心膜に起こりえる現象


  心膜とは、心臓を固定し、潤滑な拍動を保証する役割をするものである。 心膜は折り返して二重になっており、両者を合わせて心嚢 pericardial sac と呼び、心臓はこの中に包まれる。

  線維性の心膜は、強靱な線維性結合組織からなる。
  漿膜性心膜は、内板の漿膜性心膜は、心臓から出る大血管の基部を一部包んだ後に反転して袋状の構造を形成する。

  心膜は、胸部感染症による損傷から心臓を守っているが、実は心膜は生きていく上で不可欠なものではなく、たとえ心膜が除去されても、心機能には、ほとんど影響は現れない。
通常は2層の心膜の間には、膜が互いに滑りやすいような量の潤滑液が含まれており、2層の間隔は非常にわずかである。
しかし、いくつかの病気によって余分な体液がこの心膜腔と呼ばれるすき間に貯留すると、そのすき間は拡張する。
先天的に心膜がなかったり、弱い部分や穴などの欠損がみられたりするが、穴が空いている場合、その穴から心臓や大血管が突出し、そこにとどまるので危険である。
これをヘルニア形成と呼ぶ。
このような欠損は、短時間で死に至るおそれがあるため手術を行う場合がほとんどである。
手術を行って修復するが、修復が不可能な場合は心膜をすべて切除する。
心膜疾患の原因はほかに、感染症、外傷、広範囲の癌などがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド