、僧帽弁から血液が漏れて、一部が左心房内へ逆流するといった現象が起こる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド