骨軟骨腫とはどういったものか 


   良性骨腫瘍でもっともよく見られるのが、骨軟骨腫である。
   骨軟骨腫は10代から20代にもっとも多く発症し、硬い塊の腫瘍が骨の表面に増殖する。
   骨軟骨腫の場合、腫瘍が1つのこともあれば、多数みられることもある。
   腫瘍が多数見られる場合には、家族性の要因が考えられる。

     多発性の骨軟骨腫の場合には、その約10%程の人が、軟骨肉腫と呼ばれる悪性の骨腫癌が生てくる。
   骨軟骨腫の場合には、腫瘍が大きくなったりと新たな症状がでてきたら手術により腫瘍を摘出し定期的な検査を行うことになるが、単発的な骨軟骨腫の場合には、あまり悪性化の可能性がないので腫れがひどくなったというような場合を除いて手術の必要もなくて済む。

     軟骨腫は骨の中心に腫瘍ができ、症状として痛むが生じることがあるが多くの場合、他の病気の検査でX線検査を行って発見されたり、検診などで発見される。
   軟骨腫の場合には、X線画像に特有の異常所見をみることができる。
   発症する人に多くは、10代から30代の人で、特に痛みが無い場合には、治療の必要も特になく、腫瘍の大きさや状態を定期的にX線検査によりみて行くことになる。
   ただし、痛みがある場合やX線画像でも確定診断をすることができない場合には、腫瘍全体を切除し、良性か悪性かの確定する必要がでてくる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド