頚椎症という障害を治す


   頚椎症は、頸椎の椎体骨の骨棘(とげ状の突起)形成、椎間板の後方突出、靭帯(じんたい)の石灰化、骨化などによって、脊髄から出て肩や腕に行く神経または脊髄自身が圧迫・刺激を受ける病気である。
   頸椎の変化は主に加齢や外傷が原因で起こり、加齢による頸椎の変化には個人差があるが、一般的には40歳ごろから明らかになる。高齢になるほどその変化が強くなるため、頸椎症は中高年者で多く発症する。症状が急激に現れることはなく、頸部の症状から始まり、徐々に上肢や下肢の症状が出てくる。

   頸部の症状としては、肩や首の筋肉が緊張し、圧痛がみられる。また、頸部の前屈や後屈時に後頸部から肩、上肢に放散する痛みが現れる。上肢の症状としては、上肢の痛みとともに脱力感、疲労感、手指の感覚異常、冷感、こわばりを感じることがある。また手先の仕事、書字、物を摘むなどの動作ができにくくなり、時間がかかるようになる。

   感覚異常は圧迫部位の高さに一致しており、たとえば第5頸椎椎間板による圧迫時は母指が、第6頸椎椎間板の時は中指が、第7頸椎椎間板の時は小指にそれぞれ感覚異常を来たす。症状が進行すると、手の筋肉が萎縮したり、皮膚温の低下、発汗異常、手指の変形などがみられる。脊髄に圧迫が起こると下肢の症状が現れ、歩行障害、便秘、排尿障害などの症状が現れる。

   また椎骨の変形により頭蓋内に行く動脈が圧迫されると、首を曲げた時などに血行障害が起こり、めまいを引き起こすこともある。神経根の圧迫症状に対しては、頸部周囲の筋肉の緊張を和らげる治療を行う。就寝時の姿勢も大切で、枕の高さを調節して軽度の前屈位をとるようにする。
   薬物療法としては、非ステロイド性消炎薬筋弛緩薬が有効である。痛みが強い時は頸椎固定用のカラーを首に装着する。そのほかの理学療法としては温熱、頸椎牽引、低周波、レーザー治療などがある。 牽引やカラーを用いた装具療法を早期に行えば、症状の進行をかなり食い止めることができる。日常生活に支障を来す場合には、入院して強力な牽引を行うか、手術による治療が行われる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド