良性骨腫瘍について 


   骨の巨細胞腫は、骨の端部に発症し、周りの組織にまで転移していく腫瘍で、20代から30代に多く発症する。
   症状としては、痛みが考えられる。

   この骨の巨細胞腫は腫瘍の大きさにより、治療方法に違いがあり、手術により、腫瘍を切除するが、さの際の骨の欠損部を維持するために、骨移植をしたり、人工の骨セメントを充填するといった方法をとることになる。
   また、腫瘍が広範囲に広がっている場合には、骨の病変部を大きく取り除かなければならないこともあり、手術後にも10%程の再発の可能性がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド