遺伝性痙性対麻痺を防ぐには


   遺伝性痙性対麻痺(いでんせいけいせいついまひ)では収縮、ひきつけ、脚部の痙攣が主な症状であり、過剰な反射を示す。
   次第に歩行も支障が出てきて、強張りから脚の動作もぎこちないものになっていく。そのため歩行もフラフラとし、つまずいたりするが、これはつま先を引きずって歩行するためと言われている。

   生命には影響を及ぼさないもの、緩やかに進行し青年期に至ると症状も安定する傾向にある。
   本症はシュトリュンペルロラン病とも呼ばれているが、一割程度の方に痴呆、精神発達の遅れ、末梢神経障害、難聴、眼の症状、筋肉をコントロールする働の障害などが見られる。また、脚部だけでなく腕においても筋肉硬直や脱力といった症状を示す方もいる。他にも、異常な反射が足指に生じることもあるが、これはバビンスキー徴候と言われているものである。

   診断は家族歴の聞き取りによって行われ、また脊髄圧迫及び多発性硬化症などとの識別も必要とされる。あまり見られない疾患だが遺伝が原因で次第に筋力低下と共に脚部の痙攣を引き起こす。家族性痙性麻痺(かぞくせいけいせいまひ)は本疾患のことだが、優性遺伝であるため大半の子供に遺伝することになる。発症年齢は幅広くなっていて、男性、女性共に大差はない。
   人によっては車椅子や松葉杖の利用も必要とされる場合もあるが、通常は症状を軽減する治療方法が行われる。疲労を緩和させたり、痙攣を防いだり、関節可動域の向上、筋力保持、運動機能をそれ以上低下させないなどといった目的で理学療法及び運動療法が適用される。またダントロレンやクロナゼパム、チザニジン、ジアゼパム、そしてバクロフェンといった薬物は痙攣を緩和させる目的で使用される。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド