核間性眼筋麻痺について


   核間性眼筋麻痺は、一眼または両眼の内転障害があるが、輻輳は保持され、病変側の眼球が外転した場合に水平性眼振がみられる。MLF(medial longitudinal fasciculus)症候群失調性眼振ともいう。

   発病は急激で復視が著しく、内側縦束(MLF)が外転神経核付近で障害を受けた場合に起きる。 理由は、水平性眼球運動の刺激は同側の外転神経核に至り外直筋を収縮させる。また反対側のMLFの中を上行し、反対側の動眼神経内直筋核に至り内直筋を収縮させるが、輻輳はMLFを介してはいないためである。
   原因は、日本では血管性病変が多いといわれ、外国では多発性硬化症が多いといわれている。 側方凝視、たとえば左方凝視のとき、右眼の内転が起こらず、交叉性複視を伴う。このような麻痺は、動眼神経障害による内直筋麻痺に対してみられるが、核間麻痺において、これと根本的に違うところは、両眼の輻湊に対しては、側方凝視に対して動かなかった眼球の内転が起こることである。

   眼球の内転が側方凝視には見られず、輻湊には正常に見られるのが核間性麻痺である。動眼神経麻痺と異なる点は、瞳孔の示す態度が正常である。
   核間性眼球運動麻痺は、一側の眼球に起きることがあるが、多くは両側性に見られる。この症状をきたす病変は、動眼神経核と外転神経核とを連絡する内側縦束にあるといわれ、上部脳橋から下部中脳の内束縦束の障害によって起きる。この場合、一側の内束縦束の障害によって同側の眼の内転に障害が起きる。

   核間性眼球運動麻痺の病因としては、この麻痺が両側性に起きるとき、多くは多発性硬化症によるものであるといわれる。この麻痺は長く存続するが、同時にまた可逆性で改善することもある。この他には、脳幹を障害する脳炎や後頭蓋窩腫瘍で起きる。脳橋部腫瘍や結核腫、小脳腫瘍及び膿瘍などに原因が見られることがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド