脊髄腫瘍の基礎と主な症状、診断方法


   脊髄腫瘍は、腫瘍の中でも脊髄の中や脊髄のまわりにできるものである。 良性のこともあれば悪性のこともある。
   よく発症する脳腫瘍に比べれば、脊髄腫瘍になる可能性は少ない。
   続発性脊髄腫瘍のほうがなりやすく、体の他の部分で始まったものが転移して起こる悪性である。

   特に、前立腺、腎臓、肺、乳腺、甲状腺のものが椎骨に転移して起こりやすい。
   原発性脊髄腫瘍は、脊髄の中やまわりの細胞に腫瘍ができる。
   良性も悪性もどちらも起こる可能性があるだろう。
   脊髄の中やまわりの細胞にできる腫瘍には、上衣細胞腫、星状細胞腫、髄膜腫、神経線維腫、肉腫、神経鞘腫などがあげられる。
   これらはすべて、子供も大人も発生するリスクを免れない。
   それぞれの腫瘍は、発生場所はみな異なっている。
   腫瘍が脊髄と神経根を圧迫すると、脊髄腫瘍のいろいろな症状が出てくる。
   脊髄が圧迫された場合は、進行性麻痺や腰痛が起こるだろう。
   また、圧迫された位置より下にある部分の感覚が鈍くなり、男性器や膀胱、腸のコントロールが難しくなる。

   さらに、脊髄の血液の流れが滞って組織が壊死したり、腫れたり、水がたまったりすることもある。
   水がたまることで血液の流れがより滞って、ますますダメージを受ける部分が大きくなっていくこともある。
   脊髄神経根が圧迫された場合は、これまで支えていた筋肉がダメージを受ける。

   そして、しびれ、痛み、刺すような感覚、筋力低下が起こるだろう。
   脊髄の中にできる腫瘍によって痛みが起こることはないが、しびれ、刺すような感覚、筋力低下といった不快な症状がおこるはずだ。
   脊髄腫瘍による脊髄への悪影響を封じるには、早期発見と治療が必要だ。
   診断にあたっては、脊髄機能障害を引き起こす腫瘍以外の病気検査も行われる。
   腫瘍であることが確定すれば、脊髄と脊椎のすべてをチェックできるMRI検査、CT検査が行われる。

   原発性脊髄腫瘍の診断を正確に行うためには、手術が必要な生検もやむを得ない。
   その際には、MRI検査やCT検査の画像をもとにした穿刺針によるものも覚悟しなくてはいけないだろう。

   ただし、体の他の部分で始まったものが転移した腫瘍であれば、生検の必要はないだろう。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド