外科的手術が殆ど不要なケース

  三尖弁狭窄とは、三尖弁の開口部が狭くなり、右心房から右室への拡張期流入障害のため右心房圧、静脈圧は上昇し、食欲不振、嘔気、嘔吐、肝腫大、浮腫、頚静脈怒張、腹水等の右心不全症状が出現する状態である。

  狭くなった弁の開口部を通る血流が部分的に遮断されて心房内の血液量が増加し、右心房が拡張する。
  この増加した血液量は、肺を除く全身から心臓へ血液を戻す静脈の血圧を上昇させる。
  しかし、右心房から入ってくる血液の量が少なくなるため、右心室は縮み、三尖弁逆流がまれに起こる。
  ほとんどすべての三尖弁狭窄は、リウマチ熱によって起こる。
まれに、右心房の腫瘍(しゅよう)や結合組織疾患によって、あるいはよりまれな場合として、心臓の先天異常によって起こることもある。

  症状は、普通は軽度であり、動悸、首のふるえによる不快感や肌が冷たくなる、疲労感などがある。
  静脈内の血圧の上昇によって肝臓が肥大すると、腹部に不快感が生じる。
  聴診では、三尖弁狭窄に特有の心雑音が聞かれ、胸部X線検査では右心房の拡張が認められる。僧帽弁疾患による肺高血圧症が原因にて二次性に発症する場合も多い。
  心エコー検査で、エコー輝度の増強と可動制限、拡張期ドーム形成などが認められれば、狭窄症と診断される。

  また、連続波ドプラー法を用いることにより三尖弁流入血流速度波形を計測し、右房―右室圧較差を測定でき、逆流症の診断は、カラードプラー法により収縮期に三尖弁から右房へ逆流するジェットにより可能で、器質性の場合は弁尖の逸脱、疣贅、切れた腱索などが認められる。
  また、連続波ドプラー法を用いて逆流血流の最大速度を計測することにより、収縮期右室圧(肺動脈圧)を測定できる。
狭くなった弁の開口部と、弁を通過する血液の量が描出されるため、狭窄の重症度を評価できる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド