心臓への血液還流障害


  血液還流障害とは、心臓を取り巻く心膜の炎症である。
急速に心タンポナーデ(穿通性、心臓外傷(心刺創、心銃創など)や鈍的心臓外傷(心破裂)、心挫傷など)により心嚢(しんのう)内に血液が溜まり、心臓が拡張期に十分拡張できなくなり、全身から心臓への血液還流が障害され、ショック状態から死に至る極めて重篤な病態))という状態が進行し、生命に危険が及ぶ場合があるので、迅速な診断が要求される。

   原因は様々だが、原因のわからない症例(特発性)もしばしばみられる。
ウイルス等の感染によることが多く、しばしば炎症は心膜にとどまらず、心筋炎(しんきんえん)を併発することもある。

  結核や肺がんなどの悪性腫瘍、全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、腎不全、外傷、白血病やエイズ等の自己免疫性疾患が原因の場合もある。
  胸痛を起こす狭心症や解離性大動脈瘤等と鑑別が必要だが、心膜炎の場合はあお向けで寝た時に呼吸や咳が強まり、座ると軽くなる傾向がある。

  発熱や呼吸困難が現れることがあり、心タンポナーデの状態になっていると、血圧低下や意識レベルの低下などのショック症状が現れる。

  聴診すると、心膜摩擦音を聴取できることがあり、心電図では広範な誘導でST部分の上昇がみられ、心嚢液が溜まっていると低電位を示すことがある。

  感冒様症状に続発する場合は、心筋炎の時と同様に、炎症所見が認められることがあり、且つ、心膜炎を引き起こす病気の一部、たとえば、白血病、エイズ、その他の感染症、リウマチ熱などを検出でき、血液中の尿素濃度の上昇によって腎不全が起こっていることもわかる。 悪性腫瘍の病歴や結核の既往等は原因を特定するうえで重要で、ツベルクリン反応も参考になる。
  心嚢液貯留の程度は心エコー検査で容易に判定できるが、心膜液貯留が少量あるいはほとんど認められない場合もあり、心エコーのみでは診断できない。

  心膜液を穿刺し、その性状や悪性細胞の有無などを検査することは原因診断に有用で、塗抹培養による細菌の同定なども行われる。
  アデノシンデアミナーゼ活性は、結核の補助的診断に極めて有用だ。

  治療は
・炎症に対する治療
・原因疾患に対する治療
・心タンポナーデに対する治療

の3つを行う。
  心タンポナーデを示す重症の場合は、治療および原因検索のため、心嚢液のドレナージが必要である。
  細胞診で悪性細胞が見つかった場合は、抗がん薬を心嚢内に投与し、心膜の癒着を図ることがある。
  結核が原因である場合は、抗結核薬を6カ月内服する。
  収縮性心膜炎への移行を予防するために、短期的にステロイド薬を併用する場合もあり予後は原因疾患により異なる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド