心電図検査の内容について


  心電図検査では、右心房の拡張を示す変化が確認できる。
  三尖弁以外に病変がなく、軽症の場合には経過観察で構わない。
  もし、右心不全症状が出現している場合には、利尿剤を処方する。

  三尖弁狭窄は、修復手術が必要になるほど悪化することはまれである。
  外科的治療法の対象の多くは二次性三尖弁逆流と感染性心内膜炎である。前者は僧帽弁もしくは大動脈弁疾患に起因しているため、左心系の疾患を治療すれば三尖弁も改善する場合もあるが、残存することも多く治療を要する。
  後者は抗生剤にて感染が制御できない場合や、弁が破壊された場合に適応となる。
  三尖弁の手術はすべて人工心肺装置を使用し心臓を一時的に止めて行い、三尖弁輪を縫縮することにより逆流を止める方法で最も多くの場合に施行される。
  糸の縫合のみで拡大した弁輪を縫縮する方法と、人工リングを弁輪に縫着し弁輪の形状を形成する方法がある。

  弁尖が破壊された場合には自己心膜を補填し弁を形成する場合もある。
  予後は、右心不全による肝機能障害の程度によっては手術の危険率が高くなる場合があるが、それ以外は合併する左心系の手術に依存する。
  また肺高血圧が残存している場合や左心系の病変の増悪により逆流の再発を認めることがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド