転移性骨肉腫の症状と治療 


   転移性骨腫瘍は乳腺・肺・前立腺・腎臓・甲状腺といった体の他の部位にできた癌が骨へ転移してしまう癌である。
   転移性骨腫瘍はどの部分の骨にも転移する可能性をもっているが、肘や膝より末梢側に転移するということはまれなことである。

   転移性骨腫瘍は特に骨に痛みや腫れといった症状や過去に癌治療の経験をしたことのある人の場合に転移性骨腫瘍の検査を行うことになる。
   転移性骨腫瘍の検査には、放射性トレーザーを使用し骨スキャン検査を行ったり、X線検査を行って腫瘍の部位を確認する方法をとる。
   症状としては、腫瘍のためにもろくなってしまった部位での病的骨折や疼痛がが生じる。
   転移性骨腫瘍の場合には、この症状により発見することができ、その検査の際に元の癌を見つけるといったことが多い。
   この為、転移性骨腫瘍で行う生検により、癌を発症した組織のタイプを顕微鏡検査で確認することができ、元の癌がどこなのかを判断する手がかりとすることができる。
   転移性骨腫瘍の治療としては、転移した元の癌の種類により違いがでてくる。

   癌の治療では、その種類により、科学治療が有効なもの、放射線治療が有効なもの、併用治療が有効なもの、どちらの治療であっても効果がないものなどがあるので、その元の癌によって治療の方法も変わってくることになる。
   例としてあげるなら、骨転移が一か所に限局していて元の癌も切除することのできる転移性骨腫瘍であれば、外科手術と放射線療法か科学療法との併用、外科手術・放射線療法・科学療法の併用といった治療で治癒にいたることが可能である。
   また、骨を安定させる為に骨の固定手術を行うことで病的骨折を防ぐことが可能な場合も考えられる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド