骨腫瘍について 


  骨に異常な細胞ができ、増殖していく物を骨腫瘍と言う。
   骨腫瘍と聞くと、とても重傷の病気のように感じるが、実際には、骨腫瘍といって良性(非癌性)のものと悪性(癌性)のものがあり、良性の骨腫瘍は比較的多くの人に見られるようだ。
   悪性の骨腫瘍はごくまれにしか生じないのが実際のところある。

   骨腫瘍は、良性と悪性の他にもその原因から二つに分けることができ、良性でも悪性でも最初から骨にできたものは原発性とされている。
   小児期に発病してしまう悪性腫瘍の多くがこの原発性の腫瘍である。
   もう一種類が、乳腺や前立腺といった他の臓器で発生した癌が骨に転移した場合の腫瘍で、移転性と呼ばれている。

   この移転性の腫瘍は、原発性とは違い、成人に多くみられる。
   骨腫瘍の場合にみられる症状としては、激しい痛みが骨に生じる。
   この痛みは人によると、歯痛の痛みににているということである。
   痛みという症状は骨腫瘍ではもっとも代表的な症状であるが、人によっては腫瘍のできた場所にあきらかなしこりがあることがわかる人もいるようだ。
   また骨腫瘍の場合には、特にその腫瘍が悪性である場合には、骨がもろくなってしまい、ほんのちょっとした力でも骨折しることがある。
   骨腫瘍の検査を行うには、X線撮影を使い、X線画像で判断をするが、X線画像では腫瘍自体を判断することができてもその腫瘍が良性なのか悪性なのかまでは判断することができない。
   骨腫瘍の良性か悪性かを判断するためには、CT検査やMRI検査を行う必要がある。
   こういった検査を行うことで、その腫瘍の位置、大きさといった情報を得ることが可能となる。
   しかし骨腫瘍の場合にそれが、良性であるのか悪性であるのかを確定するためには、X線撮影、CT検査、MRI検査といった検査の他に腫瘍の組織を取り出し顕微鏡下で検査を行う、生検を行うことになる。

   生検は多くの場合、針を腫瘍に刺し、一部のみ吸引してその細胞を調べるのだか、この方法の場合には、針が細いので、すぐ隣にある正常な細胞を採取してしまうということもある。
   確実に腫瘍を採取する為には外科的な手術を必要とすることも考えられる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド