三尖弁閉鎖不全とは


  三尖弁逆流とは、右心室が収縮して血液を肺へ送り出すたびに、血液の一部が右心房に逆流するため、右心房内の血液量が増加することである。
  右心房内の血液量が増加するため、右心房は拡張し、右心房に入る静脈の血圧が上昇して、体から心臓へ流れる血流への抵抗が生じる。

  右心室が拡大し、右心室から肺に行く血流への抵抗が強まる結果で起こり、この抵抗は、肺気腫や肺高血圧症のような重症で長期にわたる肺の病気や、狭くなった肺動脈弁(肺動脈弁狭窄)によって増大する。
  代償機構として、右心室はさらに激しく血液を送り出すために拡張して肥厚し、弁の開口部は大きく伸びて開く。
  主に僧帽弁などの左心系の疾患に続発するもので、もっとも多い。
三尖弁閉鎖不全症では全収縮期性の逆流性雑音が聴取されるが、これが呼吸性に変動(吸気時増強・呼気時減弱)する現象である。

  僧帽弁閉鎖不全症では呼吸性変動がないので、両者の鑑別に利用される。
  心エコー検査と同時に、血流シグナルを観測できるパルス・ドップラー検査では、この欠損孔をとして、拡張期に左房から右房に向かう血流(シャント血流)が見られる。
  逆に収縮期の一部ではわずかながら右房から左房に向かう逆シャントも観測される。
  収縮期の全体に及ぶ高度の三尖弁逆流シグナルを右房内に認める。
一部右房から左房への逆シャントもみられ、右心系の血栓や注射などによる空気でも脳梗塞の原因となりうる。
  少ない原因としては、心臓弁の感染症(感染性心内膜炎)、フェンフルラミンの使用、三尖弁の先天異常、外傷、粘液腫性変性(弁の張りが徐々に失われる先天性疾患)がある。

  心臓が送り出す血液の量が少なくなるため、体力低下疲労感のような漠然とした症状を引き起こす。
  そのほかの症状は、首の拍動感と、腫大した肝臓による右上腹部の不快感だけであり、これらの症状は、血流が心臓から静脈へ逆流することによって生じる。
  右心房の拡張は、急速で不規則な拍動(心房細動)を引き起こす。
  最終的に、心不全を発症し、体、主に脚に体液がたまり、むくみがみられる。
  診断は病歴と診察所見、心電図検査、胸部X線検査の結果に基づく。
聴診では、先にも書いたが、血液が三尖弁を逆流するときに生じる特徴的な心雑音が聞かれる。

  心エコー検査は、逆流が生じている弁と逆流している血液量を描出できるため、逆流の重症度を評価できる。
  ほとんど、あるいはまったく治療する必要はないが、肺気腫、肺高血圧症、あるいは肺動脈弁狭窄のような基礎疾患は、治療が必要である。
  三尖弁逆流の結果生じる心房細動や心不全の治療には、三尖弁に対する手術は普通、必要ない。

  外科的治療は肺高血圧を合併したものが適応となる。
・三尖弁輪縫縮術
・弁置換術

などがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド