僧帽閉鎖不全とその治療法


  僧帽弁閉鎖不全(そうぼうべんへいさふぜん)は、僧帽弁の弁閉鎖機能の障害(僧帽弁の硬化、短縮など)により弁が完全に閉じなくなり、左心室収縮期に血液が左心室から左心房に逆流する疾患。

  僧帽弁領域において全収縮期逆流性雑音が発生する。
  最大の原因は、レンサ球菌性咽喉炎を治療せずにいると発症する小児期の病気、リウマチ熱であったが、現在では、このような感染症を予防するため、抗生物質を広く使用している。
  北アメリカ、オーストラリア、西ヨーロッパやそのほかの地域では、リウマチ熱はまれにしかみられない。
  しかし、これらの地域でも、若いころに抗生物質をしようしなかった、高齢者の間では、現在もリウマチ熱が僧帽弁逆流の大きな原因となっている。
  そして、抗生物質が広く使用されていない地域では、いまだにすべての年齢層で、リウマチ熱が僧帽弁狭窄や僧帽弁逆流の原因となっている。

  また弁逆流の大きな原因は、僧帽弁の支持組織に損傷を与える心臓発作。
  その他の主な原因は、組織にゼリー様の変化を起こす遺伝性の結合組織疾患である、粘液腫性変性である。
  その結果、心臓の弁は次第に張りがなくなった状態になるが、裂けることはまれである。
  さないが、進行すると運動時の易疲労性を示す。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド