緊急治療を要する病気


  細菌をはじめとした病原体が原因でおきる内膜の炎症を感染性心内膜炎と言う。
  多くの場合細菌が原因で病原体が弁膜などの心内膜に付着し、弁膜で増殖し疣贅とよばれる特徴的な疣ができたり、更に弁膜自体を破壊したり、また感染巣や塞栓源となり菌血症や血栓を生じて他臓器に小膿瘍や塞栓ができたり、免疫反応による炎症を生じたりと多彩な所見を示す病気である。

  早期の診断と治療が大切だ。
  感染性心内膜炎は、高齢者では一般的である。心臓弁や心筋もよく障害される。
感染性心内膜炎には2種類あり、1つは、急性感染性心内膜炎で、突然発症して数日のうちに命の危険にさらされる。

  もう1つは、亜急性感染性心内膜炎あるいは亜急性細菌性心内膜炎と呼ばれ、数週間から数カ月かけてゆっくりと発症する。
  細菌(または真菌)は、かむ、歯を磨くなどの日常的な行為による傷などで少量の細菌が血流に侵入できるようになり、心臓弁にとどまり、心内膜に感染する。
異常もしくは損傷した心臓弁は、感染症にかかりやすく、このような弁に感染した細菌はほぼすべて亜急性細菌性心内膜炎を起こす。
  小児や若い成人における心内膜炎の危険因子は、先天異常、特に心臓の一部から血液の漏れが生じるような欠損、高齢者の主な危険因子は、左心房から左心室内へ開く僧帽弁や、左心室から大動脈内へ開く大動脈弁へのカルシウムの沈着だ。

  急性感染性心内膜炎は、38.9~40度の高熱、頻脈、疲労感、急速かつ広範囲の心臓弁の障害を伴って突然に発症するが、亜急性感染性心内膜炎は、疲労感、37.2~38.3度の軽度の熱、中等度の頻脈、体重減少、発汗、貧血などだ。
  医師が心内膜炎と診断できるようになるまで、何カ月間もかかることもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド