腰痛の主な治療例


   腰痛の原因と治療は複雑である。症状や疾患により治療法は様々だが、治療には次のようなものがある。
■安静急性期には腰への負担を軽くするために安静にすることが重要である。
■薬物療法消炎鎮痛剤、筋弛緩剤、ビタミン剤、精神安定剤、骨粗しょう症治療薬など。
■理学療法温熱療法・・・赤外線、ホットパック、マイクロウェーブなど。
血流をよくし筋肉の緊張をとって痛みを和らげる骨盤けん引・・・腰を引っ張る。運動療法・・・腰痛体操など。
■装具療法コルセットを着用して腰椎を安定させ、痛みの軽減・予防、矯正効果など。
■ブロック療法椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などで神経が圧迫され下肢痛が重い場合などに、神経に局所麻酔とステロイドホルモンを注入して一時的に痛みを止めてしまう治療。脊柱管内に行う硬膜外プロック、神経根そのものに行う神経根ブロックなどがある。
  手術療法薬や理学療法などでよくならい場合には、手術を行うこともある。飛び出した椎間板を摘出したり、神経を圧迫している椎弓を切除したり、不安定な腰椎を固定する手術などがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド