抗生物質の有用性


  僧帽弁口の狭窄
によって左心房から左心室へ血液が流れにくくなる疾患である。   殆ど常に、レンサ球菌性咽喉炎や猩紅熱を治療せずにいると起こることのある小児期の病気、リウマチ熱によって起こる。

  リウマチ熱は、感染症予防のために抗生物質が広く使用されている北アメリカ、オーストラリア、西ヨーロッパなどの地域ではまれであり、したがって、現在、これらの地域において、僧帽弁狭窄は主に、リウマチ熱にかかった高齢者や、若いころに抗生物質の恩恵にあずからなかったか、移民で抗生物質の恩恵にあずからなかった高齢者に起こる。

  一方、抗生物質が広く使用されていない地域ではリウマチ熱は一般的な病気で、それにより成人、10代の若者、ときには小児にさえ僧帽弁狭窄が認められ、典型的なリウマチ熱による僧帽弁狭窄では、僧帽弁尖に部分的な癒着がみられる。
  僧帽弁狭窄には、先天的なものもある。

  この障害がみられる乳児の多くは、手術を受けなければ2歳を超えて生きることはまれである。
  心臓の左心房と左心室の間には、僧帽弁と呼ばれる、二枚の尖弁(前尖、後尖)が存在するが、この弁は、左心房の収縮時には開いて、左心房からの血液を左心室へ流入させる一方、左心室収縮時には閉じて、左心室から左心房への逆流を防いでいる。
  通常僧帽弁口の面積は4 - 6cm2であるが、僧帽弁尖の癒着などにより僧帽弁口の面積が1.5cm2以下になると、様々な症状を呈するようになる。
  病態は僧帽弁口の面積が減少すると、心拡張期(つまり左心房収縮時)に左心房から左心室へ血液が十分に流れなくなる。

  左心房圧の上昇により、肺高血圧、肺水腫、右心不全、心房細動などを引き起こす。
  左心室血液流入量低下により、左心不全を引き起こす。
  左心室への血液が足りなくなるので、左心室肥大はあまりみられない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド