舌咽神経痛はどうしたら治るか


   舌咽神経は舌と咽頭に分布している神経で、舌の後端部の粘膜と咽頭部の粘膜に分布する知覚神経と、唾液や食物を飲み込む時の嚥下に必要な咽頭筋を支配する運動神経が混じって存在している。また、舌の後方の1/3の味覚を支配している。舌先の2/3は顔面神経支配で,さらに副交感神経の神経も含み、唾液の分泌も支配している。

   舌咽神経は延髄から出てきて、頚静脈孔という頭蓋骨の隙間から走行してて頭蓋骨の底に出ている。この神経は求心性神経と、副交感神経の線維からなり、頚静脈孔の前部で上神経節を作り,頚静脈孔を出て再び膨大して下神経節をつくる。その後しばらく垂直に内頚動脈と内頚静脈との間を走り、内頚動脈と頚突咽頭筋の間を下降して、その筋肉の外側を経由して前方に回って舌根に分布している。
   舌咽神経痛はものを噛んだり、飲み込んだりすると口の中、喉の奥、舌の付け根などに出てくる痛みである。症候性のものは持続する痛みがありるが、本態性の場合は、激痛発作が出てくる。

   原因は、
①血管で圧迫が原因で舌咽神経痛が起こる::突発性の舌咽神経痛は原因がはっきりとしていないことが多いようで、いちばん有力なことは血管による神経の圧迫ではないかという説である。これは検査においても処置においても病院治療になるので、まずはメディカルチェックが必要である。
②腫瘍が原因の舌咽神経痛::腫瘍が見つかる可能性がある。腫瘍が見つかった場合は、腫瘍を治療しなければならない。
   治療方法は、通常は薬物療法が先にとられているようであるが、原因が血管による神経圧迫である場合は手術が行われる事もある。頭蓋骨の関節の隙間から出てくる神経がこの隙間で圧迫されることがある。頚静脈孔と呼ばれるこの隙間は、関節になっており、ずれる事がある。かみ合わせや、外傷など、その他にも僅かなズレは誰にでも起こりえる。

   これが原因で神経痛を出している場合は、頭蓋骨の治療をしてあげるとウソのように痛みは消える。しかし痛みが再現する場合は、かみ合わせや、他の要因が考えられる。頭蓋骨の調整は、舌咽神経痛の苦しみから最大限解放される1つの手段となる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド