リビングウィルについて


   リビングウィルは、患者が生きている間は有効な為「リビングウィル」と呼ばれ、医療的処置に関する判断が、自分で下せなくなった場合の為に、自分の希望する医療ケアを表明した文書であり、医師への指示書とも呼ぶ。

   寿命を延ばす為の必要な医療手段のあらゆる限りを尽くして貰うこと、いわゆる延命治療を望む患者も居れば、医療機器に繋がれた不自由な状態になるのであれば、延命は必要ないと考える患者も居る。リビングウィルで希望表明するのはどちらでも構わず、また両者の考えを取り入れた治療を希望を表明することも可能である。
   積極的な治療(延命)を望むなら、「寿命を可能な限り延ばす意思を有し、自身の状態、回復の見込み、治療による負担、費用は不問である」旨の文書を示す。
   延命を拒否する場合は、「延命の意思は無い。友人や愛する人の認識が不可能になり、回復及び独立した生活を取り戻す見込みが失われた場合は、チューブでの栄養、水分補給を含む延命治療の実施、継続を拒否する」と文書に示す。

   中間的な治療が希望であれば「寿命を延ばす意思があり、延命治療を希望する。しかし昏睡状態・植物状態から回復不能と主治医が判断した場合は、人工栄養や輸液などの延命治療の実施、継続を拒否する」と文書化する。
  医療判断代理委任状はリビングウィルとは異なり、自分に代わり医療に関連する意思決定者として最善の治療判断を下す、代理人任命・指名の為の文書ある。この文書により指名された代理人は、文書を作成した本人が事故や病気で意思決定能力が失われた場合に、本人に代わり医師と治療の選択肢について話し合いを行い、決断を下す権限を持つことが認めらるのである。

   当然だが代理人の選択には細心の注意を要する。個人的な考え、宗教上の教義など、充分に話し合い、自分の意思が尊重されるべき人を代理とすべきである。また、第1の候補者が代理人としての役目や意思が無い場合の為に、後任者も指名も可能である。

   2人以上を指名し、連帯の代理人を務めて貰うことも可能だが、連帯とされた複数の代理人の意思統一を図る必要があり、単独指名より難しいのが実情である。患者の判断能力があれば、医療判断代理委任状はいつでも撤回、新規作成が可能である。

   多くの病院では、面会や症状の説明の優先的権利は家族に与えられる。内縁関係や未婚のカップル、同性のパートナーなど、法律的には無関係な人に、特別な資格や意思決定権を与えたいと望むなら、医療判断代理委任状は不可欠である。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド