脊髄圧迫・椎間板ヘルニアの痛みをなくすには


   頸椎での神経組織には、脊髄と、脊髄から枝分れし前側方へ向い上肢へ至る神経根とがあり、それぞれが脊柱管と椎間孔(ついかんこう)に内包されている。加齢とともに変性した椎間板組織や椎体辺縁部から生じた骨棘(こっきょく)が脊柱管内や椎間孔内へ膨隆し、脊髄または神経根を圧迫することがある。

   一方、骨棘を伴う変性変化がなくても、外傷などにより椎間板に大きな外力が加われば、椎間板組織のみが脊柱管内に膨隆して同様なことが生じる。典型的な脊髄症状では、まず上肢に症状が発現し、手のしびれ、こわばり感、筋力低下を徐々に自覚する。周辺の白質にも障害が及んだ場合には、下肢のしびれ、つっぱり感などの歩行障害、膀胱・直腸障害などが発現する。上肢では箸がうまく使えるか否か、下肢では歩く時に杖を使うか、階段の上り下りで手すりを使うか否かが、運動機能の障害を知る目安になる。
   疼痛に対しては、頸椎装具装着や頸椎牽引療法による頸椎の安静、内服治療(鎮痛剤、筋弛緩剤、ビタミンB12)、外用薬などの保存的治療を行う。頸椎牽引療法では、牽引時に顎を引く姿勢をとらないと頸椎が後屈するため、かえって神経組織を圧迫し痛みが増強することがある。

   また、急激に強く牽引を行うと神経反射により筋肉が緊張し、こわ張りが出現することがある。神経根のみの圧迫であればこれらの治療で軽快する例が多く、このため、手術適応となるのは、保存的治療後も頑固な痛みが持続する場合のみである。一方、脊髄圧迫がある場合、上肢では手がこわばり箸がうまく持てない、下肢では杖を使い、階段では手すりを使わざるをえないといった痙性麻痺症状が著明な時に手術適応となる。

   著しい上肢の筋力低下が生じた方にも手術適応がある。ほとんどの施設では、通常はヘルニアのある椎間高位の左前頸部を皮膚切開し、前方除圧術(ヘルニアのみを摘出)または前方除圧固定術(ヘルニアを摘出後、腸骨から採ったキャラメル大の骨を椎間板へ植骨)を行う。

   脊柱管狭窄を伴ったヘルニア例では頸椎後方から椎弓(ついきゅう)形成術を行います。一部の施設では、入院することなく日帰りのできるレーザー椎間板蒸散法(椎間板組織をレーザーで焼き縮小させることにより、神経組織への圧迫をとる術式)を頸椎椎間板ヘルニアに対して行っているが、この術式では適応が限られ、また、時には神経根や椎骨に障害を及ぼすこともある点に留意すべきである。

   最近では、保存的治療中にヘルニアが自然吸収・消失する例が数多く報告されていることから、重篤な症状が発現していない限り、できるだけ長く保存的治療を続け、手術を行わない施設が多くなってきている。

  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド