脳神経の障害にはどんな病気があるのか


   脳に出入する神経を「脳神経」という。前から順に第1脳神経から第12脳神経まで12対あり、延髄から前頭葉にかけて出入する神経である。

   脊髄神経と違って、感覚神経線維や運動神経線維だけで構成するものもあれば、両者が混合しているものもある。
   運動性の脳神経は、起始細胞が脳幹部にあるが、感覚性の脳神経は、起始細胞が脳の外にあり、神経細胞から求心線維が脳に入る。
   脳神経は円口類では8対、魚類・両生類では10対、12対あるのは爬虫類以上の動物である。
(1)嗅神経 嗅覚の神経。
(2)視神経 視覚の神経。
(3)動眼神経 眼球を動かす神経。
(4)滑車神経 眼筋の上斜筋にある運動神経。
(5)三叉神経 脳神経のなかでは一番太い神経で、感覚神経と運動神経。
(6)外転神経 眼窩に入る運動神経で、眼球は外側を向く。
(7)顔面神経 顔面の表情筋にある運動神経
(8)内耳神経 平衡感覚、聴覚を伝える神経。
(9)舌咽神経 知覚・運動・味覚を伝える神経。
(10)迷走神経 脳神経のうちではもっとも範囲が広い。のどの知覚・運動、頚胸腹部の臓器に作用する
(11)副神経 肩や首の筋肉を動かす神経。
(12)舌下神経 舌を動かす神経。
   以上の12対である。

   脳神経の障害には、
第Ⅱ脳神経 (視神経)::視覚異常が起きる。
第Ⅲ脳神経 (動眼神経)::対光反射、輻輳反射の消失や複視が起きる
第Ⅴ脳神経 (三叉神経)::顔面の知覚が消失、咬筋の麻痺が起きる。
第Ⅵ脳神経 (外転神経)::動眼神経と同調して眼球外転運動に障害が起きる。
第Ⅶ脳神経 (顔面神経)::顔面の表情や味覚に障害が起きる。
第VIII脳神経 (内耳神経)::平衡感覚の消失や聴覚に障害が起きる。
第Ⅸ脳神経 (舌咽神経);;味覚障害が起きる。
第Ⅹ脳神経 (迷走神経)::消化管の蠕動運動や嚥下困難、嘔吐反射障害が起きる。
第XII脳神経 (舌下神経)::迷走神経に同じく、嚥下反射、嘔吐反射障害が起きる。
などの障害がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド