無血管性骨懐死の実態 


   無血管性骨懐死とは骨壊死、無菌壊死、離断性骨軟骨炎のことで、30代から60代に発症することが多い骨に血液を送る働きをしている血管が血流障害を起こし骨組織が死んでしまう病気である。

   無血管性骨壊死は左右の股関節に発症することもあるが、ほとんどが、大腿骨頭(股関節の一部)に発症している。
   無血管性骨壊死は外傷が原因となるものとその他に原因があるものとで分類することができる。
   外傷が原因となって無血管性骨壊死となるのは、重症の外傷の場合で、外傷でも小さなのもでは骨懐死に至ることはない。
   しかし、転移骨折や脱臼が原因となって骨につながる血管が損傷したり切れてしまったりという外傷の場合には、無血管性骨壊死に至ることがある。

   非外傷性の無血管性骨壊死は、アルコール中毒減圧病鎌状赤血球症長期間にわたりコルチコステロイドを高用量しようしていた場合におこる。
   まれではあるが、ゴーシェ病・リンパ腫といった腫瘍、放射線療法、血液擬固疾患などが原因となることもある。
   しかし、無血管性骨壊死はその25%程がはっきりした原因を特定することができない。
   膝の無血管性骨壊死などは、骨壊死の危険因子となるものが無い55歳以上の女性に多く発症するが、その原因はわかっていない。
   無血管性骨壊死の症状としては、多くの人が痛みをうったえるが、これは、無血管性骨壊死がすでに進行した状態で、壊死した骨がつぶれて初めて痛みが現れた状態である。
   つまり、なんらかの症状がでるまでは無血管性骨壊死をおこしていてもほとんど症状が現れないということになる。
   ただし、中には、骨への血液の供給が途絶えたことによると思われる、突然の痛みとともに発症することがある。
   無血管性骨壊死は安静にしている状態なら痛みも和らぐが、立ったり歩いたりすることで痛みが生じる。

   無血管性骨壊死の治療は、基本的には、非ステロイド性抗炎症薬や鎮痛剤を使用し痛みを緩和し、患部にである骨や関節にかかってしまう体重などを軽減する治療を6ヶ月以上行うことになる。
   関節の可動域を広げる訓練を行うことも効果的ではあるが、こういった治療のみでは治癒することはなく、手術による治療も必要となる。
   もっとも基本的な手術方法としては、壊死した骨の部分に穴を開ける中心部減圧術がある。 この手術は、まだ、初期の段階で、骨の変形があまり進行していない場合であればかなりの効果を期待することができる。

   その他にも股関節の無血管性骨壊死は病変のない骨組織と血管を体の別の部分からとってきて股関節付近に移植する骨移植や50歳未満の人で骨が潰れる前に手術することで関節への重度の損傷に役立つ骨切り術といった手術法が考えられる。
   また、骨頭の無血管性骨壊死で関節の反対側に変形性関節症がある場合には、人工関節全置換術のみが効果的な治療法となる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド