子供に起こるけいれんの種類と対応


   けいれん性疾患の中で、子供に起こりやすいのが乳児けいれん熱性けいれんである。
   乳児けいれんは、3歳未満の子供にあらわれることが多い。
   大きくなってからは、他のけいれん性疾患を起こす可能性もある。

   乳児けいれんを起こした子供は、あお向けの状態からいきなり起き上がるので驚いてしまうことがある。
   その際には腕と首を曲げ、脚を伸ばしながら前かがみになりやすいことが特徴だ。
   けいれん発作はわずかな間しか続かないが、1日にたびたび起こってしまう。
   乳児けいれんを経験する子供の多くは、神経学的機能の発達が鈍く、精神の遅れも見られる。
   乳児けいれんの治療には、副腎皮質刺激ホルモンを使用することが一般的で抗けいれん薬はほとんど効果がない。

   例外として、ニトラゼパムとクロナゼパムであれば少しは効き目が期待できるだろう。
   熱性けいれんは、熱が原因となって起きる発作である。
   生後9カ月から20カ月に一番起こりやすく、生後6カ月から5歳までの子供のおよそ4%が経験する。
   熱性けいれんは一度のみというケースが多いが、家族の中で同じ経験を持つことが多いのが特徴だ。
   発作を起こしても短時間で済んでしまうが、単純なタイプと複雑なタイプがあるので注意しなければならない。

   単純熱性けいれんであれば、体全体に震えがくるがたいていは15分未満で終わる。
   しかし、複雑熱性けいれんになると、震える時間が長引いてしまう。
   しかも、体の片方のみの発作が15分以上起こったり、24時間以内に少なくとも2回は続いて発作が起きたりする可能性があるのだ。

   複雑熱性けいれんが起こした子供は、あまり多くはないもののその後けいれん性疾患を起こす可能性を否定できない。
   子供が熱性けいれんを起こした場合は、すみやかに医療機関で手当を受けなければならない。 脳炎や髄膜炎の可能性もあるため、きちんと検査をしてから治療を始めることになる。
   単純熱性けいれんであれば、基本的には平熱に戻すための薬物投与のみである。
   しかし、複雑熱性けいれんや単純熱性けいれんは、発作防止に抗けいれん薬も利用される。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド