脊髄血腫という疾病から身を守る


   脊髄血腫は、脊髄の周囲に血液がたまった状態をいう。
   瘍をはじめ、出血性の病気、動静脈奇形、背部における外傷、そして抗凝固薬の投与などが原因とされている。これによって脊髄周囲において血液が蓄積していく。外側の脊髄において血腫から圧迫を受けるケースはあまりなく、ほとんどが脊髄内部において血腫が発生し、圧迫を受ける。

   またその多くが外傷を原因としているのである。
   脊髄血腫では、圧痛及び痛みが血液の蓄積された場所において発生する。また障害を受けた神経の程度によって感覚消失及び下位脱力を出現させる。脱力に関しては放置しても時間の経過と共に回復するケースも見られるが、多くは数分ないし数時間で麻痺が悪化していく。

   外傷及びそれに伴う血腫が脊髄上部において生じると呼吸障害をきたすが、これは横隔膜へ連結している神経がこの部分から発していることに起因する。動静脈奇形が脊髄付近に生じてそれが破裂をきたすと首周囲における硬直及び頭痛を発生させるが、こちらは脳内へ血液が流入することに由来する。 医師は症状に基づいて仮の診断を下し、通常はMRI検査で確定する。MRI検査が使えない場合は、CTによる脊髄造影検査が行われる。脊髄の永久的な損傷を防ぐために、たまった血液はただちに外科的に排液する。これは将来にわたって生じる脊髄の損傷を予防する目的で実施される。

     また損傷が脊髄の上側において見られるケースでは人工呼吸器が多く利用されるが、これは呼吸を継続させるために必要な措置となる。更に顕微手術が動静脈奇形に対して適用される。その他、出血傾向を示す出血性疾患が認められる方や抗凝固薬の投与が行われている方などは、血漿輸血或いはビタミンKの注射も行われる。

   これは出血を抑える目的で行われる治療方法である。脊髄上部の損傷には、呼吸を維持するためにしばしば人工呼吸器が必要になる。

  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド